春との旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
春との旅
監督 小林政広
脚本 小林政広
製作 紀伊宗之
小林直子
製作総指揮 與田尚志
出演者 仲代達矢
徳永えり
大滝秀治
菅井きん
小林薫
田中裕子
淡島千景
柄本明
美保純
戸田菜穂
香川照之
音楽 佐久間順平
撮影 高間賢治
編集 金子尚樹
配給 ティ・ジョイ
アスミック・エース
公開 2010年5月22日
上映時間 134分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

春との旅』(はるとのたび)は、2010年日本映画。原作・脚本・監督は小林政広

概要[編集]

仲代達矢徳永えりが主演を務め、北海道宮城県を舞台にしたロードムービー。撮影は北海道・増毛町を起点に東北や宮城と順撮りオールロケを行い、2009年4月にクランクインし12月に完成している。劇場公開に先立ち小林監督による同名小説『春との旅』(毎日新聞社刊)も発行、映画のその後が綴られている。

バリアフリー上映』と題した聴覚障害者用日本語字幕と音声ガイド付上映も実施された。音声ガイドは映画プリントに直接音声トラックを焼き付けたフィルムで、他に日本語字幕版フィルムも上映となった。

全国59スクリーン(以降順次公開)での小規模公開ながら、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第1位になるなど40-70代を中心に非常に高い評価を受けている。また仲代達矢のリアルな演技にも絶賛が相次いだ[1]。 淡島千景が出演した最後の映画となった。

あらすじ[編集]

北海道増毛郡増毛町に暮らす元漁師の老人・忠男は妻に先立たれ、同居する孫娘・春の世話がなくてはならない生活を送っていた。だがある日、春は給食づくりの職を廃校によって失い、東京で職を探そうと考える。しかし足の不自由な忠男を一人暮らしさせるわけにもいかず、二人は忠男の身の置き場所を求めて宮城県の各地(姉茂子:鳴子温泉/弟道男:仙台市内[JR仙台駅前での撮影あり])などに住む親類を訪ねる旅に出る。しかし、これまで身勝手に生きてきた忠男の人生が浮かび上がってくるばかりだった。春は母を自殺で亡くしていたが、最後に母と離婚した父の許を訪ねようと春が提案する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作・脚本・監督: 小林政広
  • エグゼクティブプロデューサー: 與田尚志
  • プロデューサー: 紀伊宗之 小林直子
  • アソシエイトプロデューサー: 脇田さくら、小林政広
  • 制作担当: 川瀬準也
  • アシスタントプロデューサー: 萩原直人
  • 音楽: 佐久間順平
  • 撮影監督: 高間賢治
  • 照明: 上保正道
  • 美術: 山﨑輝
  • 録音: 福田伸
  • 編集: 金子尚樹
  • 助監督: 石田和彦
  • 音響効果: 瀬谷満
  • 装飾: 鈴木隆之
  • 衣装: 宮本まさ江
  • ヘアメイク: 小沼みどり
  • 制作主任: 棚瀬雅俊
  • 企画: モンキータウンプロダクション
  • 製作: 『春との旅』フィルムパートナーズ(ラテルナ東映ビデオアスミック・エース毎日新聞社札幌駅総合開発北海道新聞社
  • 助成: 文化芸術振興費補助金
  • 制作: ラテルナ、モンキータウンプロダクション
  • 配給: ティ・ジョイ、アスミック・エース

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]