深作欣二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふかさく きんじ
深作 欣二
本名 深作 欣二
生年月日 1930年7月3日
没年月日 2003年1月12日(満72歳没)
出生地 茨城県緑岡村
死没地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1961年 - 2003年
配偶者 中原早苗1965年 - 2003年
著名な家族 深作健太(長男)

深作 欣二 (ふかさく きんじ、1930年〈昭和5年〉7月3日 - 2003年〈平成15年〉1月12日) は、日本映画監督脚本家。愛称はサクさん茨城県緑岡村出身。茨城大学教育学部附属中学校水戸第一高等学校日本大学芸術学部卒業。

妻は女優の中原早苗。長男は映画監督の深作健太

生涯[ソースを編集]

1953年(昭和28年)に東映へ入社。

1961年(昭和36年)、千葉真一の初主演作品となる『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』で監督デビュー。千葉とはこののち17作品でコンビを組み、ヒットを連発していく[1]。千葉を主演に据え置き演出した映画『風来坊探偵シリーズ』『ファンキーハットの快男児シリーズ』、1966年(昭和41年)の映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』は、テレビドラマキイハンター』 (1968年 - 1973年) の土台となった作品で、『キイハンター』の企画にも関わり、第1,2,157,158,178話を演出した[2][3][4]。日米合作映画『トラ・トラ・トラ!』の日本側監督を黒澤明が降板したため、後任となった舛田利雄から懇願され共同監督を引き受けたりしていたが、当時の深作は創りたい映画を東映になかなか認めてもらえず、東映に籍を置きながらにんじんプロダクション國光影業の共作映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』を監督していた[5]

1973年(昭和48年)から公開された『仁義なき戦いシリーズ』は邦画史に残るヒットを記録。映画『柳生一族の陰謀』『復活の日』『魔界転生』『蒲田行進曲』『里見八犬伝』『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『バトル・ロワイアル』など、発表する作品の多くが大ヒット・話題作となった。テレビドラマでは前述の『キイハンター』ほか、『傷だらけの天使』、『必殺シリーズ[注釈 1]』、『影の軍団II』などを演出している。

1997年(平成9年)、紫綬褒章受章[6]2002年(平成14年)にはカプコンのプレイステーション2用ゲームソフト『クロックタワー3』のイベントCGムービーの監督を務め(モーションキャプチャ収録)、これが撮影終了まで関わった最後の作品となった。

2002年9月25日。前立腺ガン脊椎転移を公表し[6]、『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』の製作を発表。副作用による男性機能の低下を懸念し、抗癌剤の投与を拒んだ。[要出典]12月16日からクランクインするが、21日にがんの骨転移の痛みから、放射線治療のため予定より2日早く入院。23日に定期の放射線治療、29日に体力の低下による風邪から肺炎を併発、31日に自力呼吸が困難になり、人工呼吸器を装着し、一時危篤状態になった。2003年1月初頭、小康状態に回復。5日に同作のプロデューサーで息子の深作健太が監督を代行することとなった。7日、東映の社長である岡田茂と健太が会見。岡田は深作を2月初頭に復帰させたいと説明するが、11日の夕方から容態が悪化。妻の中原早苗と健太、菅原文太[6]、健太から連絡を貰った渡瀬恒彦藤原竜也[7]、らが臨終に立ち会い12日の午前1時、死去。72歳没。

1月16日の午後、築地本願寺で葬儀・告別式。ロサンゼルスから駆けつけた千葉真一[1][8]、菅原文太がそれぞれ弔辞を述べた[8][9]。弔問客にはビートたけし梅宮辰夫緒形拳津川雅彦富司純子三田佳子藤真利子渡哲也小林稔侍永島敏行風間杜夫平田満・藤原竜也・安藤政信八名信夫前田愛前田亜季竹内力高岡早紀薬師丸ひろ子夏木マリ宮本真希柴咲コウ加藤夏希南果歩渡辺えり子松田美由紀美輪明宏山田洋次崔洋一降旗康男沢井信一郎奥山和由[8]ファンら約1,100人参列し、ジョン・ウーなど弔電は約1,000通あった。[要出典]会場では『仁義なき戦い』『蒲田行進曲』『バトル・ロワイアル』のテーマ曲や、深作の好きな越路吹雪の「バラ色の人生」、THE BLUE HEARTSの「1001のバイオリン」が流された[8]。2月7日に勲四等旭日小綬章を追贈され、1シーンしか撮れなかった遺作『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』は健太とともに監督としてクレジットされている。

