勧進帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本橋人形町にある弁慶像

勧進帳(かんじんちょう)は、如意の渡しでの出来事を基軸にしたの演目『安宅』を元に創られた歌舞伎の演目。歌舞伎十八番の一つで、松羽目物の先駆けとなった作品である。

概要[編集]

原形は初代市川團十郎元禄15年(1702年)2月初演の『星合十二段』に取り入れたのが最初。これを五代目市川海老蔵(七代目團十郎)が能の様式を取り入れ、天保11年(1840年)3月に江戸河原崎座で初演された。配役は海老蔵の弁慶八代目市川團十郎義経、二代目市川九蔵(後の六代目團蔵)の富樫左衛門。作詞は三代目並木五瓶、作曲は四代目杵屋六三郎だった。ただ、この上演では富樫の番卒が時代物の軍兵姿であり、弁慶の水衣も棒縞であるなど(公開されている錦絵「源義経と武蔵坊弁慶と富樫左衛門」を参照)、今日の舞台とはいろいろな違いがあった。今日見られる型は明治時代、九代目市川團十郎により完成されたもので、これ以降、番卒は狂言風の衣装に、弁慶の水衣も黒地に金糸の梵字をあしらったものへと改められた。[1]

かつては市川宗家(團十郎家)のお家芸として、他家の役者が勝手に上演できなかった。しかし、九代目團十郎の没後、宗家に有力な後継者がいなかった事情もあって、他の役者が弁慶を演じるようになっていく。以後『勧進帳』は、弁慶・義経・富樫の三役を歴代の看板役者が生涯に一度は演じるという、歌舞伎の代表作の一つとなった。特に昭和初期の七代目松本幸四郎の弁慶・六代目尾上菊五郎の義経・十五代目市村羽左衛門の富樫は近来の白眉とされ、1943年(昭和18年)歌舞伎座で上演された舞台は映画にも記録された。

あらすじ[編集]

源義経と武蔵坊弁慶と富樫左衛門

源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸を通って奥州へ逃げる際の加賀国の、安宅の関石川県小松市)での物語。

義経一行は武蔵坊弁慶を先頭に山伏の姿で通り抜けようとする。 辿り着いた関で、弁慶は焼失した東大寺再建のための勧進を行っていると言う。しかし、関守の富樫左衛門の元には既に義経一行が山伏姿であるという情報が届いており、山伏は通行罷りならぬと厳命する。これに憤慨した弁慶は仲間と富樫調伏の呪文を唱え、疑いを晴らそうとする(ノット)。

感心した富樫は先の弁慶の言葉を思い出し、勧進帳を読んでみるよう命じる。弁慶はたまたま持っていた巻物を勧進帳であるかのように装い、朗々と読み上げる(勧進帳読上げ)。 なおも疑う富樫は山伏の心得や秘密の呪文について問い質(ただ)すが、弁慶は淀みなく答える(山伏問答)。

富樫は通行を許すが、部下の一人が強力(ごうりき、義経)に疑いをかけた。弁慶は主君の義経を金剛杖で叩き、その疑いを晴らす(初期の演出では、富樫は見事に欺かれた凡庸な男として描かれていたという。後になり、弁慶の嘘を見破りながらその心情を思い騙された振りをする好漢、として演じられるようになった。)。

危機を脱出した義経は弁慶の機転を褒めるが、弁慶はいかに主君の命を助けるためとは言え無礼を働いたことを涙ながらに詫びる。それに対して義経は優しく弁慶の手を取り、共に平家を追った戦の物語に思いを馳せる。そこへ富樫が現れ、先の非礼を詫びて酒を勧める。それに応じて、弁慶は酒を飲み、舞を披露する(延年の舞)。舞いながら義経らを逃がした弁慶は、笈を背負って富樫に目礼。主君の後を急ぎ追いかける(飛び六方)。

みどころ[編集]

「飛び六方」
二代目市川猿之助(後の初代猿翁)の弁慶

二部構成で、前半部は義経主従を救う弁慶とそれを訝しむ富樫との台詞劇で、主に俳優の力ある台詞回しや腹芸となる。後半部は危機を脱した後、義経と弁慶との絆を見せる情感あふれる場面と屋島の合戦を追想する勇壮な舞、そして酒を飲む弁慶と番卒のユーモラスな絡み合いを経て延年の舞、幕外の飛び六方で華やかに終わる舞踊劇となる。

「読み上げ」と「山伏問答」における雄弁術。義経の正体が見破られそうになる戦慄感。弁慶の姿に心を打たれて通過を許す富樫の情。義経と弁慶主従の絆の深さの感動。「延年の舞」の巧緻さと「飛び六方」の豪快さ。『勧進帳』は見どころが多く、観客を飽きさせない。それが常に最も人気が高い(=上演回数が多い)演目の一つとなっている所以である。その上演頻度の高さから安宅の関をもじって「またかの関」、あるいは必ず観客が入るため効き目ある薬湯に因み「独参湯」とも呼ばれている(なお、歌舞伎では元来『仮名手本忠臣蔵』を指して「独参湯」と呼んでおり、現在でもそのように呼ばれることも併記しておく)。

