病院で死ぬということ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

病院で死ぬということ』(びょういんでしぬということ)は現役の医師・山崎章郎のノンフィクション書籍。1990年10月に主婦の友社から刊行された。1993年に市川準監督によって映画化された。

1996年に続編『続 病院で死ぬということ―そして今、僕はホスピスに』が刊行された。

映画[編集]

病院で死ぬということ
監督 市川準
脚本 市川準
原作 山崎章郎
製作 伊藤宏一
関谷省吾
塚本俊雄
出演者 岸部一徳
音楽 板倉文
撮影 小林達比古
編集 渡辺行夫
製作会社 中高年雇用福祉事業団
オプトコミュニケーションズ
スペースムー
テレビ東京
配給 オプトコミュニケーションズ
公開 日本の旗 1993年7月24日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1993年に映画化された。

1995年第18回エーテボリ映画祭、2004年第6回ファーイースト映画祭招待作品。1993年キネマ旬報ベストテン第3位、読者選出第6位。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:市川準
  • 原作:山崎章郎『病院で死ぬということ』(文春文庫)
  • 脚本:市川準
  • 撮影:小林達比古
  • 美術:間野重雄
  • 編集:渡辺行夫
  • 音楽:板倉文
  • 録音:橋本泰夫
  • 製作:伊藤宏一、関谷省吾、塚本俊雄
  • プロデューサー:里中哲夫
  • 企画:水戸祐三、千葉茂樹

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]