劇団民藝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社劇団民藝
The Mingei Theatre Company.
外観
外観
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
215-0035
神奈川県川崎市麻生区黒川649-1
設立 1959年3月
業種 サービス業
代表者 代表取締役 奈良岡朋子
資本金 16496千円
外部リンク http://www.gekidanmingei.co.jp
特記事項:2013年12月現在の指標。同月現在の所属劇団員は164名。
テンプレートを表示

株式会社劇団民藝(げきだんみんげい、英:The Mingei Theatre Company. )は、神奈川県川崎市麻生区に本拠を置く新劇団のひとつ「劇団民藝」を運営する企業。

概要[編集]

東京芸術劇場1945年12月14日結成、1947年3月に分裂)にいた滝沢修が中心となって1947年、東京芸術劇場の脱退メンバーの森雅之らと新協劇団にいた宇野重吉が参加して結成された民衆芸術劇場(第一次民藝ともいう)を前身とし、1950年宇野重吉滝沢修北林谷栄などによって創立された劇団。特に宇野は終世劇団の顔として牽引役を果たした。

1959年に法人化し、株式会社劇団民藝による運営形態となった。

現在の劇団代表は奈良岡朋子。法人役員は、奈良岡が代表取締役、常勤・非常勤の監査役が1名ずつ(2013年12月時点)で構成されている。

歩み[編集]

民衆芸術劇場(第一次民藝)[編集]

劇団民藝(第二次)[編集]

1950年12月22日劇団民藝として、創立された。第1回公演はチェーホフの『かもめ岡倉士朗演出)』。翌1951年には『炎の人-ゴッホ小伝三好十郎作)』が上演された。

その後、久保栄木下順二らの創作劇からアーサー・ミラーの『セールスマンの死』、F&Aハケット『アンネの日記』、サルトルの『汚れた手』などの翻訳劇まで数多くの作品を上演し、新劇界の中心的役割を果たす劇団として多くの人々に親しまれている。 日活1954年映画製作を再開した際、五社協定により他社の映画俳優を一切使えなかったため民藝と提携。一般作品の制作を断念する1971年にかけて多くの俳優が日活映画に出演している。

1971年には内部で対立が起こり、佐野浅夫佐々木すみ江下條正巳鈴木瑞穂らが退団。

2005年から2006年には、奈良岡朋子が無名塾仲代達矢との共演で、『ドライビング・ミス・デイジー』を上演している。

主な劇団員[編集]

過去に所属していた俳優[編集]

外部リンク[編集]