岡本綺堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡本 綺堂
(おかもと きどう)
Kido okamoto.jpg
誕生 岡本 啓二(おかもと けいじ)
1872年11月15日
東京府東京市芝区
死没 (1939-03-01) 1939年3月1日(満66歳没)
職業 小説家劇作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 小説戯曲
代表作 半七捕物帳』(1917年
番町皿屋敷』(1917年
修禅寺物語』(1918年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

岡本綺堂(おかもと きどう、1872年11月15日明治5年10月15日) - 1939年昭和14年)3月1日) は、小説家劇作家。本名は岡本 敬二(おかもと けいじ)。別号に狂綺堂、鬼菫、甲字楼など。著名な作品は、新歌舞伎の作者及び「半七捕物帳」などがある。

経歴[編集]

徳川幕府御家人で維新後にイギリス公使館に書記として[1]勤めていた敬之助(後に純(きよし)、号は半渓[1])の長男として東京高輪に生まれる。1873年、公使館の麹町移転とともに麹町元園町に移って育つ。3歳にして父から素読、9歳から漢詩を学び[1]、叔父と公使館留学生からは英語を学んだ。平河小学校(現麹町小学校)中等科第三級編入後[1]、東京府尋常中学(のちの東京府立一中、現東京都立日比谷高等学校)在学中から劇作家を志した。卒業後現在の大学には進学せずに1890年東京日日新聞入社[1]。以来、中央新聞社、絵入日報社などを経て、1913年まで24年間を新聞記者として過ごす。日露戦争では従軍記者として満州にも滞在した。吉原芸妓をしていた宇和島藩士の娘の小島栄を落籍して結婚。

記者として狂綺堂の名で劇評や社会探訪記事を書きながら、1891年、東京日日新聞に小説「高松城」を発表。1896年、『歌舞伎新報』に処女戯曲「紫宸殿」を発表。1902年、「金鯱噂高浪(こがねのしゃちうわさのたかなみ)」(岡鬼太郎と合作)が歌舞伎座で上演される。この作品の評価はいまひとつだったようだが、その後、「維新前後」や「修禅寺物語」の成功によって、新歌舞伎を代表する劇作家となり、「綺堂物」といった言葉も生まれた。

1913年以降は作家活動に専念、新聞連載の長編や、探偵物、怪奇怪談作品を多数執筆。生涯に196篇の戯曲を残した。1916年には国民新聞時事新報の2紙に新聞小説を同時に連載(「墨染」「絵絹」)。同年、シャーロック・ホームズに影響を受け、日本最初の岡っ引捕り物小説「半七捕物帳」の執筆を開始、江戸情緒溢れる描写で長く人気を得た。怪奇ものでは、中国志怪小説英米怪奇小説の翻案や、『世界怪談名作集』、『支那怪奇小説集』などの編訳もある。幼少期からの歌舞伎鑑賞を回想した『ランプの下にて』は明治期歌舞伎の貴重な資料となっている。

1918年に欧米を訪問し、作風が変わったとも言われる。1923年9月1日の関東大震災麹町の自宅・蔵書(日記)を失い、門下の額田六福の家に身を寄せ、その後麻布、翌年百人町に転居。1930年には後進を育てるために月刊誌『舞台』を発刊、監修を務める。1937年には演劇界から初の芸術院会員となる。昭和10年頃からは小説(読物)や随筆は、散発的に『サンデー毎日』誌に書く巷談ぐらいになり、1937年「虎」が最後の読物となるが、戯曲は『舞台』誌で1938年まで発表を続けた。

1939年、目黒にて肺炎により死去。青山墓地に葬られる。没後、元書生で養嗣子の岡本経一が綺堂作品の保存普及を目的として出版社「青蛙房」を創立した。現社長の岡本修一は綺堂の孫にあたる。

また、没後に経一の寄付金をもとに戯曲を対象とする文学賞である岡本綺堂賞[1]が創設されたが、日本文学報国会が運営していたため、終戦とともにわずか2回で終了した。

代表作[編集]

