必殺! III 裏か表か

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
必殺! III 裏か表か
監督 工藤栄一
脚本 野上龍雄
保利吉紀
中村勝行
製作 山内久司
櫻井洋三
出演者 藤田まこと
鮎川いずみ
村上弘明
京本政樹
柴俊夫
笑福亭鶴瓶
三田村邦彦
松坂慶子
音楽 平尾昌晃
主題歌 三井由美子「やがて愛の日が」
撮影 石原興
編集 園井弘一
配給 松竹
公開 日本の旗 1986年5月24日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億7500万円[1]
前作 必殺! ブラウン館の怪物たち
次作 必殺4 恨みはらします
テンプレートを表示

必殺!III 裏か表か』(ひっさつ! スリー うらかおもてか)は、1986年に公開された松竹株式会社・朝日放送・京都映画撮影所(現・松竹撮影所)の制作の映画である。監督は工藤栄一

設定はテレビシリーズ『必殺仕事人V・激闘編』の後日談となっている。

キャッチコピーは「人が人を殺す だが 今は、金が人を殺す」、「神も仏も頼みにならず この世の恨みはこの世で晴らす―仕事人一同」。

概要[編集]

金に支配された江戸社会に翻弄されながらもそれに対決していく中村主水の姿を描いた作品となっている。娯楽に徹していた前2作とは違い、物語が進むに連れて重く暗く陰惨な展開になっていくのが特徴で、監督を務めた工藤の意向から、TVシリーズにおいて優れた体力や能力を発揮していた仕事人たちが敵方の刺客たちに多数に無勢で苦戦する演出が多く見受けられ、竜、壱、参は本作で最期を遂げている。

真砂屋によって、また不名誉を恐れる奉行所の上役達によって次第に心身共に追い詰められていき、黒幕のことを悟った主水は、「昼行灯」の面影も既になく枡屋に殴りこみ、枡屋に拷問を制止する筆頭同心田中に「てめえは黙ってろ!」と怒鳴る。このように裏の姿を顕にしたような演出となっており、本作のタイトルである『裏か表か』は、主水には「裏の姿も表の姿も区別がつかない」という意味を表現している。

あらすじ[編集]

ある日、両替商・枡屋仙右衛門(成田三樹夫)を強請っていた八丁堀同心・清原英三郎(川谷拓三)が謀殺される。その夜、通夜の席から行方を眩ましていた清原の妻おこう(松坂慶子)は、両替商組合肝煎・真砂屋徳次(伊武雅刀)を問い詰め、夫殺しの黒幕が徳次ら両替商組合であることを知る。

主水は清原とも関係のあったおしの(山田スミ子)から、枡屋に預けた20両の利息の取立てを頼まれて枡屋を訪れるが、枡屋は清原殺しをほのめかして逆に主水を脅す。

一方、枡屋をクビになり一家心中した彦松(岸部一徳)の無念を憂いた政は、主水に枡屋から墓代をふんだくるように頼むが、再び枡屋を訪れた主水の前に現れたのは真砂屋徳次であった。

能面顔で嘯く徳次に、主水は薄ら寒さと怒りを感じながらもその場を立ち去る。その帰り道、手練の刺客たちに命を狙われたのを手始めに、真砂屋の仕掛けた罠にじわじわと追い詰められていく主水。

そんな主水に、先代両替商組合肝煎の娘として今は店を受け継いだおこうが、金を牛耳る者の強さと恐ろしさを説き、一件から手を引くよう忠告するが、夫の仇の仲間となったおこうに主水は反発する。

やがて、真砂屋が少女の命を殺めてまで自分を罠にはめたことを知ると、主水の怒りは頂点に達し、男の意地をかけた主水と真砂屋の私闘は、仕事人たちを巻き込みながら、想わぬ結末へと向かっていく。

登場人物[編集]

仕事人[編集]

