buy a suit スーツを買う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
buy a suit スーツを買う
監督 市川準
脚本 市川準
製作 宍戸貴義
出演者 砂原由起子
鯖吉
山崎隆明
三枝桃子
音楽 松本龍之介
編集 市川準
製作会社 市川準事務所
配給 市川準事務所
スローラーナー
公開 日本の旗 2009年4月11日
上映時間 47分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

buy a suit スーツを買う』(バイ・ア・スーツ スーツをかう)は、市川準監督の遺作(2008年9月19日死去[1])となったプライベートフィルム作品。

劇場公開は2009年4月11日公開で、同時上映は同監督の『TOKYOレンダリング詞集』。

ストーリー[編集]

同僚のスミちゃんと共に大阪から上京したユキは、秋葉原駅前でスミちゃんと別れ、蒸発中の兄・ヒサシの大学時代の先輩・山口を訪ねる。ユキは、消息不明のヒサシから突然葉書が届き、記されていた住所を訪れるために上京してきたのだ。山口はひとしきりヒサシの思い出を語った後、ヒサシ宛てに手紙を書き、ユキに託す。ユキはヒサシからの葉書を手に住所地を探して行くと、そこは吾妻橋のたもとだった。数学の天才で頭が良すぎた兄・ヒサシはホームレスになっていた。隅田川を眺めながら訥々と話す兄妹。やがて二人は浅草に住んでいるというヒサシの元妻・トモ子に会いに行くことになる。煮込み通りで再会し、山口からの手紙も読む三人。トモ子が口にした言葉。店を出た後、ユキはヒサシに背広を買ってあげると言う。二人が洋品店の店先で背広を物色しているとき、傍でトモ子が…。

キャスト[編集]

*鯖吉と砂原由起子は実の兄妹でもある。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]