スティーヴ・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スティーヴ・マーティン
Steve Martin
Steve Martin
2011年撮影
生年月日 (1945-08-14) 1945年8月14日(77歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ウェーコ
ジャンル 俳優
コメディアン
脚本家
小説家
ミュージシャン
プロデューサー
活動期間 1969年 -
配偶者 ヴィクトリア・テナント
(1986年 - 1994年)
アン・ストリングフィールド
(2007年 - )
主な作品
天国から落ちた男
ペニーズ・フロム・ヘブン
2つの頭脳を持つ男
オール・オブ・ミー/突然半身が女に!
サボテン・ブラザース
リトル・ショップ・オブ・ホラーズ
愛しのロクサーヌ
大災難P.T.A.
ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ
バックマン家の人々
マイ・ブルー・ヘブン
花嫁のパパ』シリーズ
わが街
奇跡を呼ぶ男
ミックス・ナッツ/イブに逢えたら
スパニッシュ・プリズナー
ビッグムービー
12人のパパ』シリーズ
ピンクパンサー』シリーズ
恋するベーカリー
受賞
エミー賞1969年
グラミー賞 (ベスト・コメディレコード賞)
 
受賞
アカデミー賞
名誉賞
2013年
全米映画批評家協会賞
主演男優賞
1984年オール・オブ・ミー/突然半身が女に!
1987年愛しのロクサーヌ
ニューヨーク映画批評家協会賞
主演男優賞
1984年『オール・オブ・ミー/突然半身が女に!』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
主演男優賞
1987年『愛しのロクサーヌ』
AFI賞
生涯功労賞
2015年
エミー賞
脚本賞(コメディ/バラエティ/音楽部門)
1969年『The Smothers Brothers Comedy Hour』
グラミー賞
最優秀コメディ・アルバム賞
1977年Let's Get Small
1978年A Wild and Crazy Guy
その他の賞
テンプレートを表示

スティーヴ・マーティン(Steve Martin, 1945年8月14日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ウェーコ出身のコメディアン俳優脚本家ミュージシャン。『サタデー・ナイト・ライブ』出身[1]イングランドスコットランドアイルランドの血筋を引く。

来歴[編集]

幼少期にディズニー・ランドの近くへ引っ越し、ランド内のショーを見るうちにショービジネスの世界に憧れるようになる。大学では哲学を専攻していたが、中退してUCLAで脚本の勉強をしながら、ナイトクラブなどに出演し始める。

1969年にTVの脚本でエミー賞を、1977年1978年グラミー賞のコメディ・レコード賞を受賞したほか、1977年のアカデミー賞において『ぼんやりウェイター』(The Absent-Minded Waiter)でアカデミー短編賞にノミネートされている。 やがて『サタデー・ナイト・ライブ』に、たびたびゲスト出演するようになり人気が急上昇。ジェリー・ルイス英国のテレビ番組などの影響を多く受けている。

なんとも表現しがたい「無邪気な笑顔」で独特のリズムの摩訶不思議な身体の動きをし、また途方もない馬鹿げた内容を、やはりニコニコしながらしゃべる。しかし、けっして下品ではなく、非常に知的で洗練された芸である。『サタデー・ナイト・ライブ』で演じた、「エジプト人のダンス」や、ダン・エイクロイドと組んだ「チェコ出身の兄弟」などは、その典型。

出演映画では、初期のカール・ライナー監督作の4作品や、西部劇スターが本物の英雄に間違われて、強盗に襲われるメキシコの村を救う『サボテン・ブラザース』はカルト作となっている。

コメディ畑であるため、映画においてもコミカルな役柄や演技が多いが、『スパニッシュ・プリズナー』『ノボケイン/局部麻酔の罠』『わが街』などでは、シリアスな役柄での演技も披露している。2001年第73回)・2003年第75回)・2010年第82回)開催のアカデミー賞授賞式では司会も務め[2]2013年の第5回ガバナーズ賞ではアカデミー名誉賞第86回)が授与された[3]

