殺人狂時代 (1967年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
殺人狂時代
監督 岡本喜八
脚本 小川英
山崎忠昭
岡本喜八
原作 都筑道夫『飢えた遺産』
製作 田中友幸
角田健一郎
出演者 仲代達矢
団令子
音楽 佐藤勝
撮影 西垣六郎
編集 黒岩義民
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1967年2月4日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

殺人狂時代』(さつじんきょうじだい)は、1967年に公開された東宝製作の日本映画。白黒。

概要[編集]

もともとは日活で映画化されていた企画だったが、諸般の事情でボツとなり、権利を東宝が買い取って、岡本監督がシナリオに手直しを加えた上で1966年に製作・完成した。しかし、東宝上層部の判断により公開直前でお蔵入りとなり、翌年に特に宣伝もされずひっそりと公開された。併映には、あまり集客が見込めないドキュメンタリー作品(「インディレース・爆走」。監督:勅使河原宏)がつけられ、また、公開された時期が1年でもっとも映画館から客足が遠のく2月だったこともあり、結果として興行は東宝始まって以来の最低記録となった。岡本監督も非常に落ち込んだという。

1980年代リバイバル上映でようやく評価され、今なおカルト映画として人気がある。作中、現在では放送禁止用語に指定されている「きちがい」が飛び交うため、テレビで放送されることはほとんどない。WOWOWで放送された際には、その用語は消音処理された。

原作とは桔梗の設定や後半の展開が変えられており、溝呂木の扱いが大幅に膨らんでいる。ド近眼でマザコンで偶然のように敵を倒していく桔梗、奇抜なギミックを見せびらかしながら勝手に自滅していく殺し屋たち、という喜劇的対決を速いテンポで見せ、ブラックな殺しの場面にも明るいカンツォーネを流すなどのロマンティック・スリラーの趣向である。同じ原作は1980年代にNHK名古屋でラジオドラマ化された。桔梗=中尾彬、啓子=児島みゆき、ビル=せんだみつお。映画よりかなり原作に忠実だが、殺し屋たちが皆名古屋弁で登場する。

尚、劇中小松弓江の落下するビルの垂幕には『総天然色 絶体絶命 監督 谷口千吉 撮影快調』とあるが、本作『殺人狂時代」はクランクイン時点での最終稿での題名は『絶体絶命(仮題)』となっており、同じ都筑道夫原作の『国際秘密警察 絶体絶命』の題名で完成した谷口千吉作品への岡本のお遊びだったとも窺える。

ストーリー[編集]

精神病院を経営する溝呂木省吾(天本英世)の元を、かつてナチスで同志だったブルッケンマイヤーが訪れる。彼の所属する秘密結社は溝呂木の組織する「大日本人口調節審議会」への仕事依頼を検討しているという。「審議会」は人口調節のために無駄と判断した人間を秘密裡に殺すことを目的としており、溝呂木は入院患者たちを殺人狂の殺し屋に仕立て上げていたのだ。

ブルッケンマイヤーは仕事依頼へのテストとして電話帳から無作為に選出した3人の殺害を要求した。殺害対象の1人として指名されたのは犯罪心理学の大学講師 ・桔梗信治(ききょう しんじ、仲代達矢)。水虫に悩む冴えない中年男である。桔梗は自宅アパートで「審議会」の刺客である間淵という男に命を狙われるが、偶然にも返り討ちにしてしまう。警察にこの件を届けた桔梗だが、部屋に戻ると間淵の死体は消えていた。

桔梗はたまたま知り合ったミステリー記者の鶴巻啓子(団令子)、車泥棒の大友ビル(砂塚秀夫)と共に、桔梗を狙う「審議会」の刺客達と対決することとなる。一方、ブルッケンマイヤーの言動に不審を抱いた溝呂木は彼を拷問し、目的が桔梗1人であること、その背景には大戦中に紛失したダイヤモンド「クレオパトラの涙」が絡んでいることを探り出す。

命を狙われる桔梗は幸運に恵まれて次々刺客を返り討ちにするが、啓子が溝呂木に捕らわれてしまう。啓子を救出する決意を固め、命懸けの闘いをする桔梗とビル。その桔梗の前に遂に溝呂木が現れ、驚くべき事実を告げる。8歳の頃、少年使節としてナチスの支配するドイツへ渡った桔梗は、滞在中に負傷した肩にダイヤを縫い込まれていたのだ。啓子が捕らわれる病院に同行した桔梗は、溝呂木との一対一の決闘に挑む。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]