大恋愛〜僕を忘れる君と

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
大恋愛〜僕を忘れる君と
ジャンル テレビドラマ
脚本 大石静
泉澤陽子
演出 金子文紀
岡本伸吾
棚澤孝義
出演者 戸田恵梨香
ムロツヨシ
富澤たけし
杉野遥亮
木南晴夏
小池徹平
黒川智花
夏樹陽子
草刈民代
松岡昌宏
エンディング back number
オールドファッション
製作
プロデューサー 宮﨑真佐子
佐藤敦司
放送分 54分
制作 TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年10月12日 - 12月14日
放送時間 金曜22:00 - 22:54
放送枠 金曜ドラマ (TBS)
回数 10
公式サイト

特記事項:
第1話・最終話は15分拡大放送(22:00 - 23:09)。
第2話は『バレーボール世界選手権』(19:00 - 21:52、55分延長)のため、55分繰り下げ(22:55 - 23:49)。
第6話は『キリンチャレンジカップ2018』(19:00 - 21:30)および『中居正広の金曜日のスマイルたちへ短縮版』(21:30 - 22:30)のため、30分繰り下げ(22:30 - 23:24)。

大恋愛〜僕を忘れる君と』(だいれんあい ぼくをわすれるきみと)は、2018年10月12日から12月14日まで TBS金曜ドラマで放送されたテレビドラマである。主演は戸田恵梨香、相手役にムロツヨシ、物語は脚本を手掛ける大石静の完全オリジナル[1]

撮影には引越業最大手のアートコーポレーション(アート引越センター)[注釈 1]が全面協力しており、ドラマ中の衣装や段ボール、車両は実際にアート引越センターで使われているものが使用されている[2]

あらすじ[編集]

KITAレディースクリニックに勤務する女医である北澤尚は激しい恋をしたことはないが、年上の医師である井原侑市との婚約が決まり、仕事もプライベートも順調な日々を過ごしていた。しかし結婚式まで1か月と迫り、新居へと引っ越すことになったある日、尚は引越のアルバイトで尚の自宅に来ていた元小説家間宮真司と運命的な恋に落ちる。尚と真司が本気の恋へと突き進もうとしていた時、尚が若年性アルツハイマー病の前段階とされる軽度認知障害(MCI)に侵されていることが判明する。次第に真司は尚の病や2人の出会いをきっかけに愛することの意味や喜びを感じていく。そして尚がいつか自分のことを忘れてしまうという恐怖を感じながらも、真司は2人の愛の日々を小説に綴っていくことを決める。

登場人物[編集]

※〈 〉内の年齢は第1話当時による。

主要人物[編集]

北澤尚(きたざわ なお) → 間宮尚(まみや なお)[注釈 2]〈34〉
演 - 戸田恵梨香
KITAレディースクリニックに勤務する産婦人科医。
大学医学部の准教授になる予定の井原侑市と婚約。侑市に恋愛感情はなかったものの、人生のパートナーとしてやっていけると確信していた。しかし、新居に引っ越す日に尚の自宅を訪れた引越アルバイトの間宮真司と運命の恋に落ちる。更に真司との恋に突き進んでいる頃から記憶に異常をきたす若年性アルツハイマー病に侵されてしまう。
一時は真司に別れを告げられ自殺を考えるほど落ち込んでいたが、9か月後に行きつけの居酒屋で彼と再会し、彼のプロポーズを受け入れて結婚した。
堂明大学の学生たちの前で自分の経験談を話すつもりだったが、ハウリングによる反射性失神を起こして中止になり入院する。その後、軽度認知障害(MCI)から若年性アルツハイマー病に進行していると侑市から宣告された。
真司から子どもが欲しいとの要望に対して自身の病気で子どもを悲しませたくない想いで一時は断ったが、考えを改めて子どもを作るようにし、出産して恵一と名付けた息子を持つようになる。
間宮真司(まみや しんじ)〈41〉
演 - ムロツヨシ [3]
小説家。生まれてすぐに捨てられたため親の顔は一切知らない。神社に捨てられていて、宮司の「宮」と児童養護施設の園長の姓、間山の「間」からこの名になった。
デビュー作『砂にまみれたアンジェリカ』がベストセラーになったものの、次作で酷評され次第に世間から忘れ去られ、引越のアルバイトで生計を立てていた。小説家に復帰後も、アップルパイを届けたり木村に悩みを相談したりする等で引越のアルバイト先に訪ねている。
元々他人を信じない性格で本気で人を愛したことがなかったが、引越のアルバイトのために訪れた家の住人である北澤尚に惹かれ恋に落ちる。
尚に別れを告げたあと本格的に小説を執筆し、9か月後に『脳みそとアップルパイ』を出版して大ヒットさせる。その後、行きつけの居酒屋で侑市に尚の自身に対する気持ちを伝えられ、侑市と入れ替わりで尚が来て久しぶりに再会し、プロポーズを彼女に受け入れられて結婚し、マンションに引っ越した。
担当編集者の水野から『脳みそとアップルパイ』の映画化を提案された際に、もう一度一から執筆し直すことを伝えた。『もう一度 第一章から』のタイトルで新聞連載を始め、後に本を出版して大ヒットさせる。尚の病気が進行して記憶がなくなる前に、彼女と息子の恵一と一緒に一軒家に引っ越した。

