ずっとあなたが好きだった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ずっとあなたが好きだった
ジャンル テレビドラマ
脚本 君塚良一
演出 生野慈朗
加藤浩丈
桑波田景信
出演者 賀来千香子
布施博
宮崎ますみ
佐野史郎
中村久美
坂井真紀
高田敏江
橋爪功
野際陽子
オープニング サザンオールスターズ
涙のキッス
製作
プロデューサー 貴島誠一郎
制作 TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1992年7月3日 - 9月25日
放送時間 金曜日22:00 - 22:54
放送枠 金曜ドラマ (TBS)
放送分 54分
回数 13
テンプレートを表示

ずっとあなたが好きだった』(ずっとあなたがすきだった)は、1992年7月3日より9月25日まで毎週金曜日22:00 - 22:54に、TBS系列の「金曜ドラマ」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は賀来千香子

概要[編集]

ストーリーそのものは「昔の恋人と結ばれなかったヒロインが、マザコン男と結婚したが、夫やの身勝手な振る舞いに耐え切れなくなり、昔の恋人とヨリを戻す」というもの。当時のトレンディドラマ全盛時代においては、特にヒットする要素はないように思われたが、佐野や野際の強烈な演技が話題となり、じわじわと視聴率を上げた。

劇中で示された特異で極端なマザコン男性像は「冬彦さん現象」と言われる一大ブームを作り、初回は13.0%しかなかった視聴率は、最終回では34.1%をマーク。1992年の民放連続テレビドラマの中で最高視聴率となった。しかし、前半の回の数字が低く、初めて20%以上を記録したのが第8話であったため(第8話以降は全話20%以上を記録)、全体の平均視聴率は20%に届かなかった。「マザコン」「冬彦さん」は、この年の流行語に選ばれた。流行語大賞の授賞式には佐野と野際が出席している。

このような視聴率の推移を辿るドラマ(うなぎ登り型作品)は稀なケースであり、特に近年では「先行逃げ切りキャスト重視」となっているため、最終回の視聴率が初回の2倍を超えるのは非常に珍しい。1977年以降のビデオリサーチの現行の視聴率調査下においては、本作の他には、『3年B組金八先生(第1シリーズ)』(1979年)『家なき子』(1994年)『星の金貨』(1995年)『イグアナの娘』(1996年)『マルモのおきて』(2011年)『家政婦のミタ』(2011年)『半沢直樹』(2013年)『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)の8本しか存在しない。番組制作者サイドとしては、うなぎ登り型は、大衆の熱狂的な支持を得た「最高の勝利」であると言える。その証左として、本作においては、君塚、貴島、そして佐野にとってこのドラマが大出世作となり、その後の活躍の礎となった。また、主題歌のサザンオールスターズ涙のキッス」も大ヒットし、サザンとしては初のミリオンセラーを記録した。

一方で、本作をきっかけに、テレビドラマではそれまでタブーとされていた過激な暴力描写、描写を持ち込むことが流行となり、その流れは「高校教師」「悪魔のKISS」「同窓会」「家なき子」などに受け継がれ、1990年代前半のドラマ界の主流となったことは否めない。

1992年12月の年末の夕方には、「ずっとあなたが好きだった総集編」が5日連続で90分枠で放送され、全13話の名場面が再編集され放送された。翌年1993年には「誰にも言えない 総集編」が2日連続2時間枠で放送されるなど、以後、年末にその年にTBSでヒットした連続ドラマの総集編あるいは全話を一挙再放送することが恒例となるさきがけとなった。

このドラマ放送から数年後、当時のプロデューサー貴島が編成部長時代に、日本テレビ土屋敏男編成部長(当時)と対談した際「最初はロミオとジュリエットみたいな話にするはずだった」点と、「もともと冬彦はマザコンではなかったが、冬彦が指に血を出した際、母親役の野際が口で止血するアドリブを見て、急遽マザコンキャラに変えた」と述懐している。

また後年、君塚が自著で「自分は愛についてのドラマを書いたつもりである」「佐野が評判になったため、当初作っていたプロットから大幅に変更し脚本を書き直して冬彦の出番を増やした」と述べている。

一方、佐野は冬彦を演じるにあたって犯罪を題材に取った作品が多い劇作家山崎哲の戯曲や論文を参考にしたと自著で回想しており、冬彦を語る上で欠かせないを歪めて「んん~」と唸り声を発する演技も佐野が当時生後間もなかった長女・八雲のぐずる声を自宅で聞いて考案したものである[1]。また、「桂田冬彦」という役名は貴島が当時電通の局長だった桂田光喜(後の電通副社長。2007年逝去)と自分の上司である田代冬彦(のちTBS編成局長で秋野暢子の元夫)から拝借して名付けた。なお、貴島は佐野と田代が「劇団シェイクスピア・シアター」創立時代からの友人であることを知らずに命名していた[2]。そして、布施が演じた「大岩洋介」の役名は、君塚が古くからの親友である大岩賞介から命名したものである。