作風[ソースを編集]

アクション映画ヤクザ映画以外でも、『柳生一族の陰謀』『魔界転生』などの時代劇、『火宅の人』『おもちゃ』のような文芸、『ガンマー第3号 宇宙大作戦』『宇宙からのメッセージ』『復活の日』などのSF、『忠臣蔵外伝 四谷怪談』のようなホラー映画、と幅広い作品を残している。文芸作品に取り組んでも「文芸アクション」と呼ぶ深作にとって、荒唐無稽やウソの物語をいかにリアルに仕上げるかを真骨頂にし、そのような作品では実に楽しそうに撮っていた[10]。 「いい監督にとって、役者は単なる色、絵の具でしかないという感じがするときがある。僕はそれは違うと思う。どんなに日にちがかかろうと、金が掛かろうと、芸術映画ならばいいという巨匠もいるが、僕は映画を衰退させたのは、そういう巨匠にも責任があると思う」と語ったことがある[6]

日本のみならず世界でも封切り公開されており、クエンティン・タランティーノジョン・ウーらは崇拝していることを明言している。全作品のうち『ファンキーハットの快男児』『おもちゃ』以外のすべての作品で人が死ぬシーンが描かれており、死について生涯こだわり続けたことが伺える。戦争という巨大な暴力を体験したことで「暴力を描くことで暴力を否定しよう」という考えが根底にあり、決して暴力を肯定していた訳でなく、だからこそ様々な批判を受けても最後まで作風を変えなかった。「私も戦中派のしっぽにぶら下がっているが、今の人間のありようには、エネルギーのようなものが感じられない。平和は結構なことだが、その中で人間が衰弱してしまっているのではないか」と最後の作品でも暴力描写にこだわり、闇市の中で自ら体験した「生きることへの希望」を、再び現代社会に訴えようとした[6]

人物[ソースを編集]

深作作品には欠かせない存在だった千葉真一にとって[11]、深作はかけがえのない師匠であり盟友だった[1][10]。千葉が1990年代からハリウッドに挑戦していた時に「(千葉が)まだ独りでロサンゼルスに住んでいたころにわざわざ来てくれてね。そのころまだ自炊をしていたので、自分で作った料理を食べてもらったんです。『おい、いつの間にこんなに料理がうまくなったんだ(笑い)』って言われましたよ。滞在中は映画の話をたくさんしました」と述懐している[1][10]。千葉はインタビューの際、最も尊敬する映画監督である深作を世界で活躍してほしかったこともあり、キンジ・フカサクと敬意をこめて呼んでいる[12]

干されていた室田日出男、大部屋でくすぶっていた川谷拓三志賀勝らを抜擢し、ピラニア軍団として知らしめた[4]福本清三は「監督は大部屋俳優の名前を覚えてくれず、『そこ』、『おい』程度でしか呼ばれないが、深作監督はわしら大部屋俳優でも名前で呼んでくれた」と証言している[13]。初めて東映京都撮影所で演出した際には殺陣師・擬斗師がいるにも関わらず、自ら殺陣擬斗を細かく指示し、福本ら大部屋俳優のシーンにも綿密にリハーサルをしたので大部屋俳優たちに驚かれた[13]。映画の打ち上げ時に福本は「スターさんにあまり言わないで、なぜわしら(大部屋俳優)に細かく指示するのか? 自分たちは撃たれる時も殺される時も、かっこよくできる」と思わず質問[13]。深作は「(大部屋俳優には)台本も渡されてないから、なぜ殺されるのか、殺された後、組がどうなるか、状況や背景を説明してるんだよ。映画はスターだけじゃなく、映っているみんなが主役なんだ。スターさんがどんなに一生懸命でも、スクリーンの片隅にいる奴が遊んでいたら、その絵は死んでしまう。だから同じ子分でも、それぞれが個性を出して殺されてほしいから、うるさいだろうけど、細かく指示を出すんだよ」と諭した[13]。福本は「この人、ただもんでないわ」と唸り、それまで大部屋俳優として幾度となく殺されてきたため、慣れ・自信・奢りがあったかもしれないと、反省したという[13]。福本はこれ以降、与えられた役をとにかく一生懸命にやろうと転機になったと述べている[13]

漫画好きで知られ、晩年には町山智浩のインタビューで、「スラムダンク」と「ザ・ワールド・イズ・マイン」が好きだと発言していた。[14]又、深作健太によれば、晩年は「エヴァンゲリオン」を絶賛し、ドラゴンアッシュを愛聴していたという。