井原家[編集]

井原侑市(いはら ゆういち)〈40〉
演 - 松岡昌宏[4]
アルツハイマー病の最先端研究に邁進する堂明大学附属病院のエリート精神科医。
派遣先のワシントンから帰国後に尚と婚約。価値観が似ている尚が気に入り、准教授になることをきっかけに身を固めようと決意する。しかし、結婚式の1か月前に尚から婚約破棄を突然言われてしまう。尚が若年性アルツハイマー病に侵されていることを知った後も主治医として支えていく。
薫の相談相手になってからお互いに好意を持つようになり、彼女と結婚した。
井原千賀子(いはら ちかこ)〈64〉
演 - 夏樹陽子
有名なウェディングドレスデザイナーであり、侑市の母。
優秀な精神科医である侑市を溺愛している。侑市の婚約者である尚を気に入っているが、尚の病気のことを知り、彼女と別れるように進言する。
侑市のマンションに入った際に息子から薫と結婚すると告げられ、自宅に戻った後はショックで泣き続けた。
井原誠一郎(いはら せいいちろう)
演 - 橋爪淳
有名な建築家であり、侑市の父。
侑市に泣き崩れる薫の相手をするように電話したことで、侑市と薫が結ばれるきっかけを作る。

KITAレディースクリニック[編集]

北澤薫(きたざわ かおる)[注釈 3]〈55〉
演 - 草刈民代
尚の母で、KITAレディースクリニック院長を務める産婦人科医。
早くに夫を亡くし、尚を女手ひとつで育ててきた。尚が侑市との婚約を一方的に破棄し、真司との恋に走ってしまったことを知り猛反対していたが、最終的に許す。それでも若年性アルツハイマー病に侵されてしまった尚を懸命に支える。
侑市に悩みを相談するようになってから次第に好意を持つようになり、彼のプロポーズを受けて結婚した。
沢田柚香(さわだ ゆずか)〈34〉
演 - 黒川智花
小学校から高校まで尚と同じ学校で過ごした親友。バツイチで子持ち。
尚に誘われKITAレディースクリニックの受付で働くことになる。
石田ミル(いしだ みる)
演 - 小篠恵奈(第3話まで出演)
KITAレディースクリニックの受付。
尚の発症による体制変更に伴い、薫に紹介された銀座のクリニックへ移る。

真司の引越バイト仲間[編集]

木村明男(きむら あきお)〈45〉
演 - 富澤たけし
真司がアルバイトをしている引越会社の先輩(チームリーダー)。
気立てがよく、尚との恋に思い悩んでいく真司の良き相談相手になり、尚との恋を陰ながら応援していく。尚と真司の結婚式当日に、真司の強い要望により急遽牧師を務める。
小川翔太(おがわ しょうた)〈24〉
演 - 杉野遥亮
真司・木村と同じ引越会社に勤める若手スタッフ。
木村と同じように真司を陰ながら応援していく。

その他[編集]

山ちゃん(居酒屋店長)
演 - 永野宗典
大衆酒場「晩杯屋」の店長。
ちはる(居酒屋店員)
演 - 岸明日香
大衆酒場「晩杯屋」の店員。
店長から妊娠していることを否定し続けたが、後に出産した。その後も同じ居酒屋で働いている。
水野明美(みずの あけみ)
演 - 木南晴夏[5](第5話から出演)
真司が大ヒットさせた小説『脳みそとアップルパイ』の担当編集者。使用している手帳の色は紫[注釈 4]
その後も真司の担当編集者としてマネージメントを行い、『脳みそとアップルパイ』の続編や映画化を彼に提案するなどしている。
松尾公平(まつお こうへい)
演 - 小池徹平[7](第6話から出演)
尚と同じ若年性アルツハイマー病を患う保育士。主治医は尚と同じく侑市が担当する。仕事柄子供には優しく、人に対して気さくに接し笑顔を振りまく、真司曰く「キラースマイル」の持ち主。病気の発覚で妻には離婚され、職場での仕事は失いかけている。
同じ病の患者・尚の存在を知って急速に接近し、彼女が経験談を語るイベントの準備を、前年に同じイベントを行った経験者としてアドバイスするなどして友人関係になる。その会場で失神し入院した彼女に、真司になりすましキスをした。侑市の学生が撮影した尚の経験談の映像より、会場で意図的にハウリングを起こし尚の失神を誘発したことが判明する。
真司や侑市に尚を自分のものにすることを宣言するなど彼女への執着をあらわにしてゆく。やがて、真司とケンカをしてマンションを出た尚を捕まえ、彼女に睡眠薬入りの飲み物を差し出し眠らせて一緒に心中しようとする。しかし、尚は眠ったふりをしただけで未遂に終わり、彼女に諭されて別れる決心をした。
間宮恵一(まみや けいいち)
演 - 加藤斗真(第9話から出演)
尚と真司の息子。