人物[編集]

パブロ・ピカソデヴィッド・ホックニーロイ・リキテンスタインなど様々なアートをコレクションしていることでも有名[4][5]。2006年にはエドワード・ホッパーHotel Window (1955)を$26.8 millionで落札した[6]。関連して、原作・演出・主演を務める戯曲『ラパン・アジールに来たピカソ』(ピカソとアインシュタインが偶然出会うという物語)がある。

近年ではバンジョープレイヤーとしてバンド活動にも熱心である[7]。バンジョーの名手、アール・スクラッグスと交流があり、『アール・スクラッグス・アンド・ヒズ・フレンズ』というバンドでも活躍していたほか、Steve Martin & The Steep Canyon Rangers(スティーヴ・マーティン・アンド・ザ・スティープ・キャニオン・レンジャース)として活動している。

1986年に女優のヴィクトリア・テナントと結婚し1994年に離婚。2007年にライターのアン・ストリングフィールドと再婚した[8]。2012年12月に、実に67歳にして第1子が誕生した[9]

その他[編集]

ストリートダンスの基本ステップに、彼の独特な動きをもとに作られた、“スティーブマーティン”という名のステップがある。このステップ名は世界共通であり、JDSA(日本ストリートダンス協会)におけるストリートダンス検定(5級)にも登場する[10]

1996年に行われたゆうばり国際ファンタスティック映画祭に、『花嫁のパパ2』封切りのプロモーションを兼ねて、マーティン・ショートと共にゲストとして来日した。ステージ挨拶では、ショートと以前共演した『サボテン・ブラザース』の劇中歌を披露した。なお、同年の映画祭には小林旭桃井かおりチャウ・シンチーらが顔を揃えていた。

2014年8月に盟友のロビン・ウィリアムズが逝去した際には、「ただ呆然としている。人間味あふれ、才能豊かで、純真な心を持つパートナーだった」とツイートした[11]。2018年に公開されたドキュメンタリー『ロビン・ウィリアムズ 笑顔の裏側』(ROBIN WILLIAMS: COME INSIDE MY MIND)では、「ロビンは舞台上では、実に心地良さそうだった。でも、ひとたび舞台を降りると、心を落ち着かせようとしているように僕には見えたよ」と振り返った[12]

