裏窓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
裏窓
Rear Window
Rear Window film poster.png
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 ジョン・マイケル・ヘイズ英語版
原作 コーネル・ウールリッチ
製作 アルフレッド・ヒッチコック
出演者 ジェームズ・ステュアート
グレース・ケリー
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ロバート・バークス英語版
編集 ジョージ・タマシーニ英語版
製作会社 Patron Inc.
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年8月1日
日本の旗 1955年1月14日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,000,000
配給収入 世界の旗 $37,034,514[1]
日本の旗 1億4219万円[2]
テンプレートを表示

裏窓』(うらまど、Rear Window)は、1954年アメリカ合衆国サスペンス映画。監督はアルフレッド・ヒッチコック、出演はジェームズ・ステュアートグレース・ケリーなど。コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)による同名の短編小説(原題は『It Had to Be Murder』)を原作とし、事故で車椅子生活を送る男がアパートの部屋の裏窓から目撃した事件の顛末を描いている。現在、パブリックドメインとなっている。AFIが選出した「アメリカ映画ベスト100」では42位にランクインした。

ストーリー[編集]

カメラマンのジェフ(ジェームズ・スチュワート)は事故で足を骨折し、マンハッタンのグリニッジヴィレッジのアパートで車椅子生活を余儀なくされている。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って中庭の向こうに見える他のアパートの住人達の人間模様を観察することであった。

ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年男(レイモンド・バー)の妻が突如として姿を消す。男の怪しい挙動を観察していたジェフは殺人事件と確信するが、友人のドイル刑事には取り合ってもらえず、恋人のリザ(グレース・ケリー)、通いの看護師のステラ(セルマ・リッター)と共に調査に当たる。

外出することのできないジェフに代わってリザが証拠を探ろうと動くが、彼女は無謀にも男の部屋に侵入し、それがもとで男はジェフが自分の犯行を知っていることを悟ってしまう。

ジェフを殺そうと男が部屋にやってくるがすんでのところで逮捕され、ジェフとリザには平和な日々が戻ってきたのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日 BD 機内上映版
L・B・ジェフリーズ ジェームズ・スチュアート 小川真司
リザ・フレモント グレース・ケリー 武藤礼子 日野由利加 鈴木弘子[3]
トーマス・J・ドイル刑事 ウェンデル・コーリイ英語版 横内正 野島昭生
ステラ セルマ・リッター 初井言榮 谷育子
ラーズ・ソーワルド レイモンド・バー 富田耕生 大川透
ロンリーハート夫人 ジュディス・イヴリン英語版 翠準子
ソングライター ロス・バグダサリアン英語版 玄田哲章
ミス・トルソ ジョージン・ダーシー英語版 土井美加
犬を飼う夫人 サラ・ベルナー英語版 佳川紘子
犬を飼う夫人の夫 フランク・キャディ英語版
ヒアリングエイド夫人 ジェスリン・ファックス英語版 京田尚子
新婚夫婦 ランド・ハーパー 大塚芳忠
ハヴィス・ダヴェンポート 榊原良子
ソーワルド夫人 アイリーン・ウィンストン 前田敏子 最所美咲
カール ラルフ・スマイリー 秋元羊介
ガニソン編集長 ギグ・ヤング[4] 池田勝
不明
その他
N/A 緒方賢一
高瀬淑子
島香裕
真矢野靖人
及川ナオキ
宮沢きよこ
板取政明
西村太佑
御沓優子
演出 山田悦司 市来満
翻訳 額田やえ子 植田尚子
録音
調整
東上別府精
飯塚秀保
小出善司
青木臨
効果 PAG
プロデューサー 猪谷敬二
制作 グロービジョン 映画公論社
初回放送
発売日
1986年10月19日
日曜洋画劇場
21:02-23:09
2012年11月2日

