ソロモンの偽証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソロモンの偽証
著者 宮部みゆき
発行日 第I部 事件2012年8月24日
第II部 決意:2012年9月21日
第III部 法廷:2012年10月12日
ジャンル ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 第I部:746 / 第II部:718 / 第III部:726
コード ISBN 978-4-10-375010-9(第I部)
ISBN 978-4-10-375011-6(第II部)
ISBN 978-4-10-375012-3(第III部)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ソロモンの偽証』(ソロモンのぎしょう)は、宮部みゆきによる長編推理小説、またそれを原作とする映画。『小説新潮』(新潮社)にて、2002年平成14年)10月号から2006年(平成18年)9月号、同年11月号から2007年(平成19年)4月号、同年6月号から2011年(平成23年)11月号まで連載され、2012年(平成24年)に刊行された。『事件』『決意』『法廷』の三部構成で原稿用紙延べ4700枚。週刊文春ミステリーベスト10及びこのミステリーがすごい!で第2位にランクインした。

学校内で発生した同級生の転落死の謎を、生徒のみによる校内裁判で追求しようとする中学生たちを描く。舞台となる中学校は東京都「城東区」(江東区がモデル)と設定されている[1]

あらすじ[編集]

第I部 事件[編集]

1990年12月[1]クリスマスイブに城東第三中学校男子生徒が学校の屋上から転落して死亡した。警察は自殺と断定し、事件は解決したものと思われた。しかし、その後自殺した生徒、柏木卓也は自殺ではなく、城東三中きっての不良少年、大出俊次が殺したとする3通の告発状が校長である津崎、柏木の担任の森内、そして柏木のクラスのクラス長である藤野の元へ届く。津崎はこの事実を公開せずに、告発状を出した人物が大出に嫌がらせを受けていた三宅であると特定するが、その事実が公表される前に、森内に宛てられた告発状が森内を妬んでいた隣人によりマスコミに流出し、世間にさらされることとなる。これを受け三宅の唯一の友人であった浅井は真実を告げるよう三宅を説得するが、その帰りに交通事故に遭い死亡する。また、殺人者として告発状で糾弾された大出の家では火災が発生し、大出の祖母も死亡する。

第II部 決意[編集]

事件の年に2年生だった藤野涼子は3年生となり、卒業制作で学校内裁判をしたいと言い出した。反対する教師がいる中、賛成する教師・北尾の力を借りて裁判を行うことになった。大出が柏木を殺していない事は明白だったものの、疑う者も多かったため、汚名をすすぐため藤野は弁護人に名乗り出た。裁判は陪審制となり、裁判官、弁護人、陪審員が相次いで決定する中、ゆいいつ検察官だけは決まっていなかった。そこに本校の生徒でこそないものの柏木と小学生時代の友人であった神原という中学生が弁護人を志願してきたため、藤野は仕方なく検察官になった。その後検察側、弁護側がそれぞれの立場で事件に関する証言を集め、事実関係を整理し、公判開始を迎える。

第III部 法廷[編集]

終戦記念日8月15日、学校内裁判が開廷した。様々な証人が証言台に立つ中、告発状の主、三宅樹里が非公開の法廷に出廷し、改めて自分は柏木君が殺されるところを見たと証言した。しかし、これは偽証であった。その後裁判を通して事件や柏木についての情報が出揃う中、裁判閉廷日に弁護人神原が検事側の証人として証言台に立つ。神原は柏木が死んだその日の夜、神原が自分の思い出の場所を巡る「ゲーム」をし、柏木が死亡する直前まで彼と会っており、彼は自殺願望を持っていたと証言した。柏木の自宅から遺書のような小説が出てきて柏木は自殺願望があったことが判明した。

陪審員は被告人大出俊次に無罪の評決を下し、この事件は「柏木による、柏木の殺人事件である」と評し、裁判は幕を閉じた。

2010年3月に野田健一は国語科教師となって城東第三中学校に帰ってきた。学校内裁判は「伝説・歴史」となっていた。

登場人物[編集]

