誘惑 (1990年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

誘惑』(ゆうわく)は、TBS系列で1990年4月13日から6月29日に「金曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。全12回。連城三紀彦の小説『飾り火』を原作とする。

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 最終回において、林隆三演じる藤家芳行が吉本隆明の『信頼』の一節を朗読しているシーンがある。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  • 第1回「家庭に生まれた秘密」
  • 第2回「家庭すてられる?」
  • 第3回「男友達との旅へ!」
  • 第4回「宿泊カードの謎!」
  • 第5回「あなたを壊す!」
  • 第6回「ピンクの手紙!」
  • 第7回「夏の日の恋!」
  • 第8回「家庭の破滅‼︎」
  • 第9回「妻の復しゅう(1)」
  • 第10回「妻の復しゅう(2)」
  • 第11回「妻の復しゅう(3)」
  • 最終回「妻の最期の決断」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
想い出にかわるまで
(1990.1.12 - 1990.3.30)
誘惑
(1990.4.13 - 1990.6.29)
都会の森
(1990.7.6 - 1990.9.14)