ゲスト[編集]

第1話
黒田あや(くろだ あや)
演 - 室井佑月[8]
KITAレディースクリニックの患者。
尚のことは前からよく知っており、尚の結婚記念のお祝いにケーキを贈るが、尚は黒田のことを思い出せなかった。
渡部伸夫(わたべ のぶお)
演 - 長谷川朝晴
交通事故で運ばれて来た尚を検査した堂明大学附属病院の医師。
同期の侑市に尚のMRIを見せたことで、彼女の脳に軽度認知障害(MCI)の兆候があることを発覚する。
第3話
侑市の見合い相手
演 - 芹那、木村美穂(阿佐ヶ谷姉妹
第4話
梓澤レイ
演 - 桜井ユキ
侑市の見合い相手。
友部浩介
演 - 林泰文
厚生労働省 医政局 医事課 医師免許審議室職員。
畑野みどり
演 - 高橋ひとみ
KITAレディースクリニックの患者。
尚が侑市の診察室に入っていくところを見て、彼女が若年性アルツハイマー病であることをKITAレディースクリニックの電子掲示板に書き込み、炎上させた。
第5話
児玉教授
演 - 小木茂光
堂明大学附属病院で侑市の上司。
最終話
朝倉郁夫
演 - 岡本信人
『砂にまみれたアンジェリカ』に出てくる煙突の近くで開業している「朝倉診療所」の医者。
捜索番組を見て尚がいることを連絡した。
山森学部長
演 - 山田明郷
堂明大学学部長。
番組MC
演 - 辻よしなり
捜索番組のMCを務め、その番組に薫が出て尚の行方を訴えた。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[11][12] 脚本 演出 視聴率
第1話 10月12日 あなたを忘れない! 10年間の愛の物語…これは、神様がくれた最後の恋 大石静 金子文紀 10.4%[13]
第2話 10月19日 どんな君でも一緒にいたい! 最後にくれた愛の告白 10.6%[14]
第3話 10月26日 ひどい女でも好きなんだ! 貯金12万の俺にできる事 岡本伸吾 10.9%[15]
第4話 11月02日 運命の相手 09.6%[16]
第5話 11月09日 永遠の愛を誓う日…生きてて良かった…私幸せです 金子文紀 10.4%[17]
第6話 11月16日 新婚生活スタート! 絶好調の2人に忍び寄る影… 棚澤孝義 07.6%[18]
第7話 11月23日 あなたの子どもを生みたい! 夫婦の絆が深まる日 岡本伸吾 09.0%[19]
第8話 11月30日 悪魔の手から妻を救え! これが私たち夫婦の愛の形 大石静
泉澤陽子
金子文紀 08.5%[20]
第9話 12月07日 この毎日は奇跡だ! 妻を笑わせることが僕の仕事 大石静 岡本伸吾 10.0%[21]
最終話 12月14日 君には絶対、絶対、僕なんだ!これは神様がくれた最後の奇跡 大石静
泉澤陽子
金子文紀
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

反響[編集]

  • 第1話の無料見逃し配信視聴数は153万回を超え、TBSドラマの初回放送としては最高記録(2014年10月以降)となった[22]
  • 第2話の無料見逃し配信視聴数では160万回を記録。初回無料見逃し配信の再生数を超え、週末の2日間で100万回を突破した[23]

関連商品[編集]