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ヒッチコックはこの傑作でサスペンスの才能を存分に発揮した。」であり、76件の評論のうち高評価は99%にあたる75件で、平均点は10点満点中9.2点となっている[5]Metacriticによれば、18件の評論の全てが高評価で平均点は100点満点となっている[6]

受賞歴[編集]

部門 対象者 結果
第27回アカデミー賞 監督賞 アルフレッド・ヒッチコック ノミネート
脚色賞 ジョン・マイケル・ヘイズ英語版
撮影賞(カラー部門) ロバート・バークス英語版
録音賞 ローレン・L・ライダー
第20回ニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞 グレース・ケリー 受賞※

※『喝采』『ダイヤルMを廻せ!』の演技と合わせての受賞。

メモ[編集]

ジェームズ・ステュアート、グレース・ケリー
  • 劇中、ほぼ全編にわたってカメラはジェフの部屋から出ない[注 1]。舞台劇のように場所を限定したサスペンス映画は、『救命艇』や『ロープ』でもヒッチコックが挑戦したテーマである。必ずしも成功したとはいえなかった前2作での反省を踏まえ、全編にわたって緊張感の持続する上質なサスペンスに仕上がっている。
  • 主人公ジェフが窓から落下する場面はスタントマンを使わずスチュアート本人が演じているが、本当に落下した訳ではなく、ブルーマスク合成を利用した特殊撮影である。この撮影法は後年の『めまい』でも使われた。
  • 本作は主人公とその部屋の窓から見えるアパートの住人たちの生活風景を全員が一斉に演じ、一連の流れの中での撮影が要求されたため、実在のアパートを借りてロケーションするのではなく「全編スタジオセット撮影」という方法が採用された。したがって窓の外にひろがる隣近所のアパート群との距離、見える角度、車道を通過する自動車の種類、台数、タイミングなど、全てが完璧に計算されたものとなっており、ヒッチコック作品の中でも特に作り込みの細かい作品である。
  • 作中ではジェフが住むアパートの住所はニューヨーク市グリニッジヴィレッジの西9丁目125番地とされているが、西9丁目に125番地は存在しない。上述の通りスタジオに再現された中庭は、クリストファー通り125番地他の裏に広がる中庭(クリストファー通り、ハドソン通り、西10丁目に囲まれている)をベースにしたもので、実際の中庭の景観は今も殆ど変わっていない。
  • ヒッチコックの他の作品と同様のパターンが随所に見て取れる。
    • ブロンドの活動的なヒロイン
    • 体制側の無理解(この作品でも刑事はラストシーンまで殆ど手助けをしてくれない)
    • コメディ・リリーフとなる老婦人(ここではリッター演じるステラ)
    • 最後のアクションの前にマクガフィン(ここでは女性が消えた理由)を明らかにしてアクションに観客を集中させる構成 …など
  • アイリッシュによれば、著作権料として支払われたのはわずかに600ドルだったとのこと。ただしアイリッシュはその額よりも、ヒッチコックが自分の住所を知っているはずなのに映画の招待券を送ってこなかったと不満を漏らしている。
  • 主人公が身に付けている腕時計はTISSOTである。

ヒッチコックの出演シーン[編集]

  • 隣のアパート最上階の作曲家の部屋に登場。ピアノの横で時計のネジを巻いている。

リメイク[編集]

裏窓
Rear Window
ジャンル 犯罪
サスペンス
原作 コーネル・ウールリッチ
脚本 ラリー・グロス英語版
エリック・オーヴァーマイヤー英語版
監督 ジェフ・ブレックナー英語版
出演者 クリストファー・リーヴ
ダリル・ハンナ
音楽 デヴィッド・シャイア
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
各話の長さ 89分
製作
製作総指揮 スティーヴン・ハフト
デヴィッド・V・ピッカー英語版
ロバート・ハルミ英語版
クリストファー・リーヴ
撮影監督 ケン・ケルシュ
編集 ジェフリー・ローランド
製作 カンブリア・プロダクションズ英語版
ハフト・エンターテインメント
ホールマーク・エンターテインメント英語版
放送
放送チャンネルアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ABC
放送期間1998年11月22日
テンプレートを表示