主要生徒[編集]

藤野涼子(ふじの りょうこ)
本作の主人公。学校内裁判を提案する。検察官(検事)を務めた。20年後を描く負の方程式では弁護士になっており、また、裁判に関わった人物の一人と結婚している。
野田健一(のだ けんいち)
柏木の遺体の第一発見者。弁護助手。
柏木卓也(かしわぎ たくや)
物語序盤で謎の転落死を遂げる。
大出俊次(おおいで しゅんじ)
告発された少年。城東区では有名な不良。裁判の被告人。
井口充(いぐち みつる)
大出の手下的存在。証人となった。
橋田祐太郎(はしだ ゆうたろう)
同じく大出の手下。証人として出廷した。
神原和彦(かんばら かずひこ)
小学校時代の柏木の友人。私立東都大学付属中学校生徒にして弁護人を務める。父と母は幼い頃に亡くなり、養父母の元で育つ。本編の20年後を描いた続編『負の方程式』では、直接は登場しないが、学者になったことと、裁判の関係者の一人と結婚したことが語られている。
三宅樹里(みやけ じゅり)
自称柏木殺害現場目撃者。告発状の主で、証人になった。大出らにいじめられていた。
浅井松子(あさい まつこ)
三宅の友達。交通事故で死亡する。
井上康夫(いのうえ やすお)
3年生きっての秀才。裁判官(判事)を務める。

書籍情報[編集]

第I部 事件
単行本:2012年(平成24年)8月23日発売、新潮社、ISBN 978-4-10-375010-9
文庫本:2014年(平成26年)8月28日発売、新潮文庫、上 ISBN 978-4-10-136935-8、下 ISBN 978-4-10-136936-5
第II部 決意
単行本:2012年(平成24年)9月20日発売、新潮社、ISBN 978-4-10-375011-6
文庫本:2014年(平成26年)9月27日発売、新潮文庫、上 ISBN 978-4-10-136937-2、下 ISBN 978-4-10-136938-9
第III部 法廷
単行本:2012年(平成24年)10月11日発売、新潮社、ISBN 978-4-10-375012-3
文庫本:2014年(平成26年)10月29日発売、新潮文庫、上 ISBN 978-4-10-136939-6、下 ISBN 978-4-10-136940-2

映画[編集]

ソロモンの偽証
前篇・事件 / 後篇・裁判
監督 成島出
脚本 真辺克彦
原作 宮部みゆき
製作 矢島孝
秋田周平
製作総指揮 大角正
出演者 藤野涼子
板垣瑞生
佐々木蔵之介
夏川結衣
永作博美
黒木華
小日向文世
尾野真千子
音楽 安川午朗
主題歌 U2
ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー
撮影 藤澤順一
編集 三條知生
制作会社 松竹撮影所
製作会社 「ソロモンの偽証」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗
2015年3月7日(前篇)
2015年4月11日(後篇)
上映時間 121分(前篇)
146分(後篇)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 7.28億円(前篇)
5.78億円(後篇)[2]
テンプレートを表示

2015年3月7日公開の「前篇・事件」と4月11日公開の「後篇・裁判」の2部作で公開された。監督は成島出。本作でデビューし、役名を芸名とした主演の藤野涼子をはじめ、生徒役となる主要出演者はオーディションによって演技経験を問わず選定され、本作が初出演作となった者も少なくない[3]。第40回報知映画賞日刊スポーツ映画大賞で作品賞を得たほか、藤野もこの年の新人俳優賞を多数受賞した。

映画版あらすじ[編集]

前篇・事件[編集]

38歳の教師・中原涼子(旧姓・藤野)は母校の江東区立城東第三中学校に赴任し、新任校長・上野素子の求めに応じて、同校で「伝説」となっている、23年前涼子が中心人物として行った「校内裁判」の顛末を語り始める。

