立石涼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たていし りょうこ
立石 涼子
本名 立石 凉子
別名義 立石 凉子(旧芸名)
生年月日 (1951-12-04) 1951年12月4日
没年月日 (2020-08-02) 2020年8月2日(68歳没)
出生地 日本の旗 日本 長崎県長崎市
死没地 日本の旗 日本 東京都
身長 160 cm
職業 女優声優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1974年 - 2020年
所属劇団 演劇集団 円1976年 - 2014年
事務所 シス・カンパニー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
北の国から
星の金貨
GTO
備考
身長160cm 体重57kg
テンプレートを表示

立石 涼子(たていし りょうこ、1951年12月4日 - 2020年8月2日)は、日本女優声優。本名及び旧芸名、立石 凉子(たていし りょうこ)[1]

長崎県長崎市出身。シス・カンパニー所属。文学座研究所を経て演劇集団円に所属し、蜷川幸雄演出作品の常連として活躍。名脇役として映画やドラマなど映像作品にも幅広く出演した[2]

来歴・人物[編集]

長崎県立長崎南高等学校卒業。文学座附属演劇研究所を経て、1974年劇団雲の研究生となる。1975年、劇団雲の分裂で円・演劇研究所に移り、1976年演劇集団 円の団員に昇格する。1996年には文化庁海外研修制度によりロンドンへ1年間留学、エコール・フィリップ・ゴーリエ演劇学校等にて学ぶ。

活動の中心は主に舞台。『欲望という名の電車』『三人姉妹』など、また蜷川幸雄演出作品や劇団ナイロン100℃の作品などにも出演し、出演作は多方面に亘る。2004年には『エレファント・バニッシュ』『ビューティークィーン・オブ・リーナン』での演技により第39回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。立石凉子ワークショップを開催し、後進の指導にもあたる。

テレビドラマや映画など映像作品への出演に加え、声優として洋画や海外ドラマの吹き替えも担当している。

2012年、立石凉子から立石涼子に改名。2015年よりシス・カンパニーに所属。

2019年9月に体調を崩して肺がんと診断され、手術と投薬治療を経て、2020年4月のリーディング公演『ポルノグラフィ』への出演が予定されていたが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い公演延期となった。その後同年6月ごろより容体が悪化し、同年8月2日午前4時52分、肺がんのため東京都内の病院にて死去した[1]。68歳没。最後の出演舞台は2019年1月から2月に上演された『罪と罰』。撮影済みの未公開映画もある[2][3]。生涯独身。

葬儀は近親者のみにて営まれる[2][3]

特技は長崎弁、英会話。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 藤谷浩二 (2020年8月2日). “俳優の立石涼子さん死去 ドラマ出演や声の吹き替え”. 朝日新聞社. https://www.asahi.com/articles/ASN826K4YN82ULZU007.html?ref=tw_asahi 2020年8月2日閲覧。 
  2. ^ a b c “立石涼子さん死去 68歳、肺がんで”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年8月2日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200802/geo20080220440019-n1.html 2020年8月2日閲覧。 
  3. ^ a b “女優立石涼子さん死去、蜷川幸雄作品の常連 68歳”. 日刊スポーツ. (2020年8月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008020000955.html 2020年8月2日閲覧。 
  4. ^ CAST&STAFF”. Bunkamura25周年記念 皆既食〜Total Eclipse〜. Bunkamura. 2014年11月28日閲覧。
  5. ^ “脳みそ夫主演映画「くも漫。」キャスト写真公開、柳英里紗がヒロインの風俗嬢”. お笑いナタリー. (2016年11月1日). http://natalie.mu/owarai/news/207621 2016年11月1日閲覧。 

外部リンク[編集]