どぶ鼠作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どぶ鼠作戦
監督 岡本喜八
脚本 岡本喜八
製作 田中友幸
角田健一郎
音楽 佐藤勝
撮影 逢沢譲
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年6月1日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 独立愚連隊西へ
次作 やま猫作戦谷口千吉監督)
テンプレートを表示

どぶ鼠作戦』(どぶねずみさくせん)は、1962年6月1日に公開された日本映画。製作・配給は東宝モノクロ東宝スコープ

キャッチコピーは「壮烈痛快! 敵の要塞ぶっ飛ばせ!」「愚連隊魂! 暴れ鼠の野郎共」。

概要[編集]

独立愚連隊』『独立愚連隊西へ』に続く、『愚連隊シリーズ』の第3作。岡本喜八の印象では、一番当たった作品である。岡本喜八はシリーズ物は認めていなかったため愚連隊シリーズの最終作のつもりで作り、最後だと思っていろいろと盛り込んだところ東宝副社長の森岩雄には当初、愚作と酷評され、当たらないと言われたという。そのことを質問した手紙を出したところ後日、返事がきて「当ててくれてありがとう。たぶん当たったのは、あなたの肌とお客さんの肌合いが良かったのであろう。敢えて愚作と申したのは、複雑な話を複雑にお撮りになっているからで、古来、名作は、煮つめてみれば単純明快なものである。以後お気をつけください」と書かれていたという。千人ほどのキャパシティがあった渋谷東宝で初日六千八百人、二日目には七千人を超えるほど入った。[1]なお、東宝の興行的には『日本のいちばん長い日』が岡本喜八作品では一番当たった作品であった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

続・社長洋行記

参考文献[編集]

  1. ^ 岡本喜八・森卓也著『シネアストは語る3 岡本喜八』(1991年11月29日、風琳堂)42頁~44頁

外部リンク[編集]