2021年1月17日に、新型コロナウィルスのワクチンを接種。「良いニュースと悪いニュースがある。良いニュースはワクチン接種を受けたこと。悪いニュースは、僕が75歳だから接種したこと。ニューヨークの会場運営はシルクのようにスムーズだったよ。アメリカ陸軍と国家警備隊が完璧に切り盛りしていた。皆ありがとう。サイエンスよ、ありがとう」とツイートした[13]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1979 マペットの夢みるハリウッド
The Muppet Movie
カフェのウェイター 日本劇場未公開 肝付兼太(LD版)
落合弘治(Disney+版)
天国から落ちた男
The Jerk
ネヴィン・R・ジョンソン 兼脚本
カール・ライナー監督
1981 ペニーズ・フロム・ヘブン
Pennies from Heaven
アーサー 日本劇場未公開
1982 スティーブ・マーティンの四つ数えろ
Dead Men Don't Wear Plaid
リグビー カール・ライナー監督
日本劇場未公開
1983 2つの頭脳を持つ男
The Man with Two Brains
マイケル・ハフハール 兼脚本
カール・ライナー監督
日本劇場未公開
1984 スティーブ・マーティンのロンリー・ガイ
The Lonely Guy
ラリー 日本劇場未公開 堀秀行
オール・オブ・ミー/突然半身が女に!
All of Me
ロジャー・コブ カール・ライナー監督
日本劇場未公開
1985 映画の作り方教えます
Movers & Shakers
Fabio Longio カメオ出演
日本劇場未公開
1986 サボテン・ブラザース
¡Three Amigos!
ラッキー・デイ 兼脚本・製作総指揮 羽佐間道夫(ソフト版)
田中信夫(テレビ東京版)
リトルショップ・オブ・ホラーズ
Little Shop of Horrors
オリン・スクリベロ 玄田哲章
1987 愛しのロクサーヌ
Roxanne
C・D 兼脚本・製作総指揮 石田太郎(TBS版)
大災難P.T.A.
Planes, Trains & Automobiles
ニール・ペイジ 大竹まこと
1988 ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ
Dirty Rotten Scoundrels
フレディ・ベンソン 安原義人(テレビ東京版)
1989 バックマン家の人々
Parenthood
ギル・バックマン 羽佐間道夫(VHS版、テレビ東京版)
1990 マイ・ブルー・ヘブン
My Blue Heaven
ヴィニー・アントネリ 富山敬
1991 L.A.ストーリー/恋が降る街
L.A. Story
ハリス・テレマッカー 兼脚本・製作総指揮
花嫁のパパ
Father of the Bride
ジョージ・バンクス
わが街
Grand Canyon
デイヴィス 羽佐間道夫
1992 ハウスシッター/結婚願望
Housesitter
ニュートン・デイヴィス
奇跡を呼ぶ男
Leap of Faith
ジョナス・ナイチンゲール 日本劇場未公開 石塚運昇
1993 運命の瞬間/そしてエイズは蔓延した
And the Band Played On
ブラザー テレビ映画 小島敏彦
1994 パパとマチルダ
A Simple Twist of Fate
マイケル・マッキャン 兼脚本・製作総指揮
日本劇場未公開
富山敬
ミックス・ナッツ/イブに逢えたら
Mixed Nutts
フィリップ 日本劇場未公開
1995 花嫁のパパ2
Father of the Bride Part II
ジョージ・バンクス 羽佐間道夫
1996 スティーブ・マーティンのSGT.ビルコ/史上最狂のギャンブル大作戦
Sgt. Bilko
アーネスト・G・ビルコ 日本劇場未公開 安原義人
1997 スパニッシュ・プリズナー
The Spanish Prisoner
ジミー・デル 菅生隆之
1998 プリンス・オブ・エジプト
The Prince of Egypt
ホテプ 声の出演 富田伊知郎
1999 アウト・オブ・タウナーズ
The Out-of-Towners
ヘンリー・クラーク 羽佐間道夫
ビッグムービー
Bowfinger
ロバート・K・ボーフィンガー 兼脚本
日本劇場未公開
菅生隆之
2001 ノボケイン/局部麻酔の罠
Novocaine
フランク・サングスター 稲垣隆史
2003 女神が家にやってきた
Bringing Down the House
ピーター・サンダーソン 安原義人
ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション
Looney Tunes: Back in Action
ミスター・ルーサー・チェアマン 中村秀利
12人のパパ
Cheaper by the Dozen
トム・ベーカー 日本劇場未公開 屋良有作
2005 Shopgirl/恋の商品価値
Shopgirl
レイ・パーカー 兼脚本・原作・製作
日本劇場未公開
12人のパパ2
Cheaper by the Dozen 2
トム・ベーカー 日本劇場未公開
2006 ピンクパンサー
The Pink Panther
クルーゾー警部 兼脚本 羽佐間道夫
2008 ベイビーママ
Baby Mama
バリー 日本劇場未公開 稲垣隆史
2009 ピンクパンサー2
The Pink Panther 2
クルーゾー警部 兼脚本 羽佐間道夫
恋するベーカリー
It's Complicated
アダム 銀河万丈
2011 ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
The Big Year
ステュ・プライスラー 土師孝也
2015 ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険
Home
スメック船長 声の出演
日本劇場未公開
楠見尚己
クーパー家の晩餐会
Love the Coopers
ラグス 声の出演
2016 ビリー・リンの永遠の一日
Billy Lynn's Long Halftime Walk
ノーム 安原義人

