中山正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中山正男(なかやま まさお、1911年1月26日1969年10月22日)は、日本の小説家実業家

北海道佐呂間町出身。専修大学法科中退。1933年陸軍画報社を設立、『陸軍画報』を発行。中国戦線従軍記『脇坂部隊』で知られ、戦争を鼓吹。戦後公職追放となり、のち新理研映画社社長、日本ユースホステル協会会長を務めた。小説「馬喰一代」で第26回直木三十五賞候補となる。同作は1951年、木村恵吾監督、三船敏郎主演で映画化、63年に三国連太郎主演で再度映画化、ほかにも映画化作品がある。

歌人小説家金子きみは義妹であり、『陸軍画報』の部下と結婚させている。

著書[編集]

  • 『支那の対日作戦計画 附・支那国防組織(対日作戦)要図』私家版 1937
  • 『防共北支建設論 資源と文化 附録・北支従軍記征野に祷る』陸軍画報社 1938
  • 『脇坂部隊』陸軍画報社 1939
  • 『一尺の土』陸軍画報社 1940
  • 『立正興亜論』高山書院 1941
  • 『馬喰一代』目黒書店 1951 のち春陽文庫 
  • 『馬喰一代 続』日本出版協同 1952
  • 『無法者』日本出版協同 1953
  • 『一軍国主義者の直言』鱒書房 1956
  • 『人間すとーぶ 臼井皎二の生活とその事業』東京書房 1958
  • 『赤い太陽』第一世論社 1959
  • 『にっぽん秘録 安藤明の生涯』文芸春秋新社 1963 「"敗戦日本"を守った男安藤明の生涯」サンケイ出版 1985
  • 『花をたむけてねんごろに 戦場に咲いた日本軍の人間愛』太平出版 1966
  • 『毒舌一代 大宅壮一を裸にする』太平出版社 1966
  • 『日本人ここに在り 南北アメリカ日系移民を訪ねて』太平出版 1967
  • 『安藤明 昭和の快男児日本を救った男』古川圭吾講談社出版サービスセンター 2003

参考[編集]

  • 日本人名大辞典

関連項目[編集]