砂塚秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

砂塚 秀夫(すなづか ひでお、1932年8月7日 - )は、日本俳優静岡県熱海市出身。旧芸名は砂塚 英夫。趣味は乗馬、特技は日本舞踊

来歴・人物[編集]

1952年、県立熱海高校から日本大学芸術学部演劇学科に入学。歌舞伎研究会に入り歌舞伎の主役を務めるなどし、同時に俳優の森繁久弥や舞踏の花柳寿楽らに師事する。大学卒業後、劇団民藝の研究所を経て、1958年俳優座養成所の第10期生となる。養成所卒業直前に岡本喜八監督に指名され、1961年に『顔役暁に死す』でデビュー[1]

歌舞伎を研究したこともあり、独特なセリフ廻しの味のある演技で三枚目から小悪党的な役柄まで存在感のあるバイプレーヤーとして映画テレビドラマで活躍する。特に岡本喜八監督作品の常連として、なくてはならない存在であった[1]。なお1973年には、自身の企画・製作・主演で映画『毘沙門天慕情』を東宝系で公開した。

1999年以降の動静は不明である[2]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 石橋春海 「砂塚秀夫」『伝説の昭和特撮ヒーロー 宣弘社全仕事』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2014年7月9日、57頁。ISBN 978-4-7747-5934-0
  2. ^ 不明権利者:さ行一覧”. 映像コンテンツ権利処理機構. 2018年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]