バブル経済崩壊直前の1990年、大雪が降ったクリスマスの朝、2年A組の涼子と野田健一は校舎脇で雪に埋もれた同級生・柏木卓也の遺体を発見する。その死は屋上からの飛び降り自殺と断定されたが、刑事を父に持つ涼子や学校あてに、卓也は大出俊次ら3人の不良生徒に殺害されたとする「告発状」が届く。当時の校長・津崎正男は、担当刑事の佐々木礼子と話し合い、告発状の存在を明らかにしないままカウンセリングと称し生徒の聞き込みをして送り主の生徒を特定しようとする。実は告発状は涼子の同級生である三宅樹里浅井松子が共謀して送りつけたもので、佐々木らはその事実に近づきつつあった。一方、涼子は卓也の生前、俊次らが樹里たちをいじめ暴力を振るう場面を目撃しながら怖くて見て見ぬふりをしようとしたこと、それを卓也に見つかり、学級委員として日々いじめ廃絶を訴えていながら行動しない態度を「口先だけの偽善者」と痛罵されたことを気に病む。

しかし涼子たちの担任・森内恵美子に送られた分の告発状が破られ捨てられていたものが、事件のもみ消しを図った証拠と称してテレビ局に送りつけられ、告発状の内容は大々的に報道される。犯人と名指しされた俊次らは不登校に追い込まれる。森内は告発状の受け取りを否定するが、マスコミや職員室での追求に耐えられず退職し、佐々木のアドバイスで調査会社に依頼して、マンションのポストから彼女の郵便物を盗んでいた隣人の存在を知る。保護者会では学校への批判が相次ぐが、佐々木はこの告発状の内容が虚偽である可能性が高いことを指摘する。帰宅した母親から、保護者会で告発状が虚偽と納得されてしまったことを聞いた松子は、樹里に会うため、雨の中、家から走り出て車道に飛び出したところを、走ってきた車にはねられて死亡。樹里はショックのため声が出なくなり、津崎は一連の出来事の責任を取り辞任する。問題の追及が大人たちの思惑でうやむやになってゆく中で涼子は3年生に進級し、卓也の言葉や二人の同級生を失う一連の出来事に思い悩み続け、自殺すら考える。

しかし、マスコミの興味本位の報道に振り回され、一向に明らかにならない真実に業を煮やした涼子は、自分たちの力でこれを追求する決意をする。卓也の友人だった他校生・神原和彦との出会いから、涼子は事件の追及を裁判の形式で行うことを思いつくが、教師たちの強い反対を受ける。だが、話し合いの中で涼子が激昂した教師に暴力を受けた騒動をきっかけとして、裁判開催を認めさせることに成功する。また、生徒らに力を貸すため、彼らに理解を示すベテラン教師・北尾が退職して後押しをする。更に、裁判に反対する教師達が生徒らに圧力をかけるようになったことで、逆に教師達からの圧力に反発する多くの生徒が裁判開廷に賛同の意を示す。以降、生徒らは涼子を中心とする検察側が樹里らの告発を信じ、和彦を中心とする弁護側が俊次の無実を信じて裁判準備を進め、判事陪審員による裁定を自分たちのみで行うために奔走する。

後篇・裁判[編集]

三宅樹里は、裁判に出たいと涼子に話を持ちかける。一方神原は、柏木に電話をかけて事件現場まで呼び出したのは「本人だ」と言う仮説を涼子に話す。しかし、その説はあり得ないとして涼子ら検察側は真っ向から否定した。涼子はいつも完璧な神原がこんな説を立てるのはおかしいと神原を警戒する。後に「本人」は柏木で無いと判る。