戯曲[編集]

「紫宸殿」は1902年に歌舞伎座で初演。1908年に二代目市川左團次明治座での「革新興行」で川上音二郎の依頼で「維新前後」を書く。この後左團次のために65編を書くほどの密接な関係となり、左團次の当り芸シリーズ「杏花戯曲十種」のうちの「修禅寺物語」など6編が綺堂作であり、左團次の生前は他の俳優の上演を許さなかった。「修禅寺物語」は1909年に完成し、1911年に明治座で初演。1927年にパリのシャンゼリゼ座でフィルマン・ジェミエによっても上演された。

1921年に「俳諧師」を書き、翌年新富座で上演、中村吉右衛門が演じる。その後吉右衛門のために「時雨ふる夜」「権三と助十」「風鈴蕎麦屋」などを書いた。

回顧記『ランプの下にて』は、「過ぎにし物語」の題で『新演芸』誌に、1920年から22年と関東大震災をはさみ24年から25年にかけ連載された。続いて『歌舞伎』誌に1929年から30年に前半部を再録。1935年に『明治劇談 ランプの下にて』が刊行、1942年に大東出版社の「大東名著選」に、『歌舞伎談義』と共に『明治の演劇』の題で出版され、「戦時下、青少年の情操陶冶に資する」として文部省推薦本となった。

綺堂自身は、劇評家時代から俳優とは私的な付き合いや楽屋への出入りもせず、劇作に携わって以降も、二代目左團次も含めそれらの事は変わらなかったため、俳優の私生活には筆が及んでない。1949年に再版の同光社版には、綺堂による「明治演劇年表」が入っている。

養嗣子の岡本経一編『綺堂年代記』(青蛙房、新版2005年)には、劇作家としての詳しい解説がなされている。

  • 綺堂脚本集 黒船話、貞任宗任、小笠原島、佐渡の文覚、箕輪の心中、修禅寺物語 博文館 1912
  • 箕輪心中・浪華の春雨 新潮社 1916
  • 鳥辺山心中 平和出版社(新脚本叢書第3編) 1917
  • 佐々木高綱 平和出版社(新脚本叢書第5編) 1917
  • 番町皿屋敷 平和出版社(新脚本叢書第10編) 1917
  • 板倉内膳正 平和出版社(新脚本叢書第11編) 1918
  • 修禅寺物語 新潮社 1918
  • 玉藻の前 天佑社 1918
  • 修禅寺物語 改造社〈改造文庫〉 1929
  • 修善寺物語・正雪の二代目 他四篇』 岩波文庫、1952、復刊1990 ほか
  • 『修善寺物語、鳥辺山心中 ほか』 旺文社文庫、1975 ほか
  • 『修禅寺物語、鳥辺山心中番町皿屋敷ほか』〈名作歌舞伎全集 20〉東京創元社、1969
  • 『桐一葉(坪内逍遥)/鳥辺山心中、修禅寺物語』 藤波隆之編 〈歌舞伎オン・ステージ24〉白水社、1991

半七捕物帳[編集]

1916年にコナン・ドイルシャーロック・ホームズを読み刺激されて探偵小説への興味が起き、自分でも探偵ものを書こうと考えたが、現代ものを書くと西洋の模倣になりやすいので純江戸式で書くことにして、3篇を執筆、『文芸倶楽部』から連載物を頼まれてこれを「半七捕物帳」の題で渡し、翌年1月号から連載された。これが好評となり引き続き執筆する。1919年から「半七聞書帳」の題で、半七が先輩の話を聞き書きする体裁で9編を書き、一旦執筆を終了。その後単行本化されて人気が高まり、1924年の『苦楽』創刊の際、川口松太郎の依頼で続編執筆を依頼されるが、半七はもう書くことが無いと断り、それ以外の昔話ということで、半七老人の知人の三浦老人から江戸期の奇妙な話を聞くという「三浦老人昔話」を連載。1934年に、半七のファンだと言う講談社野間清治社長の意向で『講談倶楽部』から依頼で半七もの執筆を再開。65歳まで書き続け、1937年までに計69作品となった。最後の作品「二人女房」はまた綺堂最後の小説ともなった。

