満月寺 (大津市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
満月寺
浮御堂
浮御堂
所在地 滋賀県大津市本堅田1-16-18
山号 海門山
宗旨 臨済宗
宗派 臨済宗大徳寺派
本尊 観音菩薩
開山 恵心僧都源信
正式名 海門山滿月寺
海門山満月寺
別称 浮御堂
札所等 江州三十三観音7番
文化財 重要文化財:聖観音坐像
登録有形文化財:山門、浮御堂、観音堂、茶室玉鈎亭
法人番号 1160005000961
テンプレートを表示

満月寺(まんげつじ)は、滋賀県大津市本堅田琵琶湖畔にある臨済宗大徳寺派寺院。山号は海門山(かいもんさん)。本尊観音菩薩。湖上に突き出る浮御堂で知られる[1]

歴史[編集]

平安時代に恵心僧都源信が琵琶湖から救い上げた阿弥陀如来を祀るため、湖上安全と衆生済度も祈願して建立したという。別名に「千仏閣」、「千体仏堂」とも呼ばれる。

現在の満月寺浮御堂1934年昭和9年)に室戸台風によって倒壊し、1937年(昭和12年)に再建されたもので、1982年(昭和57年)に修理が行われている。

歌川広重の「堅田落雁」で知られており、近江八景に選ばれている。

文化財[編集]

拝観情報[編集]

  • 開門時間:8:00 - 17:00
  • 駐車場:30台

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 参拝パンフレット
    • 『臨済宗大徳寺派 海門山満月寺浮御堂』 海門山満月寺。

寺院周辺[編集]

関連項目[編集]