学校内裁判が開廷した。検察側と弁護側は証人に尋問を行い、真実を見つけるため奔走する。そして閉廷日、神原が証人として召喚され、事件当日の夜に自分が柏木から電話を受けたと話す。そして自殺を仄めかす柏木を止めるべく、柏木と「自分の思い出の場所を巡り、それぞれの場所につく毎に柏木に電話をする」という内容の「ゲーム」をやり、思い出の場所を巡り終え、屋上に呼び出されて行くと柏木が立っていたと真実を語る。「ゲーム」の結果が自分の思惑とは異なるものであったことに不満を抱いた柏木は、「ゲーム」を続行しようとするが、疲れ果てた神原が帰ろうとした事に怒り、「帰ったら自分は飛び降りて死ぬ」と言った。だが神原は「そんなに死にたかったら、勝手に死ねばいい」と言って逃げた。翌日、神原は柏木が死んだことを知る。

評決は被告人大出は無罪と言う趣旨のものだった。しかし神原は判事に「僕を殺人罪で裁いて下さい」と言い、責任を負おうとするが、それに対して涼子は、ここにいる誰もあなたを裁くことはできないと言う。裁判を終えた大出は神原に握手を求める。のちに教師となった涼子は、14歳だっただからこそできた裁判を述懐し、ともに裁判を闘った生徒たちと友情を築いたことを語り物語を締めくくる。

キャスト[編集]

主人公・藤野涼子役をはじめとする1クラス分の生徒役を選ぶため、日本映画史上最大規模のオーディションが開催され[4][5]、1万人のオーディションを勝ち抜いた新人女優が2014年8月8日の午前8時8分に発表された[6][7]。この時点では主演女優の名は明かされず、その後10月31日に役名と同じ藤野涼子の名でデビューすることが発表された[8]。藤野は発表当時14歳の中学3年生で、芸能事務所に所属してはいたがエキストラ以外の演技経験はなく、オーディションを受けたのも3度目であった[9]。役名でのデビューは成島とプロデューサーの提案によるものである[9]

スタッフ[編集]

封切り[編集]

前篇は日本では全国311スクリーンで公開された。公開初週土日2日間(2015年3月7日・8日)の成績は動員9万1,850人、興収1億2,012万8,100円で、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)初登場3位となった[14]。公開に先駆けて行われた前篇の試写会では、98.4パーセントの観客が後篇も見たいと回答した[15]

後篇は全国313スクリーンで公開された。公開初週土日2日間(2015年4月11日・12日)の成績は動員12万4,275人、興収1億6,228万4,900円で、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)初登場1位となった[16]

受賞[編集]

テレビ放送[編集]

日本テレビ系列の『金曜ロードSHOW!』で、2016年5月20日に『前篇』、同年同月27日に『後篇』を、いずれも地上波初放送(解説放送 / 文字多重放送 / データ放送)。

テレビドラマ[編集]

ソロモンの偽証
솔로몬의 위증
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金、土曜20:30 -
放送期間 2016年12月16日 -
放送国 大韓民国の旗 韓国
制作局 JTBC
監督 カン・イルス
演出 キム・ヒョンス
チャン・ドンユン
原作 宮部みゆき
脚本 キム・ホス
プロデューサー チャン・ジヨン
キム・ヨニム
出演者 キム・ヒョンス
チャン・ドンユン
ソ・ジフン
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2016年12月9日から毎週金曜日と土曜日の20:30に、韓国のJTBCで放送される予定[29]

キャスト[編集]

主要キャスト[編集]

2年1組[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作:アイウィルメディア

脚注[編集]