  • “大恋愛”アップルパイ - アップルパイ専門店「グラニースミス」とのコラボ。尚と真司との出会いのシーンで登場したアップルパイ。2018年10月6日から12月14日までの期間限定販売[24]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 脚本の大石は2003年にアートコーポレーション創業者をモデルとしたTBSドラマ『あなたの人生お運びします!』を手掛けている。
  2. ^ 第7話からクレジット変更。
  3. ^ 結婚後もクレジット変更せず。
  4. ^ 木南が演じた『勇者ヨシヒコシリーズ』のムラサキ役にちなんで、持ち道具担当があえて用意した[6]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “戸田恵梨香:10月期連ドラでムロツヨシと“大恋愛” 脚本は大石静”. まんたんウェブ. (2018年7月26日). https://mantan-web.jp/article/20180725dog00m200055000c.html 2018年8月6日閲覧。 
  2. ^ “TBS10月期新ドラマ「大恋愛」 アート引越センターと異色コラボ 撮影に全面協力”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2018年10月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/01/kiji/20180930s00041000171000c.html 2018年10月1日閲覧。 
  3. ^ “ムロツヨシ、戸田恵梨香と10月連ドラで本格ラブストーリー「本当にOKされてるのか」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2116283/full/ 2018年8月6日閲覧。 
  4. ^ “松岡昌宏、戸田恵梨香から婚約破棄される精神科医に『大恋愛〜僕を忘れる君と』”. モデルプレス. (2018年8月17日). https://mdpr.jp/tv/detail/1786562 2018年8月17日閲覧。 
  5. ^ “木南晴夏、結婚後初のドラマ出演 ムロツヨシと現代劇「若干小っ恥ずかしい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2122642/full/ 2018年11月7日閲覧。 
  6. ^ “木南晴夏:「大恋愛」“ムラサキ”の手帳は狙いだった? “二枚目”ムロツヨシの印象は…”. まんたんウェブ (MANTAN). (2018年12月5日). https://mantan-web.jp/article/20181204dog00m200044000c.html 2018年12月5日閲覧。 
  7. ^ “小池徹平、『大恋愛』第2章のキーマンに 戸田恵梨香と1年半ぶり共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2122936/full/ 2018年11月7日閲覧。 
  8. ^ “室井佑月、TBS連ドラ初出演 戸田恵梨香と共演で感謝「緊張がほぐれました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2121179/full/ 2018年10月13日閲覧。 
  9. ^ “back numberが3年ぶりドラマ主題歌、戸田恵梨香×ムロツヨシの純愛ラブストーリー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月26日). https://natalie.mu/music/news/301156 2018年9月26日閲覧。 
  10. ^ “大建工業、連続テレビドラマで美術協力”. 北國新聞 (北國新聞社). (2018年10月17日). https://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20181017305.htm 2018年10月17日閲覧。 
  11. ^ Paravi 大恋愛〜僕を忘れる君と
  12. ^ 大恋愛〜僕を忘れる君とのあらすじ一覧”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年12月7日閲覧。
  13. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛〜僕を忘れる君と」初回視聴率は10.4%でスタート”. スポーツ報知. (2018年10月15日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181015-OHT1T50041.html 2018年10月15日閲覧。 
  14. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛」第2回は10.6%…初回から0.2ポイントアップ”. スポーツ報知. (2018年10月22日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181022-OHT1T50049.html 2018年10月22日閲覧。 
  15. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛〜僕を忘れる君と」第3回は番組最高の10.9%”. スポーツ報知. (2018年10月29日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181029-OHT1T50047.html 2018年10月29日閲覧。 
  16. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛〜僕を忘れる君と」第4話は9.6%…前回から1.3ポイント減”. スポーツ報知. (2018年11月5日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181105-OHT1T50054.html 2018年11月5日閲覧。 
  17. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛」第5話は10.4%で2ケタ回復”. スポーツ報知. (2018年11月12日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181112-OHT1T50111.html 2018年11月12日閲覧。 
  18. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛」第6話は7.6%…30分遅れで2.8ポイントダウン”. スポーツ報知. (2018年11月19日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181119-OHT1T50068.html 2018年11月19日閲覧。 
  19. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛」第7話視聴率は9.0%…前回から1.4ポイント上昇”. スポーツ報知. (2018年11月26日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181126-OHT1T50060.html 2018年11月27日閲覧。 
  20. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛」第8話視聴率は8.5%…前回から0.5ポイント減”. スポーツ報知. (2018年12月3日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181203-OHT1T50073.html 2018年12月3日閲覧。 
  21. ^ “戸田恵梨香主演「大恋愛」第9話視聴率は10.0%…最終回直前で4週ぶりの2ケタ”. スポーツ報知. (2018年12月10日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181210-OHT1T50062.html 2018年12月10日閲覧。 
  22. ^ 金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』初回無料見逃し配信でTBSドラマ歴代最高再生数を記録!!”. TBSホット情報. TBS (2018年10月19日). 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月20日閲覧。
  23. ^ 大恋愛~僕を忘れる君と 第2話の見逃し配信も初回超え! 週末2日で100万回突破”. まんたんウェブ (2018年10月26日). 2018年10月30日閲覧。
  24. ^ TBS系金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」とアップルパイ専門店「グラニースミス」がコラボ!「"大恋愛"アップルパイ」10月6日(土)より限定発売開始”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2018年10月5日). 2018年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
チア☆ダン
(2018年7月13日 - 9月14日)
大恋愛〜僕を忘れる君と
(2018年10月12日 - 12月14日)
メゾン・ド・ポリス
(2019年1月11日 - <予定>)