苗字をなぞらえて「深夜作業組」と呼ばれるほどテストやリハーサルが長く[15]、映画『ファンキーハットの快男児』から始めた手持ちカメラはその後の数々の作品で導入され[6]、ストップモーションやナレーションを効果的に使った作品を生み出してきた[16]。時に脚本を変えてしまうことから、映画『仁義なき戦い』では笠原和夫 から監督登用に拒まれたこともあった[注釈 2]

自主製作的なことは一切行わなず、門下の中田新一は著書『奔れ!助監督』で、監督は自分の金を映画に一銭も出してはいけないと教えられたと記している。どうしても撮りたい企画があった場合は、東映の外で出資してくれるプロダクションを探すという姿勢だった。その関係で、1970年前後に共産党系のプロダクションで何本か監督しているが、党員ではなく特にシンパ活動的なことも行っていない。『仁義なき戦い』などはむしろ山田和夫ら共産党系の評論家に叩かれたぐらいである。

作品[ソースを編集]

※は脚本兼。☆は脚本のみ。★は編集兼。*は構成兼。

映画[ソースを編集]

テレビ[ソースを編集]

ドラマ
ドキュメンタリー

演劇・ゲーム[ソースを編集]

演劇
ゲーム

監修[ソースを編集]

出演[ソースを編集]

受賞[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 第一作の必殺仕掛人の他、続編の企画に参加し中村主水を生む。
  2. ^ 深作は一切、脚本に手を入れないことを約束している[17]

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d “千葉真一インタビュー <日曜のヒーロー> - 第355回”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2003年3月30日). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2003/sun030330.html 2011年11月13日閲覧。 
  2. ^ 千葉流 サムライへの道、140 - 141頁。
  3. ^ 菅原文太、ほか「映画監督 深作欣二の軌跡」、『キネマ旬報 臨時増刊』第1380号、キネマ旬報社2003年、 154頁。
  4. ^ a b 千葉真一、深作欣二の初監督の怒号に驚いた”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月27日). 2012年12月5日閲覧。
  5. ^ 黒田邦雄「ザ・インタビュー 千葉真一」、『KINEJUN キネマ旬報』第1655巻第841号、キネマ旬報社、1982年8月1日、 131頁。1982年、8月上旬号。
  6. ^ a b c d e f “「仁義なき戦い」シリーズの深作欣二監督が死去”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2003年1月13日). オリジナル2003年2月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20030206060523/http://www.nikkansports.com/jinji/2003/seikyo030113.html 2014年10月31日閲覧。 
  7. ^ 「『仁義なき戦い』の役者インタビューII 渡瀬恒彦」『追悼! 菅原文太 仁義なき戦い COMPLETE』 金箱隆二川田修TOWN MOOK〉(原著2015年1月10日)、83頁。ISBN 4197103964
  8. ^ a b c d 深作監督通夜、来ては困る女優の名前”. ZAKZAK (2003年1月16日). 2015年10月12日閲覧。
  9. ^ 千葉真一、見参!”. 加瀬健治のブログ. 楽天ブログ (2014年10月30日). 2014年10月31日閲覧。
  10. ^ a b c 深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」」、『アサ芸+』、徳間書店、2012年11月29日2013年1月1日閲覧。
  11. ^ 必殺4 恨みはらします”. 東映チャンネル. 2013年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月6日閲覧。
  12. ^ 千葉流 サムライへの道、132頁。
  13. ^ a b c d e f 福本清三、小田豊二 『どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役・福本清三』 集英社2001年11月30日、211 - 215頁。ISBN 4420310030
  14. ^ 故・深作欣二監督インタビュー【ウエイン町山のモンドUSA2003年2月配信】、2016年8月11日
  15. ^ 西郷輝彦「現場が凍った萬屋錦之介と深作欣二の衝突」」、『アサ芸+』、徳間書店、2012年12月7日2013年1月1日閲覧。
  16. ^ 「仁義なき戦い」40年目の壮絶秘話(1)「顔のシワ作り」に励んだ松方」、『アサ芸+』、徳間書店、2012年11月28日2012年11月29日閲覧。
  17. ^ 深作欣二「仁義なき戦い」の脚本に一目惚れ」、『アサ芸+』、徳間書店、2012年12月25日2013年2月2日閲覧。

著書・参考文献[ソースを編集]

著書
参考文献

外部リンク[ソースを編集]