当ドラマについて語られる際に「冬彦が木馬に乗りながら「んん~」と唸っていた」と数々のテレビ番組やラジオ番組、インターネット掲示板などで懐古されているが、これは完全な誤りである。冬彦が「んん~」と唸るシーンが登場するのは第4話・第8話・第9話だけであり、木馬が登場したのは後の第11話である。この時、木馬に乗っていた冬彦はおぞましさの余りに身震いして「あああ!」とは叫んだものの、唇を歪めたり唸り声を発したりは一切していない。

佐野と野際はその後も何度か貴島作品で共演しているが、2人が親子役で共演したのは今作と「長男の嫁(第2シリーズ)」のみである。

2013年6月11日に放送された「もてナイ!伝説だらけの大ヒットドラマSP」では佐野と賀来がスタジオにゲスト出演[3]して、野際と布施のVTRを交えて冬彦さん誕生の舞台裏が公開された。この番組で上述の木馬が実はリハーサル時には登場予定がなく、本番収録時にスタッフが一方的に用意したため佐野が急遽乗ることにしたことや、冬彦の自宅で大岩が美和を奪還するシーンで佐野自身がヒートアップしたことにより、本来は机を叩くはずが流血してしまうほどリモコンを何度も額に叩きつけるアドリブを行い、それがそのままオンエアで使用されたエピソードなどが明かされた。また放送はされなかったが、同番組収録後にTBS砧スタジオ近くの寿司屋で同番組のプチ企画として当ドラマの同窓会が佐野と賀来、プロデューサーの貴島の3人で行われた[4]

また、2013年10月期に放送されたドラマ「ダンダリン」(日本テレビ、主演:竹内結子)では、佐野と賀来がレギュラーで共演、布施も最終話でゲスト出演している。

登場人物[編集]

主人公[編集]

西田(大岩) 美和
演 - 賀来千香子
宮城県仙台市出身。高校生の頃にマネージャーをしていたラグビー部の大岩と交際していたが、高校3年の七夕の夜初めて二人だけで松島旅行に出かけ朝帰りした後、それを知った大岩を追っかけしていた同級生が自殺。
その際に遺書に逆恨みが書かれており濡れ衣を着せられ、大岩との仲を壊された過去を持つ。この事件は近所で知らない人がいないほど有名になってしまう。東京の短大を卒業後、新高輪プリンスホテルの結婚式場に就職。
29歳で父の強引な勧めで、桂田冬彦と見合い結婚をするが、同時期に大岩と再会。冬彦との結婚生活にギャップを感じたこともあり、心が揺れる。のちに冬彦の子を妊娠していたことを承知で離婚。大岩と再婚した。

主人公の関係者[編集]

大岩 洋介
演 - 布施博
美和の高校の同級生で元恋人。高校時代はラグビー一筋でその推薦で大学に進み卒業後、サントス建設[5]実業団のラグビーチームで活躍していたが、バブル経済崩壊で会社が傾いたためチーム解散の憂き目に遭う。
大岩は美和との事件の後、美和に電話や手紙を出していたが美和の父が間に入って取り合わずに焼き捨てるなどしていたため、その事実を美和が知るのは結婚後のことだった。美和との復縁の為、交際していた律子に別れを告げるが、律子の自殺未遂などで窮地に立たされる。しかし紆余曲折を経て、ついに美和と結ばれる。典型的なスポーツマンで大雑把で少々、無頓着な面が見られる。
中井 律子
演 - 宮崎ますみ
大岩の所属するチームのマネージャー。基本的には明るく、さっぱりした性格だが、結婚の約束をしていた大岩との破局を受け入れることが出来ず、妊娠したと嘘をついた挙げ句、自殺未遂騒動を起こしてしまう。チーム解散の後、海外赴任を引き受け、大岩の元を去って行った。
桂田 冬彦
演 - 佐野史郎
東京大学出身[6]でエリート銀行員。美和を深く愛しているが、マザコン的な性格を始め、様々な性癖が元で結婚生活がうまく行かず、大岩と再会した美和から離婚を切り出され、嫉妬から嫌がらせを展開したこともある(現在のストーカーの概念に通じる言動が、随所に見られる)。
物語中盤、仕事で会社に損害を与えるミスをしてしまい、銀行を退職。その後、消費者金融会社(現在のヤミ金融系と思われる)に就職した。
母親とのトラブルの直後、離婚を承諾。
亡くなった冬彦の父が西田のお菓子が好物で冬彦は子供の頃に店を訪れたことがありその時から美和に恋心を抱いていた。のちに見合いで再婚することになる。

