網走番外地 望郷篇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
網走番外地 望郷篇
監督 石井輝男
脚本 石井輝男
出演者 高倉健
桜町弘子
杉浦直樹
田中邦衛
嵐寛寿郎
音楽 八木正生
撮影 稲田喜一
製作会社 東映東京
配給 東映
公開 日本の旗 1965年10月31日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億4780万円[1]
前作 続 網走番外地
次作 網走番外地 北海篇
テンプレートを表示

網走番外地 望郷篇』(あばしりばんがいち ぼうきょうへん)は1965年10月31日に公開された日本の映画である。監督石井輝男、主演高倉健東映製作。

概要[編集]

網走番外地シリーズ第3作目、1965年度興行収入ベスト10第4位。

ストーリー[編集]

かつて旭組の若衆だった橘真一が長崎に帰ってきた。橘は安井組のあくどさに腹を立て安井に重傷を負わせた。だが、今でも安井の嫌がらせは続き、執拗に仕事を妨害される旭組は苦しんでいた。そして、安井組は旭に重傷を負わせ、田所と橘の網走仲間の中田を殺した。橘は単身安井組に殴り込みをかけた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

関東破門状

キャスト[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)220頁