若さま侍捕物手帖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若さま侍捕物手帖(わかさまさむらいとりものてちょう)は城昌幸の小説シリーズ。城の代表作の1つで、1939年(昭和14年)に第1作が書かれて以来、昭和40年代までに300篇を越える作品が書かれている。日本の推理小説で「5大捕物帳」と呼ばれる作品群[1]の1作とも評されている。

あらすじ[編集]

柳橋米沢町、隅田川沿いの船宿・喜仙(きせん)の二階座敷で、看板娘・おいとを相手に、日がな一日、酒を呑んでは居続ける“若さま”と呼ばれる侍。きりりとした男前だが、名前も身分も一切不詳。その若さまが、天下一品の直感の鋭さで、御用聞き遠州屋小吉が持ち込む怪事件をたちどころに解決する。

映画版[編集]

新東宝製作[編集]

東映製作[編集]

テレビドラマ版[編集]

『若さま侍捕物手帳』(関西テレビ、1959年)[編集]

1959年7月19日から、関西テレビ系で日曜20:30 - 21:00に放送された(関東地区は9月から同時刻→水曜22:00→月曜22:00で放送)。39話。主演・夏目俊二。提供は小西酒造で、『白雪劇場』の記念すべき第1作である。シナリオ陣の一人に藤本義一が名を連ねている。なお小西酒造は、後述の1973年版も提供する。

フジテレビ 水曜22時台前半枠
【当番組よりKTV制作枠&ドラマ枠
前番組 番組名 次番組
22:00-芸能スポット
22:10-天気予報
22:15-スポーツの話題
若さま侍捕物手帳
(1959年版)
(1959.10 - 1960.4)
軍歌
フジテレビ 月曜22時台前半枠
【当番組よりKTV制作時代劇枠
戦争
若さま侍捕物手帳
(1959年版)
(1960.6)
関西テレビ制作・フジテレビ系列 白雪劇場
(なし)
若さま侍捕物手帳
(1959年版)
風の武士

『若さま侍捕物帖』(日本テレビ、1967年)[編集]

1967年1月12日から1967年5月25日まで、日本テレビ系で毎週木曜20:00 - 20:56に放送された。17話。主演・六代目 市川新之助。本作終了後、同じスタッフ、主演で『遠山の金さん』が制作され、引き続き放送されている。

日本テレビ 木曜20時枠
前番組 番組名 次番組
若さま侍捕物帖
(1967年版)

『若さま侍捕物手帖』(関西テレビ、1973年)[編集]

