鷹森立一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかもり りゅういち
鷹森 立一
生年月日 (1925-10-31) 1925年10月31日
没年月日 (2011-12-21) 2011年12月21日(86歳没)
出生地 日本の旗 日本静岡県引佐郡三ケ日町(現・浜松市北区
職業 映画監督

鷹森 立一(たかもり りゅういち、1925年10月31日 -2011年12月21日)は、日本の映画監督静岡県引佐郡三ケ日町出身。

来歴[編集]

静岡縣立浜松第二中学校を経て、旧制静岡中学校卒業後、早稲田大学に進学。文学部芸術専攻科を卒業し、東映に入社[1]

東映東京撮影所にて助監督 (映画スタッフ)を務める。途中で肺結核に罹患して1年半休職を余儀なくされた時期もあったが、1964年映画君たちがいて僕がいた』で映画監督として初演出。以後は千葉真一主演の『太陽に突っ走れ』、『子守唄シリーズ』、『河内遊侠伝』、『やくざ刑事シリーズ』、『狼やくざ 殺しは俺がやる』、『ボディガード牙シリーズ』、『冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE-』や、『夜の歌謡シリーズ』(梅宮辰夫主演)などのメガホンを執る。

1960年代後半には東映制作のテレビ映画キイハンター』、『アイフル大作戦』などを手掛け、晩年までテレビドラマ演出を中心とした活動を続けていた。

2011年12月21日死去[2]。86歳没。

夫人は東條英機の三女。

作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚註[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]