調伏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

調伏(ちょうぶく/じょうぶく)とは、調和制伏という意味の仏教用語で[1]、 内には己の心身を制し修め、外からの敵や悪を教化して、成道に至る障害を取り除くこと。及びそのための修法[1]。サンスクリット語のアビチャールカ(abhicraka/阿毘遮迦)の意訳で、単に降伏(ごうぶく)ともいう[2]

密教では四種、または五種の修法の一に数えられており、不動明王降三世明王軍荼利明王大威徳明王金剛夜叉明王といった忿怒相の五大明王などを本尊に据えて、護摩法を修する[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『新・仏教辞典 増補』 中村元誠信書房、1980年3月。ISBN 4-414-10501-3
  2. ^ 小野塚幾澄『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館。