関西テレビ制作、フジテレビ系列にて1973年5月6日から9月30日まで毎週日曜21:30 - 22:25に放送された小西酒造一社提供のテレビドラマである。主演・林与一。なお、後番組の『白雪劇場』からは日曜21:00(関西テレビ制作日曜夜9時枠)に移動し、2007年1月14日の『発掘!あるある大事典II』まで続くことになる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 ゲスト
第1話 1973年5月6日 阿弥陀像が笑ったぜ 城昌幸 柏木由紀子
第2話 1973年5月13日 獄門首が花を見た 勇み駒の伊三次:工藤堅太郎、おまさ:珠めぐみ
第3話 1973年5月20日 幽霊がいっぱい お艶:室生美紗子、忠五郎:山田吾一、七之助:立原博、伝三郎:葉桐次裕、お美代:桐生かほる
第4話 1973年5月27日 花嫁が消えちゃった 河合主膳:小瀬格、おいね:桜むつ子、仙吉:林啓二、お鈴:加藤真知子
第5話 1973年6月4日 父娘の情が囮になった 長次郎:戸浦六宏
第6話 1973年6月11日 江戸はガラクタの花盛り 弥右衛門:北沢彪、志津:早瀬久美、市村:多々良純、大槻玄蕃:川合伸旺
第7話 1973年6月18日 本所深川狸ばやし 光玄:桑山正一、いよ:三好美智子、伊介:真家宏満
第8話 1973年6月25日 細腕の殺し屋 呂八:谷啓、小りん:二本柳敏恵、茂吉:鳥塚しげき、越前屋:柳永二郎、蔦屋:浮田左武郎
第9話 1973年7月1日 俺達(おいら)の歌声聞いたかい 信太郎:峰岸隆之介、慶次:頭師佳孝、お光:西崎緑、染香:小林夕岐子
第10話 1973年7月8日 ダイヤモンドは生命奪り 小百合:司美智子、出羽守:犬塚弘、お神楽の安:小松政夫、山岡帯刀:十朱久雄田浦正巳
第11話 1973年7月15日 十手の鬼がゆく 生田直親 加代:葉山葉子
第12話 1973年7月22日 小鳥の消えた甲州路 池田一朗 織江:高田美和、直太郎:柴田侊彦、出羽守:夏川大二郎、又四郎:吉田潔
第13話 1973年7月29日 消される女 布勢博一 藩主・岡部:山本耕一、伊平:矢野間啓治頭師孝雄
第14話 1973年8月5日 嘘つき長屋 吉岡昭三 鬼源:ハナ肇、六三郎:人見きよし、お君:桂木美加、八公:安田伸
第15話 1973年8月12日 あの世からの落し物 河内山宗俊植木等、おとせ:高毬子、源次郎:清川新吾
第16話 1973年8月19日 江戸は恋風つむじ風 小滝光郎 敷島屋市兵衛:武藤英司、芳太郎:左とん平、お花:田中真規子
第17話 1973年8月26日 生きていた男 布勢博一 菊:青柳三枝子、河内左近:夏八木勲、佐久間主税:村井国夫
第18話 1973年9月2日 地獄に浮かんだ弁天首 岬騒七 半蔵:森次晃嗣、おちか:青木一子
第19話 1973年9月9日 怨霊寺の決闘 辻久一 三十郎:草薙幸二郎、喜之助:林啓二、お千代:小堀ふみ江、お清:藤江リカ逗子とんぼ
第20話 1973年9月16日 大江戸の黒い霧 小滝光郎 お栄:戸部夕子、相模屋:織本順吉
第21話 1973年9月23日 宝刀の首吊り 岬騒七 七生:甲にしき、結城伊織:砂塚秀夫
第22話 1973年9月30日 三つの謎の饗宴 喜平太:内田良平、村次:原万平、平戸屋:大町章二郎
関西テレビ制作・フジテレビ系列 白雪劇場
前番組 番組名 次番組
若さま侍捕物手帖
(1973年版)
大久保彦左衛門
(21:00 - 21:55)
関西テレビ制作・フジテレビ系列 日曜21:30 - 21:55枠
川端康成名作シリーズ
(21:30 - 22:25)
若さま侍捕物手帖
(1973年版)
白雪劇場
大久保彦左衛門
(21:00 - 21:55)
フジテレビ 日曜21:55 - 22:00枠
川端康成名作シリーズ
(21:30 - 22:25)
若さま侍捕物手帖
(1973年版)
【当番組まで関西テレビ制作枠】
【当番組までネットセールス】
スターはつらつ
【1時間繰り上げ】
【ここからフジテレビ制作枠】
【ここから関東ローカル
フジテレビ系列 日曜22:00 - 22:25枠
川端康成名作シリーズ
(21:30 - 22:25)
若さま侍捕物手帖
(1973年版)
【当番組まで関西テレビ制作枠】
ラブラブショー
(22:00 - 22:30)
【1時間繰り下げ】
【ここからフジテレビ制作枠】

『若さま侍捕物帳』(テレビ朝日 / 国際放映 / 前進座、1978年)[編集]

主演:田村正和

 

『若さま侍捕物帖 陰謀渦巻く江戸城大奥の秘密』(1991年1月2日、東映・テレビ朝日)[編集]

1991年1月2日に痛快娯楽時代劇スペシャルとして放映された。東映ANB製作

スタッフ[編集]

主なキャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]