桂田家[編集]

桂田 悦子
演 - 野際陽子
冬彦の母。夫は銀行員だったが冬彦が小さい時に死別している。女手ひとつで息子を育てたこともあり、非常にプライドが高く、厳格な性格。しかし息子に対しては非常に甘く溺愛しており、息子のため西田家への切り札を振りかざすこともある。
物語終盤、美和との離婚を決めた冬彦との言い争いの末、冬彦に刺されてしまう。

西田家[編集]

西田 春子
演 - 高田敏江
美和の母。心優しく美和の理解者ではあるが、夫・常雄には逆らえない。
西田 常雄
演 - 橋爪功
美和の父。仙台で和菓子屋を経営。美和を気に掛けてはいるが、店の経営資金融資が、桂田家の口添えであることから、美和の離婚・大岩との復縁を認めることが出来ない。
娘の高校時代の事件を裏切りだと感じており、その以降信用していなかったが、物語終盤、大岩と和解した。

中井家[編集]

中井 健治
演 - 小沢仁志
律子の兄。妹を自殺未遂に追い込んだ大岩を憎悪する。

北野家[編集]

北野 知子
演 - 中村久美
美和の友人。結婚生活に悩む美和の良きアドバイザーだが、自身の流産でショックを受けたこともある。
北野 啓一
演 - 明石家さんま友情出演・第5話ゲスト)
知子の夫。

美和たちの後輩[編集]

浅井 なつみ
演 - 坂井真紀
美和たちが通っていた高校の生徒。幸治の子供を妊娠してしまい、悩むが後に産むことを決断。
佐藤 和也
演 - 長澤ユキオ
高田 幸治
演 - 川原永詩(現・田辺誠一
浅井なつみの彼氏。美和たちが通っていた高校のラグビー部所属。恋人・浅井なつみの妊娠に動揺し、洋介に相談。
小説版では、両親に勘当された設定。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
VOL.1 1992年7月03日 危険なお見合結婚 生野慈朗 13.0%
VOL.2 1992年7月10日 セックスしない夫 13.9%
VOL.3 1992年7月17日 氷の微笑 加藤浩丈 15.3%
VOL.4 1992年7月24日 妻の過去は許さない! 14.1%
VOL.5 1992年7月31日 涙の誕生日 桑波田影信 17.4%
VOL.6 1992年8月07日 離婚裁判 生野慈朗 18.1%
VOL.7 1992年8月14日 ビデオテープの告白 15.7%
VOL.8 1992年8月21日 性生活の不一致 桑波田影信 20.5%
VOL.9 1992年8月28日 悪夢の妊娠 23.8%
VOL.10 1992年9月04日 人形の家 生野慈朗 20.6%
VOL.11 1992年9月11日 姑の罠 桑波田影信 22.3%
VOL.12 1992年9月18日 冬彦の狂気 生野慈朗 29.6%
最終回 1992年9月25日 NO SIDE! 34.1%
平均視聴率 19.9%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

脚注[編集]

  1. ^ 「もてナイ!伝説だらけの大ヒットドラマSP」(2013年6月11日放送、TBS)より。
  2. ^ 「テレビがくれた夢 貴島誠一郎×佐野史郎 その2」(TBSチャンネル、2013年制作)
  3. ^ 番組内では「賀来千香子&佐野史郎 20年ぶりの再会」「バラエティ初共演!」と紹介されたが、実際はドラマ共演などで何度も再会しており、バラエティ番組でも2001年に「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ)でゲスト共演を果たしているため、これらの紹介は完全な誤りである。
  4. ^ 「橘生堂」2013年6月7日「雑記帳は、「オー!ファーザー」の撮影、オールアップ!! そのほかいろいろ……」
  5. ^ サントス建設はその後1994年に貴島がプロデュースした「私の運命」にも同名の企業が登場している。
  6. ^ 冬彦の名前の元になった当時TBSプロデューサーの田代冬彦も東京大学出身である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
愛はどうだ
(1992.4.17 - 1992.6.26)
ずっとあなたが好きだった
(1992.7.3 - 1992.9.25)
十年愛
(1992.10.16 - 1992.12.25)