赤い秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤い秘密』(あかいひみつ)とは、1985年7月27日から9月28日まで、TBS系列で放送された連続テレビドラマのタイトルである。全10回。

概要[編集]

原作は山本有三原作の『真実一路』より。タイトルや内容は1970年代大映テレビが制作した『赤いシリーズ』に酷似しているが、制作会社は大映テレビではなく東映である為、『赤いシリーズ』には該当しない。

設定は(放送当時の)現代に置き換えられており、主役は女子高生のしず子となっている。

当時監督として本格的に活動しはじめていた長石多可男の初メイン監督作品でもある。長石は当時『電撃戦隊チェンジマン』の監督ローテーションに入っていたが、同番組を4ヶ月間休んで本作の制作にあたっている。

しかし、前作の『スーパーポリス』が低視聴率で3ヶ月半で打ち切られたので、そのつなぎ的なドラマだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

清華女子高に通っている。水泳部。不在の母に代わって家事全般もこなす。杉並区在住。
転校生。しず子のクラスメート。水泳部。自身としず子(実は異母姉妹)の出生の経緯に関して、しず子とむつ子を恨んでいる。
しず子と義夫の母。10年前に家を飛び出し、新宿のゴールデン街のようなところでスナックを開いている。
しず子の弟。小学5年生。母は死んだと聞かされている。
しず子と義夫の父。サラリーマン。しず子と血縁関係はないが実の娘同然に育てている。
清華女子高の教師。しず子とさなえの担任。水泳部顧問。
むつ子の弟。漫画家・イラストレーター。
むつ子の兄。和菓子屋を営んでいる。
むつ子の内縁の夫。大学の研究者。留守がち。
大越の婚約者。
清華女子高の教頭。
義平の家に督促にたびたび訪れる。
清華女子高の教師。大越の大学時代の先輩。
清華女子高の教師。
第6話ゲスト。水泳の対抗試合相手の女子高の指導者。
第6話ゲスト。大越の先輩で大学の水泳部の指導者。
大越を連行する刑事たち。
義平が入院する病院の医師。
義平が入院する病院の看護婦。
亡くなった田村さなえの両親。
病気に罹った義夫を診察する医師。
清華女子高の生徒。水泳部員。
隅田の研究に資金を提供する男性。
隅田の大学の後輩の一人。


主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1985年7月27日 母さん本当の事を教えて ちゃき克彰 長石多可男
2 8月3日 先生!!私を抱きしめて
3 8月10日 恐ろしい告白 鹿水晶子 馬場昭格
4 8月17日 招かざる客 ちゃき克彰 鷹森立一
5 8月24日 ライバルは先生の婚約者 長石多可男
6 8月31日 渡されたアパートの鍵
7 9月7日 父さん死なないで ちゃき克彰
保利吉紀
鷹森立一
8 9月14日 本当の母の姿 ちゃき克彰 新井清
9 9月21日 不吉な足音 ちゃき克彰
保利吉紀
鷹森立一
10 9月28日 母の遺書 ちゃき克彰 長石多可男
  • 最終回では谷川俊太郎の「朝のリレー」が引用されている。


TBSテレビ 土曜21時枠
前番組 番組名 次番組
赤い秘密