音楽的にも優れ、長唄の代表的作品で単独でも演奏される。特に義経が弁慶に謝意を示す「判官御手を取り給い」の件は全編中の聴きどころで、「唄うのでなく語るイキで」との口伝が伝わる。巨大な松の木をあしらった背景を前に、舞台正面の雛壇に長唄と囃方が揃いの裃で並ぶのは壮観で、錦上花を据えるの趣がある。この「長唄連中」に関してはアメリカ公演の際に(オーケストラがオペラミュージカルのように舞台下にあるという先入観から)「ミスター・トガシの大勢のボデイガードは楽器も演奏するのですか。」と間違われたことがある。

美しい見得が多数見られるのも、この作品の見どころである。登場順に「天地人の見得」、「不動の見得」、「元禄見得」、「石投げの見得」、そして幕切れ引っ込みの「飛び六方」に臨んでの見得(「打ち上げの見得」と呼ばれることもある)。いずれも弁慶がする見得だが、唯一「天地人の見得」は弁慶・義経・富樫の三役による見得である。

また、役者が見得をする時には普通ツケ打ちの効果音が入るが、五代目海老蔵は能を意識して初演の際にはツケを一切打たせなかった。この演出が定着して『勧進帳』では今日でもそれが受け継がれ、弁慶の戦さ語りで「須磨明石」の件において石を投げたような型で決まる「石投げの見得」、および「飛び六方」に臨んでの見得を例外として、その他の見得はツケなしでこれを行う(但し「天地人の見得」に関しては、富樫の気配に気付いた弁慶が一足踏む音が、ツケのような効果音ともなっている)。

名優の『勧進帳』、後代への継承[編集]

義経と知りつつ弁慶の胸中を察した富樫は、涙を隠す思い入れで目をつぶり顔を上げて、一旦退場する。この演出は、八代目市川團十郎が弁慶を勤めた際、富樫で舞台を共にした四代目市川小團次が編み出したと言われている。

明治期の九代目市川團十郎五代目尾上菊五郎初代市川左團次、いわゆる團菊左による『勧進帳』は、歴史に残る名演であった。はじめ、九代目團十郎の弁慶に対する富樫役は初代左團次が演じていた。左團次の朗々たる台詞回しとその骨太な芸風は、團十郎の写実的な演技と見事な調和を見せて評価が高く、当代随一の演目として1887年(明治20)年の天覧歌舞伎で四代目中村福助(後の五代目中村歌右衛門)の義経を加えて演じられたほどであった。左團次が明治座の経営に重点を置くようになってからは共演が減り、團十郎は代わりに五代目菊五郎を富樫役に選ぶ。これには賛否両論があったが、菊五郎は自信満々に「市川菊五郎の性根で演じて見せます。」と述べ、弁慶の心根を思いやる心理描写を強調した演出を行い、左團次の「勇の富樫」に対する「智の富樫」として評価を得た。この時、團十郎は「今度のような富樫に出会ったのは初めてで、本当に心地よく毎日舞台を勤めています。」と最大級の賛辞を送っている。

なお、左團次の富樫は長男の二代目市川左團次に受け継がれるが、二代目没後は途絶えてしまう。一方、菊五郎の富樫はその後、十五代目市村羽左衛門や後代の他の役者に受け継がれ、今日では富樫の一般的な型となっている。

弁慶の役は團十郎の没後、高弟の初代市川猿之助(後の二代目市川段四郎)と七代目松本幸四郎(師の没後当時は八代目市川高麗蔵)にいち早く受け継がれた。このうち、猿之助はもともと團十郎の弟子ながら、若い時に師に無断で弁慶を演じて破門されていた。後に許されて門下に復帰。兄弟子と言うこともありまず猿之助、次いで高麗蔵(幸四郎)が演ずることとなった。

猿之助と幸四郎の弁慶にはさまざまな違いがあった。例えば「詰め寄り」の場面では、猿之助は上体を前傾にして、金剛杖は右手を上に、左手を下にして持つ(和戦両様の意味がある)姿勢。対して幸四郎はやや反身になって、杖は両手共に下から持つ姿勢だった。「延年の舞」でも猿之助は歌舞伎味が、幸四郎は能の色合いが、より濃かった。

さらに幸四郎は「ノット」から富樫の再登場までの間は水衣の袖をたくし上げ、その前後では下げる演じ方を見せた。また、飛び六方で一歩踏み出した際に(富樫を気にかけて)舞台を振り向くのも幸四郎以来のものである。猿之助(および同時代の他の役者)は終始袖を上げた姿で、六方では振り向かない演技であった[2](水衣の袖に関しては、公開されている七代目幸四郎・二代目猿之助の画像も参照されたい)。