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1998 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
レイ・パターソン 声の出演
第9シーズン第22話「スプリングフィールドのゴミ戦争」
2008 30 ROCK/サーティー・ロック
30 Rock
ギャビン・ヴァルー 第3シーズン第4話「伝説のビジネスマン」
2016 Maya & Marty 本人役 計3話出演 N/A
2018 スティーヴ&マーティンの一生忘れちゃう夜
Steve Martin & Martin Short: An Evening You Will Forget For the Rest of Your Life
本人 Netflix スタンドアップコメディ
2021- マーダーズ・イン・ビルディング
Only Murders in the Building
チャールズ=ヘイデン・サベージ 兼企画・脚本・製作総指揮 羽佐間道夫

脚注[編集]

  1. ^ ただし、レギュラーメンバーだったことはなく、「非常によく出演するゲスト」であった。
  2. ^ text: Yuki Tominaga (2009年11月5日). “来年3月のオスカー授賞式司会者は、ベテラン俳優の意外なコンビに ─ 来年3月7日にロサンゼルスのコダック・シアターで開催される第82回アカデミー賞授賞式の司会を、スティーヴ・マーティンとアレック・ボールドウィンがコンビで務めることが決定した。”. シネマカフェ. 株式会社イード. 2021年12月5日閲覧。
  3. ^ アンジェリーナ・ジョリー、アカデミー賞"ジーン・ハーショルト友愛賞"受賞(BANG Media International)”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ (2013年9月6日). 2021年12月4日閲覧。
  4. ^ “スティーヴ・マーティン、アメリカ美術を賞賛”. シネマトゥデイ. (2005年2月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0006051 2021年8月26日閲覧。 
  5. ^ Snedeker, Lisa (2001年6月10日). “Las Vegas Casinos Gamble on Art as a Crowd Pleaser” (英語). ロサンゼルス・タイムズ. AP通信. https://www.latimes.com/archives/la-xpm-2001-jun-10-me-8586-story.html 2021年8月26日閲覧。 
  6. ^ Pollock, Lindsay (2006年11月29日). “Steve Martin Hopper, Wistful Rockwell Break Auction Records” (英語). Bloomberg. オリジナルの2015年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150930020943/http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aRepCiBBQn7Q&refer=muse 2021年8月26日閲覧。 
  7. ^ “Steve Martin and the Steep Canyon Rangers: NPR Music Tiny Desk Concert”. Youtube. (2017年10月2日). https://www.youtube.com/watch?v=ZyHipL45pwM 2019年7月29日閲覧。 
  8. ^ “スティーヴ・マーティン、恋人とサプライズ結婚”. シネマトゥデイ. (2007年8月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0011111 2021年8月26日閲覧。 
  9. ^ “スティーブ・マーティン、67歳で初めてのパパに!”. 映画.com. (2013年2月15日). https://eiga.com/news/20130215/5/ 2021年8月26日閲覧。 
  10. ^ JSDA公認 カリキュラム一覧”. ストリートダンス検定. 日本ストリートダンス協会. 2021年8月26日閲覧。
  11. ^ “ロビン・ウィリアムズさん訃報、米大統領も追悼談話”. CNN. (2014年8月12日). https://www.cnn.co.jp/showbiz/35052233.html 2021年8月26日閲覧。 
  12. ^ “故ロビン・ウィリアムズの心の葛藤を描くドキュメンタリー作品の予告編が公開、コメディアン仲間のスティーヴ・マーティンも登場”. AOLニュース. (2018年6月9日). https://ch.nicovideo.jp/fabloid/blomaga/ar1566975 2021年8月26日閲覧。 
  13. ^ “ハリソン・フォード78歳、2時間並んで新型コロナウイルスのワクチンを接種。”. VOGUE JAPAN. Bang showbiz. (2021年1月28日). https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/harrison-ford-waited-over-two-hours-receive-first-dose-covid-19-vaccine 2021年8月26日閲覧。 

外部リンク[編集]