半七ものは綺堂脚色によって1926年に六代目菊五郎が演じたのを始め、これらの昔話の巷談は、戦後の話芸においても落語林家彦六三遊亭圓生講談悟道軒圓玉、物語の高橋博、倉田金昇などの高座で使われた。綺堂は新聞社時代に榎本武揚勝海舟も訪問しており、この経験が作品に生かされている。経緯は、岡本経一『「半七捕物帳」解説』(青蛙房、2009年)に詳しい。

以下は現行版一覧。

  • 半七捕物帳』 光文社文庫(全6巻) 1985-1986、新装版2001
  • 『半七捕物帳』 春陽堂書店(春陽文庫、全7巻) 1999-2000
  • 『読んで、「半七」!』、『もっと、「半七」!』 〈半七捕物帳傑作選 1・2〉北村薫宮部みゆき編、ちくま文庫、2009
  • 『半七捕物帳 年代版』 まどか出版(全5巻)、2011-2013。注釈、地図、年表など入り、砂川保夫解説

著書一覧[編集]

  • 維新前後 今古堂 1908
  • 女の一念 今古堂 1911
  • 金貨 探偵奇談 今古堂 1912
  • 飛騨の怪談 鈴木書店 1913
  • 両国の秋 平和出版社 1916
  • 半七捕物帳 江戸名探偵物語 平和出版社 1917
  • 女魔術師 春陽堂〈侠艶情話集第4編〉 1917
  • 山国の怪 鈴木書店 1917
  • 室町御所 春陽堂 1917
    • 室町御所、品川の台場
  • 脚本七部集 春陽堂 1917
    • 尾上伊太八、なこその關、お七、増補信長記、名立崩れ、蟹滿寺縁起、能因法師
  • 五色筆 南人社 1917 随筆集
  • 籠釣瓶 平和出版社 1918
  • 梨の葉集 春陽堂 1918
    • 細川忠興の妻、風流一代噺、明智光秀、亜米利加の使、頼豪阿闍梨、長恨歌、武田信玄、べらぼうの始
  • 雨月集 春陽堂 1918
    • 清正の娘、籠釣瓶、板倉内膳正、鳥邊山心中、京の友禅、箙の梅、心中浪華春雨、武家義理譚、番町皿屋敷
  • 片糸 玄文社 1918
  • うす雪 文泉堂 1919
  • 絵絹 天佑社 1919
  • 源平集 春陽堂 1919
    • 佐々木高綱、平家蟹、唐人塚、雨月物語、義貞最期、長曾禰虎徹、入鹿の父、切支丹屋敷、白虎隊、酒の始
  • 朝顔集 春陽堂 1920
    • 新朝顏日記、承久繪卷、阿蘭陀船、雨夜の曲、蒙古襲來、弟切草、楠
  • 夜雪集 春陽堂 1920
    • 三巴雪夜話、勾当内侍、箕輪の心中、佐渡の文覚、二枚絵草紙、わが家、千葉笑ひ
  • 慈悲心鳥 国文堂書店 1920
  • 竜女集 春陽堂 1921
    • 児ケ淵、戦の後、天の網島、景清、黒船話、復讐、小栗栖の長兵衛、曽我物語
  • 鎌倉集 春陽堂 1921
    • 村井長庵、鎌倉の一夜、仁和寺の僧
  • 半七聞書帳 隆文館 1921 - 後に「半七捕物帳」、戦後に青蛙選書全5冊、角川文庫全7冊
  • 山月集 春陽堂 1922
    • 城山の月、小田原陣、近松門左衞門、大坂城
  • 西南集 春陽堂 1922
    • 西南戦争聞書、邯鄲、御影堂心中、節分
  • 千日集 春陽堂 1923
    • 薩摩櫛、階級、俳諧師、自来也、寺の門前
  • 三浦老人昔話 春陽堂(綺堂読物集乃一) 1925
  • 江戸子の死 改造社 1927
  • 猫やなぎ 岡倉書房 1934 随筆集
  • 支那怪奇小説集 サイレン社 1935[1] 編訳
    • 中国怪奇小説集 旺文社文庫 1978/光文社文庫 1994
  • 明治劇談 ランプの下にて 岡倉書房 1935
  • 近松物語 旧新潮文庫 1937 - 近松作品を元にした短編集
  • 随筆思ひ出草 相模書房 1938
  • 鉄舟と次郎長 六芸社 1938
  • 能因法師 六芸社 1938
  • 両国の秋 春陽堂書店 1939