こうした違いはあれど、七代目幸四郎はその後も弁慶を演じ続け、上演回数は1946年(昭和21年)までに約1600回におよび、師・團十郎の後で第一の弁慶役者と称えられた。その演技の凄さは(辛口の劇評で知られた)岡鬼太郎をして、「幸四郎は柄で演じる。」、「風貌音声の堂々たる、先づ当代での随一。誰が何の件で立ち向はうと、此の金城鉄壁には矢も立たぬ。」などと絶賛され、記録映画に残されているが、作家の橋本治は映画を見て「これはまさしく格闘技だ。」と感じたという。

初代猿之助の弁慶は、長男の二代目市川猿之助(初代猿翁)に受け継がれる一方、四代目河原崎長十郎を通じ劇団前進座にも継承された。 一方の七代目幸四郎の弁慶は、その長男十一代目市川團十郎、次男八代目松本幸四郎(初代白鸚)、三男二代目尾上松緑の三兄弟に受け継がれ、さらに孫や多くの俳優に伝承され、今日では一般的な型となった。特に1965年(昭和40年)の七代目幸四郎二十七回忌公演(3月に歌舞伎座、4月に大阪新歌舞伎座)では、先の團十郎・幸四郎・松緑の三兄弟が日替わりで弁慶・富樫を演じ、大きな話題となった。

十五代目羽左衛門の富樫は明晰な口跡と颯爽たる容姿もあり、七代目幸四郎の弁慶とは「團菊以降最高の組み合わせ」と、好劇家の評価が高かった。戦後間もなく日比谷劇場で映画が公開されたが、羽左衛門が没した直後もあって多くの観客が詰めかけ、富樫が出ると「お久しぶり!」の声がかかった。

水衣の袖に関しては、弁慶のみならず義経にも違いがある。今日では袖の長い姿の義経が多く見受けられるが、これは六代目尾上菊五郎以来のものである。他方、例えば五代目歌右衛門は袖なしの姿であり、こちらは歌右衛門家の後裔、またその影響を受けた役者に受け継がれている。

歌舞伎十八番の代表的演目として、市川宗家は『勧進帳』には強いこだわりを持っている。先に上げたように、明治には初代猿之助が無断で弁慶を演じて破門されており、戦後にも1964年(昭和39年)1月の日生劇場武智鉄二演出による能楽形式で演じられた時は十一代目團十郎による抗議が起こった(この武智演出の舞台では八代目市川雷蔵が富樫を演じたが、これは映画転身後に雷蔵が出演した唯一の歌舞伎の舞台であった)。

1955年(昭和30年)、二代目市川猿之助(初代猿翁)が訪中して弁慶を演じた。花道を飛び六方で退場した後、客席は感動のあまり興奮して拍手が鳴りやまず、少女たちが花籠を提げて舞台に上がりカーテンコールを行った。その嬉しさに、猿之助は「もう一度飛び六方で退場したいと思った。」と述べている。

こうした数多くのエピソード、また名優たちの演技(型)が生まれ受け継がれていることも、この作品の人気の高さを物語っていると言えよう。

関連作品[編集]

『勧進帳』と同じ主題の脚本では、天明年間に初代桜田治助が書いた、大らかで古風な味わいのある『御摂勧進帳』(ごひいき かんじんちょう)と、大正年間に近代的解釈を施した『安宅の関』が有名。前者は弁慶が番卒の首を大きな樽に放り込んで芋洗いのように棒でかき回す幕切れから、俗に「芋洗い勧進帳」と呼ばれている。1968年(昭和43年)1月、国立劇場利倉幸一捕綴、二代目尾上松緑の弁慶で復活上演された。後者は舞踊が苦手だった七代目市川中車のために書き下ろされたものである。
大戦末期の1945(昭和20)年に製作された、黒澤明監督の映画『虎の尾を踏む男達』は『勧進帳』をミュージカル仕立てのパロデイとしたもので、大河内伝次郎の重厚な弁慶と榎本健一の軽妙洒脱な強力の組み合わせに加えて、歌舞伎を意識した演技が名高い。

文化的影響[編集]

弁慶が「読み上げ」で持ち合わせの巻物を朗々と読み上げる場面の連想から、あたかも原稿を読んでいるようで実は即興でものを言っているさまを、「勧進帳」という。 タモリ赤塚不二夫葬儀で8分にわたる弔辞を行ったが、この際手にしていたメモは白紙であり、「現代の勧進帳」とも言われた。[3]

『勧進帳』を原作とした作品[編集]

映画[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 渡辺保著『勧進帳 日本人論の原像』ちくま新書より
  2. ^ 河原崎長十郎著『歌舞伎入門』高文堂出版社より
  3. ^ タモリに聞いた 「赤塚弔辞」白紙のワケ”. 横澤彪のチャンネルGメン∞(むげんだい). J-CASTニュース (2008年8月19日). 2012年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]