太陽に突っ走れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太陽に突っ走れ
Dash to The Sun
監督 鷹森立一
脚本 池田雄一
原作 遠藤実 『太陽も笑っている』
出演者 千葉真一
十朱幸代
大原麗子
長門裕之
菅原謙二
東野英治郎
舟木一夫
こまどり姉妹
島倉千代子
音楽 遠藤実
主題歌 千葉真一 「太陽も笑っている」
撮影 西川庄衛
編集 長沢嘉樹
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1966年9月8日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

太陽に突っ走れ』(たいようにつっぱしれ、Dash to The Sun ) は、1966年日本映画主演千葉真一監督鷹森立一製作東映モノクロシネマスコープ、88分。

解説[編集]

2009年国民栄誉賞を受賞した作曲家遠藤実自叙伝『太陽も笑っている』を基にした作品[1]。作曲家になるという大きな夢を抱いて上京した青年・進藤孝 (遠藤) が、慣れない都会生活にもめげず、妻の優しい励ましに支えられながら初志を貫き、歌謡界に旋風を巻き起こすまでが描かれており、具体的な時期としてはミノルフォンの立ち上げに関わるまでの半生を映画化した[2]。主人公・進藤孝には千葉真一が扮し、困難にもめげず夢に向かって突き進む様を清々しく演じており、遠藤の作曲した主題歌挿入歌も歌っている。主な脇役として、一途に支える高村光枝に十朱幸代、一緒に盛り場で流しをする増田健吉に長門裕之、妹・さかえに大原麗子、実業家・山中に東野英治郎らが配役されている。遠藤は映画音楽も担当し、教え子や楽曲提供された舟木一夫こまどり姉妹島倉千代子北原謙二梶光夫一節太郎扇ひろ子三船和子らが出演した。キャッチコピーは「音楽に結ばれた若い恋!流れ湧く感動のヒットメロディー![3]」。

ストーリー[編集]

作曲家になることを目指し、新潟県から上京した進藤孝は、同じ夢を抱く増田健吉と一緒に盛り場で流しの歌手をしていた。そんな彼らにも一人二人とファンがついていき、そのなかに大衆食堂「ふじや」で働く高村光枝がいた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太陽に突っ走れ - KINENOTE”. 映画ライフログサービス KINENOTE. 2012年10月26日閲覧。
  2. ^ 太陽に突っ走れ”. 日本映画製作者連盟. 2012年1月18日閲覧。
  3. ^ 本作ポスターより。

外部リンク[編集]