没後刊行[編集]

  • 歌舞伎談義 〈大東名著選4〉大東出版社 1941、同光社 1949
  • 明治の演劇 〈大東名著選30〉大東出版社 1942、同光社 1949
  • 綺堂劇談 青蛙房 1956
  • 近松物語 青蛙房 1956
  • 綺堂随筆 青蛙房 1956
  • 歌舞伎談義 青蛙房 1957
  • 弟子への手紙 青蛙房 1958/オンデマンド版2008
  • 江戸に就ての話 岸井良衛編 青蛙房 1958、増訂版1960/新装版1987、2010
  • ランプの下にて 明治劇談 青蛙房〈青蛙選書〉 1965
  • 影を踏まれた女 旺文社文庫 1976
  • 魚妖・置いてけ堀 旺文社文庫 1976
  • 箕輪の心中 旺文社文庫 1978
  • 綺堂むかし語り 旺文社文庫 1978/光文社文庫 1995
  • 綺堂芝居ばなし 旺文社文庫 1979
  • ランプの下にて 明治劇談 旺文社文庫 1980/岩波文庫 1993
  • 風俗江戸物語 今井金吾校註 河出文庫 1986
  • 風俗明治東京物語 今井金吾校註 河出文庫 1987 ※下記は新版の合本
  • 半七捕物帳 正・続 講談社文庫大衆文学館シリーズ 1997
  • 半七捕物帳 全6巻 今井金吾校註解説 筑摩書房 1998
  • 岡本綺堂日記 正・続 岡本経一編 青蛙房 1987-1989/オンデマンド版2007

作品集[編集]

  • 岡本綺堂全集(全12巻) 同刊行会編 六芸社 1937 - 小村雪岱装丁
  • 岡本綺堂読物選集(全8巻) 東京ライフ社 1956-1957
  • 岡本綺堂戯曲選集(全8巻) 青蛙房 1958-1959/オンデマンド版2005
  • 岡本綺堂読物選集(全8巻) 青蛙房 1969-1970/オンデマンド版2009 - 第7・8巻は編訳
  • 猿の眼 日本幻想文学集成23 岡本綺堂 種村季弘国書刊行会 1993
  • 岡本綺堂伝奇小説集(全3巻) 原書房 1999
  • 飛騨の怪談 新編綺堂怪奇名作選 東雅夫メディアファクトリー 2008
  • 岡本綺堂探偵小説全集(全2巻) 末國善己作品社 2012

文庫作品集[編集]

