近代映画協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社近代映画協会
Kindai Eiga Kyokai Co., Ltd.[1]
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 近代映協、近代
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂5-4-16
シナリオ会館5階[1][2]
設立 1950年7月31日[2]
業種 サービス業
事業内容 劇映画・教育映画の製作配給[2]
俳優・企画の斡旋
代表者 新藤次郎[1]
資本金 1,600万円[2]
関係する人物 新藤兼人
吉村公三郎
殿山泰司
絲屋寿雄
乙羽信子
劇団民藝
神山征二郎
外部リンク kindaieikyo.com
テンプレートを表示

株式会社近代映画協会(-きんだいえいがきょうかい)は、日本映画会社である。1950年(昭和25年)、新藤兼人吉村公三郎殿山泰司らが設立した。

略歴・概要[編集]

1950年(昭和25年)7月31日[2]松竹を退社した当時脚本家の新藤兼人、映画監督の吉村公三郎、俳優の殿山泰司、映画プロデューサー絲屋寿雄らが設立した。

設立第1作は、絲屋がプロデュース、新藤脚本・吉村監督、水戸光子森雅之主演による長篇劇映画『戦火の果て』で、同作は大映が配給し、同年9月16日に劇場公開された。以降、大映との提携が続いたが、吉村と新藤の作品については、ケースバイケースで同社製作の場合と大映製作の場合がある。他方、松竹新東宝から配給される作品もあった。

1952年(昭和27年)、新藤が監督した『原爆の子』に大映のスター女優乙羽信子が主演、それとともに大映を退社、同社に入社した。同作は、1954年(昭和29年)に第8回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭平和賞、1956年(昭和31年)に第10回英国アカデミー賞国連平和賞をそれぞれ受賞した。

1960年(昭和35年)、同じく新藤が監督した『裸の島』は、資金難による同社の解散記念作品として企画・製作された作品であった。翌1961年(昭和36年)の第2回モスクワ国際映画祭で発表されるや、グランプリ獲得の前から各国の映画バイヤーの申し入れが相次ぎ、同作の上映権の売却益によって、会社設立以来の累積赤字を解消することができた[3]

現在は、新藤兼人の息子の新藤次郎が社長を引継ぎ、テレビドラマも多数作っている。

おもなフィルモグラフィ[編集]

  • 裸の島』 : 監督新藤兼人、1960年
  • 人間』 : 監督新藤兼人、配給ATG、1962年
  • 』 : 監督新藤兼人、1963年
  • 鬼婆』 : 監督新藤兼人、共同製作東京映画、配給東宝、1964年
  • 悪党』 : 監督新藤兼人、共同製作東京映画、配給東宝、1965年
  • こころの山脈』 : 監督吉村公三郎、共同製作 本宮方式映画製作の会、配給東宝、1966年
  • 本能』 : 監督新藤兼人、配給松竹、1966年
  • 堕落する女』 : 監督吉村公三郎、配給松竹、1967年
  • 性の起原』 : 監督新藤兼人、配給松竹、1967年
  • 眠れる美女』 : 監督吉村公三郎、配給松竹、1968年
  • 藪の中の黒猫』 : 監督新藤兼人、共同製作日本映画新社、配給東宝、1968年
  • かげろう』 : 監督新藤兼人、配給松竹、1969年
  • 触角』 : 監督新藤兼人、共同製作日本映画新社、配給東宝、1970年
  • 裸の十九才』 : 監督新藤兼人、配給東宝、1970年
  • 甘い秘密』 : 監督吉村公三郎、配給松竹、1971年
  • 鉄輪』 : 監督新藤兼人、配給ATG、1972年
  • 讃歌』 : 監督新藤兼人、共同製作・配給ATG、1972年
  • 混血児リカ ハマぐれ子守唄』 : 監督吉村公三郎、共同製作オフィス203、配給東宝、1973年
  • 』 : 監督新藤兼人、共同製作・配給ATG、1973年

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c 近代映画協会, j-pitch, 2009年10月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e #外部リンク、公式ウェブサイトの「会社案内」ページを参照、2009年10月23日閲覧。
  3. ^ 『日本映画の歴史と現代』、山田和夫新日本出版社、2003年 ISBN 4406030182

外部リンク[編集]