ダブル・キッチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダブル・キッチン
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 吉田秋生
桑波田景信
伊佐野英樹
北川雅一
脚本 西荻弓絵
出演者 山口智子
高嶋政伸
横山めぐみ
坂井真紀
佐野史郎
野際陽子
伊東四朗
音声 ステレオ放送
連続ドラマ
放送時間 金曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1993年4月16日 - 6月25日(11回)
プロデューサー 貴島誠一郎
オープニング プリンセス・プリンセスだからハニー
スペシャル
放送時間 日曜21:00 - 22:54(114分)
放送期間 1994年1月2日(1回)
プロデューサー 貴島誠一郎
テンプレートを表示

ダブル・キッチン』は、1993年4月16日から6月25日まで、TBS系で毎週金曜日21:00 - 21:54に放送された日本のテレビドラマ

概要[編集]

二世代住宅の難しさとそこに巻き起こるドタバタ騒動を、ホームドラマチックにコミカルに描く、当時ホットな話題であった嫁姑同居を取り上げた連続ドラマである。

主演の山口智子高嶋政伸は、本作の前年に日本テレビで放送された『いとこ同志』でも夫婦役でダブル主演を務めた。しかし、『いとこ同志』は1桁台の低視聴率(初回15%)で終わっていたため、TBSプロデューサーの貴島誠一郎が本作の企画を出した際に編成からかなりの反発を受けたという。このため、「『いとこ同志』は高嶋を前面に押し出していたため、今度は山口を前面に押し出す」という条件で編成を説得して本作を実現させた[1]。この結果、平均視聴率は22.3%、最終回視聴率は30.7%(ビデオリサーチ・関東地方調べ)を記録するなど高視聴率を記録し、1990年代のTBSドラマを代表する作品の一つとなった。

番組最後に、山口智子演じる都が、部屋にある物に当たり散らしたりする様子と、野際陽子演じる真知子が鼓を打つ様子が交互に登場するシーンが、ドラマ内での嫁姑関係を象徴するシーンとして毎回登場することが恒例となっていた。この演出は後の『トリプル・キッチン』『地獄の沙汰もヨメ次第』(共に江角マキコ主演)にも引き継がれている。

1992年に同局で放送され大ヒットとなった『ずっとあなたが好きだった』(賀来千香子主演)の貴島誠一郎がプロデューサーを務めた作品で、姑役は『ずっとあなたが好きだった』と同じく野際陽子である。前作の陰険な姑とは変わり、明るくちょっとおせっかいな姑を演じた。後に同局で放映される『長男の嫁シリーズ』(浅野ゆう子主演)や『理想の結婚』(常盤貴子主演)、『地獄の沙汰もヨメ次第』(江角マキコ主演)でも、同様のキャラクターの姑役を演じている。また佐野史郎も『ずっとあなたが好きだった』での異常な性格の役柄から変わり、頼りないキャラクターを演じている。

1994年1月2日日曜日)21:00 - 22:54には、本作のスペシャル番組『ダブル・キッチンお正月スペシャル 花岡家ハワイに行く 壮絶バトル!ハワイ産玉のれんと鼓初登場』が放送された。スペシャルには、布施博がこの年の1月から放送開始となっていた『スウィート・ホーム』のPRのため出演し、賀来千香子も特別出演した。

1993年8月16日に全4巻でVHSソフトが発売されて以降、映像ソフト化が実現していなかったが、2007年4月25日にDVD-BOXとして発売された。

あらすじ[編集]

キャリアウーマンの都(山口智子)は保険会社に勤務する忍(高嶋政伸)とスキューバダイビングで知り合って結婚をすることになり、忍の両親の啓三(伊東四朗)・真知子(野際陽子)夫妻、二人の妹の静(横山めぐみ)、るみ(坂井真紀)と二世帯住宅で同居することになった。現代的な嫁である都と古風な姑である真知子はことあるたびに対立し、そこに妹の静の夫で売れないミュージシャンの寺田ユウノスケ(佐野史郎)が加わり、問題はさらに複雑化していくが、都と忍の間に長男が誕生し、都が子育てと仕事の両立をしなければならなくなった頃より、都と真知子が和解していくようになる。

キャスト[編集]

花岡家[編集]

花岡都
演 - 山口智子
忍の妻。結婚後は忍の家族と同居する事に。
花岡忍
演 - 高嶋政伸
都の夫。
花岡静
演 - 横山めぐみ
忍の妹。ユウノスケの妻。
寺田ユウノスケ
演 - 佐野史郎
静の夫。職業は売れないミュージシャンで収入が安定しない為花岡家で暮らす。
花岡るみ
演 - 坂井真紀
忍の妹で大学生。
花岡真知子
演 - 野際陽子
忍の母。常に和服を着こなす良妻賢母だが、「女性は結婚したら家庭に入るべき」という考えの持ち主のため、結婚後も仕事を続ける都をよく思っていない。
花岡啓三
演 - 伊東四朗
花岡家当主。会社員だったが第5話で定年退職した。

その他[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

連続ドラマ
話数 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1ラウンド(第1話) 1993年4月16日 嫁姑決戦は金曜日 吉田秋生 18.7%
第2ラウンド(第2話) 1993年4月23日 葬式はダイハード 17.5%
第3ラウンド(第3話) 1993年4月30日 姑VS.母覚悟しいや 桑波田景信 19.6%
第4ラウンド(第4話) 1993年5月07日 地獄の家族旅行 21.0%
第5ラウンド(第5話) 1993年5月14日 おやじ最後の日 吉田秋生 20.9%
第6ラウンド(第6話) 1993年5月21日 ダブル離婚の危機 伊佐野英樹 22.9%
第7ラウンド(第7話) 1993年5月28日 嫁姑ガマンの限界 吉田秋生 20.2%
第8ラウンド(第8話) 1993年6月04日 優柔不断夫に天罰 22.8%
第9ラウンド(第9話) 1993年6月11日 嫁姑おせち対決! 北川雅一 24.0%
第10ラウンド(第10話) 1993年6月18日 嵐を呼ぶ初孫誕生 19.1%
最終ラウンド(最終話) 1993年6月25日 W鼓の乱打!!嫁姑涙の別れ 吉田秋生 30.7%
平均視聴率 22.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
スペシャル
放送日 サブタイトル 演出
1994年1月2日 お正月スペシャル〜花岡家ハワイに行く〜 吉田秋生

関連商品[編集]

  • ダブル・キッチン DVD-BOX(TCエンタテインメント、2007年4月25日発売)
  • 「誰にも言えない」「ダブル・キッチン」「ずっとあなたが好きだった」オリジナル・サウンドトラック(EMIミュージック・ジャパン、1993年9月17日発売)

脚注[編集]

  1. ^ 『テレビがくれた夢 貴島誠一郎×佐野史郎 その2』(TBSチャンネル2013年制作)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 金曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
愛するということ
(1993.1.8 - 1993.3.19)
ダブル・キッチン
(1993.4.16 - 1993.6.25)
イエローカード
(1993.7.2 - 1993.9.24)