青蛙堂
  • 「影を踏まれた女 岡本綺堂怪談集」 光文社文庫 1988年、新版2006年
  • 「白髪鬼 岡本綺堂怪談集」 光文社文庫 1989年、新版2006年
  • 「蜘蛛の夢 時代推理傑作集」 光文社文庫 1990年、新版2015年
  • 「岡本綺堂集 青蛙堂鬼談」 日下三蔵編、ちくま文庫〈怪奇探偵小説傑作選1〉 2001年
小石川の梅沢弁護士邸での探偵談義を書いたシリーズ。雑誌『苦楽』に「青蛙堂鬼談」として連載して好評となり、1926年に単行本化。次いで同年、他の雑誌に書いた怪談を同様のスタイルに書き換えて『近代異妖編』と題して出版。1927-1928年にかけ『探偵夜話』、『古今探偵十話』を出版。現代で言う推理小説というよりは、当時の探偵趣味、ロマンチックでミステリアスな物語が展開される。
  • 「青蛙堂鬼談 岡本綺堂読物集二」 中公文庫 2012年10月
他の作品集
  • 「鎧櫃の血 岡本綺堂巷談集」 (三浦老人昔話、新集巷談 全18篇) 光文社文庫 1988年、新版2006年
  • 「鷲」 (鷲・兜・雪女ほか全10篇) 光文社文庫 1990年、新版2006年
  • 修禅寺物語 傑作伝奇小説」 (修禅寺物語(小説)・玉藻の前ほか) 光文社文庫 1992年
  • 「江戸情話集」 (鳥辺山心中ほか全5篇) 光文社文庫 1993年、新版2010年
  • 「岡本綺堂妖術伝奇集」 (玉藻の前・小坂部姫、ほか戯曲集)、東雅夫編〈伝奇ノ匣2〉、学研M文庫 2002年
  • ちくま日本文学 032 岡本綺堂」 (半七・三浦老人昔話ほか) 筑摩書房 2009年
    • 旧版、文庫判の単行本 「岡本綺堂 ちくま日本文学全集57」 筑摩書房 1993年
  • 「岡本綺堂怪談選集」 (猿の眼・兜ほか全13編)、結城信孝小学館文庫 2009年
  • 「三浦老人昔話 岡本綺堂読物集一」 中公文庫 2012年6月
  • 「近代異妖篇 岡本綺堂読物集三」 中公文庫 2013年4月
  • 「探偵夜話 岡本綺堂読物集四」中公文庫 2013年10月
  • 「今古探偵十話 岡本綺堂読物集五」 中公文庫 2014年6月
  • 「女魔術師 傑作情話集」 光文社文庫 2015年11月。全7篇
  • 「狐武者 傑作奇譚集」 光文社文庫、2016年8月。
随筆集
  • 新版 風俗江戸東京物語 河出文庫
  • 江戸のことば 河出文庫
  • 江戸っ子の身の上 河出文庫
  • 江戸の思い出 河出文庫、各2001-2003年
  • 岡本綺堂随筆集 千葉俊二編、岩波文庫、2007年
生前刊行の自選随筆集は『五色筆』、『十番随筆』、『猫やなぎ』、『思ひ出草』
編訳書

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 岡本綺堂 『中国怪奇小説集』 光文社時代小説文庫 解説岡本経一(1938年『月旦』誌)、1994年、340-348頁。

参考文献[編集]

  • 『文藝別冊 総特集岡本綺堂』、河出書房新社〈KAWADE夢ムック〉 2004年(詳細な書誌入り)
  • 岡本経一編 『綺堂年代記』 青蛙房 2006年
  • 岡本経一 『私のあとがき帖』 青蛙房 1980年、オンデマンド版2006年
  • 大村彦次郎 『時代小説盛衰史』 筑摩書房 2005年(岡本綺堂と「半七捕物帳」の章)
  • 今井金吾『半七は実在した 半七捕物帳江戸めぐり』 河出書房新社 1989年
    • 『半七捕物帳 江戸めぐり』(ちくま文庫 1999年)
  • 今井金吾『江戸っ子の春夏秋冬 続「半七捕物帳」江戸めぐり』 河出書房新社 1991年
    • 『半七捕物帳 大江戸歳時記』(ちくま文庫 2001年)
  • 今井金吾編著『半七の見た江戸 「江戸名所図会」でたどる半七捕物帳』 河出書房新社 1999年
  • 岡田喜一郎『半七捕物帳お江戸歩き』 河出書房新社 2004年
  • 有坂正三『半七捕物帳と中国ミステリー』 文芸社 2005年
  • 横山泰子『綺堂は語る、半七が走る 異界都市江戸東京』(江戸東京ライブラリー22)教育出版 2002年

原作漫画[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]