裏窓』(うらまど、Rear Window)は、1998年に放送されたアメリカ合衆国テレビ映画コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)短編小説を原作とした1954年アメリカ映画『裏窓』のリメイク作品である。

概要[編集]

1995年の落馬事故によって半身不随となったクリストファー・リーヴの俳優復帰作である。アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『裏窓』の主人公が足を骨折したカメラマンであるのに対し、リーヴ演じる本作の主人公は事故によって四肢麻痺となった建築家と設定されている。主人公がリハビリテーションに取り組む場面はリーヴの実体験に基づいている。

撮影はニューヨーク州ホワイト・プレインズのバーク・リハビリテーション・センターや、ニューヨーク州ヨンカーズにあるオーチス・エレベータ・カンパニー社の倉庫などで行われた。

キャスト[編集]

評価[編集]

エンターテインメント・ウィークリーのケン・タッカーは、「ジェイソンの酸素供給チューブが切断される場面では、リーヴが実人生で悲劇に見舞われているという背景によって真の恐怖がもたらされた。リーヴの演技は緩慢でぎこちないとはいえ、本作の問題点はリーヴの演技にあるのではない。エリック・オーヴァーマイヤー英語版ラリー・グロス英語版が台本を担当するテレビドラマにはしばしば混乱させられる。本作の制作陣は、オリジナル版でセルマ・リッターが演じたような精力的でクセのある脇役を用意すべきだったろう」と批評した[7]

受賞歴[編集]

部門 対象者 結果
ゴールデングローブ賞 男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) クリストファー・リーヴ ノミネート
プライムタイム・エミー賞 音楽賞(作曲賞リミテッドシリーズ/テレビ映画/スペシャル部門) デヴィッド・シャイア ノミネート
全米映画俳優組合賞 男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) クリストファー・リーヴ 受賞
エドガー賞 テレビ映画・ミニシリーズ部門 ラリー・グロス英語版 ノミネート
エリック・オーヴァーマイヤー英語版 ノミネート
コーネル・ウールリッチ ノミネート

舞台[編集]

2015年10月22日から、アメリカコネチカット州のハートフォード・ステージにて、舞台化作品が上演された。キース・レディンが脚色を担当。主演のケビン・ベーコンはスチュワートの演じた役を務める[8]

相手役はメリンダ・ペイジ・ハミルトンが務める。役名はグロリアに変更され、映画版でグレース・ケリーが演じたリザ役にあたる[9]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 終盤、ジェフが窓から落下したあとに短時間のみ屋外でのシーンがある。

出典[編集]

  1. ^ Rear Window” (英語). Box Office Mojo. 2021年2月3日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)121頁。
  3. ^ 鈴木 弘子 -主な出演作品-”. 賢プロダクション. 2022年6月28日閲覧。
  4. ^ クレジットなし
  5. ^ Rear Window (1954)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年2月3日閲覧。
  6. ^ Rear Window Reviews” (英語). Metacritic. 2021年2月3日閲覧。
  7. ^ Tucker, Ken (1998年11月20日). “Rear Window Review | TV Reviews and News” (英語). Entertainment Weekly. オリジナルの2012年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120614054841/http://www.ew.com/ew/article/0,,285796,00.html 2021年2月3日閲覧。 
  8. ^ “ヒッチコック監督「裏窓」が舞台化!主演はケビン・ベーコン”. 映画.com. (2015年8月28日). https://eiga.com/news/20150827/9/ 2015年8月28日閲覧。 
  9. ^ “ケヴィン・ベーコン主演の舞台版「裏窓」ヒロイン決定”. シネマトゥデイ. (2015年10月5日). https://www.cinematoday.jp/page/N0076917 2015年10月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]