  1. ^ a b 大森望. “宮部みゆき『ソロモンの偽証』(全三部)”. 小説すばる. 集英社. 2015年3月12日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報』2016年3月下旬 映画業界決算特別号、70頁。
  3. ^ キャスト・人物相関図”. 映画『ソロモンの偽証』公式サイト. 2015年3月12日閲覧。
  4. ^ 宮部みゆき「ソロモンの偽証」映画化決定!超大規模オーディション開催”. 映画.com (2013年12月24日). 2014年3月28日閲覧。
  5. ^ 入倉功一 (2013年12月24日). “宮部みゆき「ソロモンの偽証」映画化決定 中学生役1クラス分をオーディションで選出”. シネマトゥデイ. 2014年3月28日閲覧。
  6. ^ 「ソロモンの偽証」に佐々木蔵之介、夏川結衣、尾野真千子ら 主演女優は8日に発表!”. 映画.com (2014年8月4日). 2014年8月10日閲覧。
  7. ^ 「ソロモンの偽証」主演女優決定!1万人オーディションから選ばれた藤野涼子役の特写を入手”. 映画.com (2014年8月8日). 2014年8月10日閲覧。
  8. ^ 『ソロモンの偽証』の中学生役12人公開、主演は役名の「藤野涼子」で女優デビュー(2014年10月31日)、cinra.net、2014年10月31日閲覧。
  9. ^ a b 藤野涼子、主演デビュー作の役名が芸名に!1万人オーディションで選ばれた14歳(2014年10月31日)、スポーツ報知、2014年10月31日閲覧。
  10. ^ 中山雄一朗 (2014年4月2日). “宮部みゆき「ソロモンの偽証」映画化、監督は『八日目の蝉』の成島出に決定!”. シネマトゥデイ. 2014年4月22日閲覧。
  11. ^ 邦画初!U2の名曲が『ソロモンの偽証』主題歌に決定!”. シネマトゥデイ (2015年2月5日). 2015年2月5日閲覧。
  12. ^ “宮部みゆき原作「ソロモンの偽証」2部作のメガホンは成島出監督に”. 映画.com. (2014年4月4日). http://eiga.com/news/20140404/3/ 2014年4月22日閲覧。 
  13. ^ スタッフ出典。クレジット、映画『ソロモンの偽証』オフィシャルサイト、2015年3月12日閲覧。
  14. ^ 壬生智裕 (2015年3月10日). “『ドラえもん』が初登場1位! 3D版のファンも劇場に!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. 2015年3月12日閲覧。
  15. ^ 観客の98パーセントが「後篇が観たい」と回答! 映画『ソロモンの偽証』が高評価”. ぴあ映画生活. ぴあ (2015年3月12日). 2015年3月12日閲覧。
  16. ^ 壬生智裕 (2015年3月10日). “『ソロモンの偽証』後篇が前篇からの期待で初登場1位!『バードマン』は6位スタート!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. 2015年4月14日閲覧。
  17. ^ 【報知映画賞】成島監督「一つのゴール」藤野に見えた「大きな羽」”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日閲覧。
  18. ^ 【報知映画賞】藤野涼子「一生分の幸せ」実力不足…悔し涙一転”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日閲覧。
  19. ^ “「海街diary」が5冠、「お盆の弟」が4冠”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月5日). オリジナル2015年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151206104255/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1575404.html 2015年12月10日閲覧。 
  20. ^ 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞決定”. 日刊スポーツ (2015年12月8日). 2015年12月8日閲覧。
  21. ^ キネマ旬報ベスト・テン発表、「恋人たち」「マッドマックス」が1位に輝く”. 映画ナタリー (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。
  22. ^ 第89回キネマ旬報ベストテン 個人賞”. KINENOTE. 2016年1月8日閲覧。
  23. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表!『海街diary』が最多12部門(2/2)”. シネマトゥデイ (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  24. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月22日閲覧。
  25. ^ 毎日映画コンクール 大賞に橋口監督の「恋人たち」”. 毎日新聞 (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  26. ^ 【ブルーリボン賞】新人賞・石井杏奈、涙込み上げた”. スポーツ報知 (2016年1月27日). 2016年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月27日閲覧。
  27. ^ 2015年度・受賞者”. おおさかシネマフェスティバル公式サイト. 2016年3月7日閲覧。
  28. ^ 日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。
  29. ^ ドラマ「ソロモンの偽証」予告映像を公開…原作者の宮部みゆきが登場(動画あり)”. OSEN (2016年11月26日). 2016年11月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]