鈴木静一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木静一
Seiichi Suzuki.jpg
基本情報
生誕 1901年3月16日
出身地 日本の旗 日本東京府
死没 (1980-05-27) 1980年5月27日(79歳没)
ジャンル クラシック音楽
映画音楽
歌謡曲
職業 作曲家
担当楽器 オルガン
マンドリン

鈴木 静一(すずき せいいち、1901年3月16日 - 1980年5月27日)は、日本の作曲家

人物[編集]

東京府出身。幼時よりオルガン謡曲に親しんだ。イタリア人声楽家アドルフォ・サルコリマンドリン作曲を師事し、作曲家・マンドリニストとして活動を開始した。1927年には「オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ」主催の第1回マンドリンオーケストラ作曲コンクールで『空』が1位なしの2位を獲得し、翌年の第2回コンクールでも『北夷』が1位なしの2位を獲得した。このころ新交響楽団常任指揮者ヨゼフ・ケーニヒより指揮法を、声楽家ヘルマン・ヴーハーペニヒより和声を学んだ。

戦中・戦後には黒澤明監督の『姿三四郎』を始めとする数多くの映画音楽や流行歌を手掛け、マンドリン音楽界から遠ざかった。しかし1966年頃からマンドリン界に復帰し、その死にいたるまでの十数年間に数多くのマンドリンオーケストラ曲を作曲した。

妻は歌手の平井英子

主な作品[編集]

管弦楽[編集]

  • 管弦楽組曲「蝦夷」(1934年)
  • 綺想曲「日月潭の歌」(1939年)

マンドリンオーケストラ[編集]

  • 組曲「山の印象」(1924年、1965年改訂)
  • 黎明序曲(1925年、1972年改訂)
  • 祝典序曲(1926年、1968年改訂)
  • 「田園風景」〜黄昏と夜の祭(1927年、1969年改訂)
  • 狂詩曲「海」(1927年、1970年改訂)
  • 交響詩「北夷」(1928年、1966年改訂)
  • 組曲「樺太の旅より」(1930年、1967年改訂)
  • 綺想曲「日月潭の歌」(1952年、1966年改訂)
  • カンタータ・レクイエム(1966年)
  • 抒情組曲「蝦夷」(1966年)
  • 芭蕉の句と広重の絵による幻想曲「富士旅情」(1966年)
  • ヴェルレーヌの詩に寄せる三楽章(1966年)
  • 「スペイン」第一組曲(1966年)
  • 幻想曲「ボルガ」(1967年)
  • 交響的大幻想曲「シルクロード」(1967年)
  • 「スペイン」第二組曲(1967年)
  • 劇的序楽「細川ガラシャ」(1968年)
  • 交響詩「失われた都」(1968年)
  • 「スペイン」第三組曲(1968年)
  • 楽詩「雪の造型」(1968年)
  • 交響譚詩「火の山」(1969年)
  • 音楽詩「柳河抄」(1969年)
  • 大幻想曲「幻の国」〜邪馬台(1970年、1972年改訂)
  • 悲愴序曲「受難のミサ」(1970年)
  • 音楽詩「美しき川長良」(1970年)
  • 交響詩「比羅夫ユーカラ」〜北征の史(1970年)
  • 交響詩「維新の陰に」~皇女和宮(1971年)
  • 組曲「鐘の港」(1972年)
  • 組曲「パゴダの舞姫」(1974年、1975年改訂)
  • 交響詩「月の変容」(1975年)
  • 交響詩「天草キリシタン」(1977年)
  • バリのガメラン(1977年)
  • 民話のふるさと「遠野郷」(1980年)

音楽物語(マンドリンオーケストラとナレーション、独唱・合唱など)[編集]

  • 音楽物語「人魚」(1966年、1968年改作)
  • アンデルセンの童話による音楽物語「氷姫」~氷の精に魅せられたルディ(1968年)
  • アンデルセン童話による物語音楽「マッチ売りの少女」(1969年)
  • 長谷雄卿絵巻による音楽物語「朱雀門」(1969年)
  • 音楽物語「アリババと40人の盗賊」(1971年)
  • 音楽物語「死者と貴姫」~二上山古墳にまつわる物語(1972年)
  • 平家物語「西海の挽歌」(1972年)
  • 音楽物語「雪の女王」(1975年)

映画音楽[編集]

歌謡曲[編集]

文献[編集]

  • 鈴木静一没後15年記念演奏会実行委員会『鈴木静一 そのマンドリン音楽と生涯』

外部リンク[編集]