大殺陣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大殺陣
監督 工藤栄一
脚本 池上金男
出演者 里見浩太郎
平幹二朗
音楽 鈴木静一
撮影 古谷伸
編集 堀池幸三
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1964年6月3日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

大殺陣』(だいさつじん)は、1964年日本映画

実録タッチの作風による「集団抗争時代劇」というジャンルを確立した1963年の映画十三人の刺客』の脚本家池上金男と監督・工藤栄一による時代劇である。

4代将軍・家綱の弟である甲府宰相綱重の謎の死にヒントを得たオリジナルストーリーである。

題名は当時、東映京都撮影所所長だった岡田茂によるもの[1]

ストーリー[編集]

延宝6年(1678年)、4代将軍・家綱の治世。大老酒井忠清は家綱の弟である甲府宰相綱重を後継として擁立し、天下を我が物にしようと企む。しかし、それを阻もうと軍学者山鹿素行は一党を組織し、綱重の暗殺を計画する。

妻・加代と幸せに暮らしていた書院番・神保平四郎は友人・中島外記をかくまったことから謀反を企む一味と見なされ捕縛される。何とか逃げ出した平四郎は偶然出会った旗本・浅利又之進の屋敷にかくまわれる。加代の安否を確認しようと出かけた平四郎に山鹿素行の姪・みやが近づく。加代が斬り殺されたことを知り、復讐しようとする平四郎をみやは必死に止める。そして、下っ端の役人を斬ったところで何も変わらない、巨悪を倒さなくてはならないと諭し、仲間の星野友之丞の家に平四郎を連れて行く。星野と話をするうちに、平四郎も仲間に加わることを決める。

山鹿素行が仲間を集め、暗殺計画を伝える。刺客は平四郎の他に星野、日下仙之助、別所隼人、渡海八兵衛、助七のみである。倒すべき相手は酒井だが、警護の厚い酒井を討つのではなく、酒井の計略の要となる綱重を暗殺する方が効果的であり、酒井も自分ではなく綱重が狙われているとは思っていないため、その隙を狙うというのが素行の計画であった。

決行当日、平四郎らは綱重の一行を計画通りに吉原の門内におびき寄せることに成功する。しかし肝心のところで臆した渡海の裏切りにより計画は失敗する。平四郎ら刺客たちは綱重を討つことが出来ないまま死ぬ。

九死に一生を得た綱重を、素行らの計画に気付いた酒井と腹心の部下である大目付北条氏長が見舞いに訪れる。笑いながらその場を立ち去ろうとする一行の姿と、無惨に殺された平四郎の姿を見た浅利は怒りに震え、衝動的に綱重に斬りかかる。突然のことに慌てふためく一行を相手に、浅利は綱重と氏長を討ち果たすが、多勢に無勢、あえなく斬り殺される。

その様子を素行は複雑な思いで遠巻きに見つめる。一方、自らの計略の要である綱重を失った酒井は、狂ったように綱重は死んでいないと叫び続ける。

登場人物[編集]

神保平四郎(じんぼ へいしろう)
演 - 里見浩太郎
書院番。巻き込まれる形で一党に加わる。
神保加代(じんぼ かよ)
演 - 三島ゆり子
平四郎の妻。謀反を企む一味と間違われ連行される平四郎を追いかけたところを斬り殺される。
星野友之丞(ほしの とものじょう)
演 - 大坂志郎
暗殺の指揮を執ることになった貧乏御家人。暗殺決行の前夜、累が及ばぬようにと妻子に手をかける。
星野たよ(ほしのたよ)
演 - 赤木春恵
友之丞の妻。
日下仙之助(くさか せんのすけ)
演 - 山本麟一
小出治兵衛の配下だったが正気を失い、自分こそが酒井を討てると信じ込み、役に立たないとして小出を売る。
僧となった後に、みやに誘われたことで一党に加わる。その際にみやを犯す。
暗殺実行の直前にもみやに言い寄るが、拒まれたことで怒りに任せてみやを絞め殺す。
別所隼人(べっしょ はやと)
演 - 河原崎長一郎
刺客の1人。亡き兄の亡骸を受け取りに堂々と評定所に乗り込む。
渡海八兵衛(とかい はちべえ)
演 - 稲葉義男
刺客の1人。素行の部下。
助七(すけしち)
演 - 砂塚秀夫
刺客の1人。
浅利又之進(あさり またのしん)
演 - 平幹二朗
世捨て人のような生活をしている旗本。逃げて来た平四郎をかくまう。
岡部源十郎(おかべ げんじゅうろう)
演 - 成瀬昌彦
一党の頭だが気弱な性格から仲間を裏切ろうとしたため平四郎に斬られる。
瀕死のところを氏長に拾われ、首謀者が山鹿素行であることを告げて死ぬ。
山鹿素行(やまが そこう)
演 - 安部徹
軍学者。綱重暗殺の首謀者。氏長の元弟子。
山鹿みや(やまが みや)
演 - 宗方奈美
素行の姪。平四郎を一党に誘う。
岡部を味方に引き止めるために身体を預けるが岡部の裏切りを知ると平四郎に斬らせる。
行動を共にするうちに平四郎に想いを寄せるようになる。
 
北条氏長[2](ほうじょう うじなが)
演 - 大木実
大目付。酒井の腹心。敵対する一派を容赦なく粛清する。
素行より年下[3]だが師であった。
酒井忠清(さかい ただきよ)
演 - 大友柳太朗
大老。綱重を将軍に据え、自らは摂政となって天下を我がものにしようと企む。
徳川綱重(とくがわ つなしげ)
演 - 可知靖之
甲府宰相。将軍・家綱の弟。
堀田正俊(ほった まさとし)
演 - 原田甲子郎
若年寄。酒井と敵対関係にあり、謀反の疑いをかけられるが実証がないとして役職に戻る。
林甚兵衛(はやし じんべえ)
演 - 加賀邦男
氏長の配下。
 
中島外記(なかじま げき)
演 - 尾形伸之介
平四郎の友人。平四郎を巻き込むきっかけとなる。
小出治兵衛(こいで じへえ)
演 - 春日俊二
五十人組組頭。謀反を企んだとして捕らえられ尋問される。
配下の日下仙之助に売られて殺される。
新見但馬守(にいみ たじまのかみ)
演 - 堀正夫
立田川(たつたがわ)
演 - 園佳也子
遊女。脚本では、逃げてきた助七を匿う心意気を見せるも、捕方が追っていたのは岡部と判り「タダ乗り客」として助七を叩き出す(劇中では全削除)。

製作・エピソード[編集]

撮影技法[編集]

設定・テーマ[編集]

集団による戦いには「60年安保」の影響があるとされる。

作品の評価[編集]

興行収入[編集]

評論家のレビュー[編集]

受賞歴[編集]

後の作品への影響[編集]

DVDリリース・派生作品[編集]

1995年10月21日VHSビデオが発売され、2013年1月11日に、DVD(レンタル)化された。セル版は、2016年3月9日発売。

参考文献[編集]

  1. ^ 春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文藝春秋、2013年、191頁
  2. ^ 実在の北条氏長はこの映画の舞台の8年前、寛文10年(1670年)に没している。
  3. ^ 史実では北条氏長の方が年上である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]