松羽目物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松羽目物(まつばめもの)は、歌舞伎日本舞踊において狂言の曲目を原作とし、それらに近い様式で上演する所作事のことをいう。能取り物とも呼ばれる。

解説[編集]

松羽目とは能舞台の後部にある大きな松の画かれた羽目板すなわち鏡板のことで、歌舞伎の舞台正面にこの鏡板と、また左右に竹の絵を画いた羽目板を模した張り物(大きな木枠に布を張りそれに背景を描いた大道具)を置くことにより松羽目物と呼ばれる。能舞台と歌舞伎の舞台とでは造りが違うので、これらの大道具でもって能舞台を現わしている。そして多くは長唄出囃子によって能や狂言から内容を取った演目を、それらとほぼ同じ装束を着用して演じる。

江戸時代、歌舞伎の舞台において能狂言から内容を取った所作事を上演したことはあったが、たいていはそのまま演じるということはなかった。たとえば常磐津の舞踊『靱猿』は狂言の『靱猿』に拠っているが、大名は女に、また大名に付き従う太郎冠者は派手なとなり、舞台の背景も松羽目ではなく八幡社の社頭にするなど、内容をそのまま写すのではなく、ひとひねりもふたひねりも加えて脚色している。これは当時の能が徳川家をはじめとする武家の式楽とされ、江戸の一般庶民の目に触れることがほとんどなく、またごくたまに目にすることがあっても、唄三味線を用いて演じる歌舞伎の踊りに比べれば、能狂言の内容は堅苦しいものと受け取られていた。むしろそういった堅苦しさを和らげ、いかに換骨奪胎して洒落た趣向に持っていくかを眼目にしていたのである。『勧進帳』のように、内容を原作の能(『安宅』)に近づけて演じることのほうが江戸時代では珍しいことであった。現に『勧進帳』初演の時は、観客のほうがこの舞台に戸惑いほとんど評判にはならなかったという。ただし三番叟物を上演する場合には、つとめて能の形式に倣おうとしていたようである。

しかし明治以降、徳川幕府の滅亡により能楽が武家の式楽であるという縛りは無くなり、演劇改良運動の流れも手伝って、歌舞伎の興行で能狂言の曲目を長唄の所作事にし、能装束に松羽目で演じるものが多く上演されるようになる。江戸時代には原作である能から離れようとしたのを、明治になってからは近づけようとしたのだった。これらが現在いわれるところの松羽目物であり、現行の歌舞伎のレパートリーとして重要な位置を占めている。もっとも明治以後の松羽目物の中には必ずしも原作の能狂言の通りというわけでもなく、たとえば『素襖落』(すおうおとし)では太郎冠者が主人の叔父の所に行かされるが、叔父ではなくその娘の姫御寮とするなどの変更がある。また『茨木』は大道具も演者の衣装も松羽目物と見なすべき演目であるが、能にはこの『茨木』に基づく曲目は無く、歌舞伎独自のものである。

主な松羽目物の演目[編集]

参考文献[編集]

  • 渥美清太郎編 『日本戯曲全集第二十七巻歌舞伎篇第二十七輯 舞踊劇集』 春陽堂、1928年
  • 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館編 『演劇百科大事典』(第5巻) 平凡社、1986年
  • 『舞踊名作事典』 演劇出版社、1991年
  • 渡辺保 『勧進帳 日本人論の原像』〈『ちくま新書』024〉 筑摩書房、1995年