中村主水
演 - 藤田まこと
同心・清原の死因を探り始め、その後、表の職場である奉行所にも見捨てられ、孤立無援の身で真砂屋との暗闘を繰り広げる。終盤では・・・
何でも屋の加代
演 - 鮎川いずみ
終盤で真砂屋の居所を突き止める大役を果たした。本作で一旦退場となる。
鍛冶屋の政
演 - 村上弘明
近所付き合いの仲であった彦松一家の心中が真砂屋の仕業であると憤慨し、主水に協力を求める。本作では最後まで生き残った一人。
組紐屋の竜
演 - 京本政樹
主水の危機を救うために登場。終盤の決戦において主水を真砂屋のもとへ行かせるべく囮となったが敢え無く惨死した。しかし完全に絶命した描写はなかった。
演 - 柴俊夫
『激闘編』で主水たちと協力したはぐれ仕事人の一人。主水の危機を救うために真砂屋一味と戦うが、屋敷の斬り合いにおいて致命傷を負う。
演 - 笑福亭鶴瓶
はぐれ仕事人の一人。『激闘編』20話を最後に姿を見せていなかったが、江戸に残っており、加代の長屋に居ついていた。今回は眼鏡をしておらず直接ポッペンの殺しを見せることはなかった。真砂屋の本拠地に潜伏中、犬に吠えられたことで見つかってしまい呆気なく惨殺された上に主水への見せしめとして晒し首となった。[2]
飾り職人の秀
演 - 三田村邦彦
自身が惚れた少女おゆみに逃げられたことで自暴自棄になり江戸へ帰郷したが、おこうとの出会いでお互い惹かれていく。終盤で主水と再会、真砂屋との戦いで共闘する。主水の激闘に最後までついてきた。

その他[編集]

中村せん / 中村りつ
演 - 菅井きん / 白木万理
主水が何かに躓き苦戦していると悟り激励する。しかし主水には何の励みにもならなかった。
筆頭同心・田中
演 - 山内としお
口うるさい主水の上司。少女を自殺させたという冤罪から獄門に掛けられようとした主水を庇い立てていた。
六平
演 - 妹尾友信
主水の部下である小物。枡屋を召し捕った。

ゲスト[編集]

おこう
演 - 松坂慶子
本作のキー人物で、同心・清原の妻。清楚で品のある女性だが、旦那が殺されてからは実家の両替商組合肝煎となる。秀を雇い入れお互い惹かれあう。
清原英三郎
演 - 川谷拓三
主水の同僚。裏では金の集りで悪行を働いていたが、両替商の枡屋にせびったことが原因で真砂屋の刺客に消される。
おゆみ
演 - 野坂クミ
秀が惚れた少女。銭欲に流され真砂屋に雇われるが、主水の暗殺とは知らなかった。途中、主水の前で自殺を図ると脅迫して塔に登るが、その際に真砂屋に雇われた男に突き落とされ無残な最期を迎えた。
枡屋仙右衛門
演 - 成田三樹夫
真砂屋に仕える両替商人。清原を殺した人物の一人として主水にしょっ引かれ拷問を受けるが途中、主水が仕事から外されることとなり中断。その後姿を見せていないためどうなったのかは言及されていない。
加納平馬
演 - 織本順吉
与力。主水をだまして酔わせた隙に大量の刺客を連れて殺そうと企むが、秀たちの登場により失敗。最後の決戦では主水に命乞いをする始末だったが、斬り捨てられる。
彦松
演 - 岸部一徳
枡屋の勘定人。政の長屋の近所。自身の失態から家族と一家心中する。彼の自殺から主水の苦戦が始まるきっかけとなった。
真砂屋徳次
演 - 伊武雅刀
枡屋の代理人を名乗る悪人。圧倒的な刺客を自身の勢力に主水や秀たち仕事人の始末を企む。主水が駆け付けた際には既におこうによってその手に掛けられていた。
演者は沢田研二が予定されていたが、沢田が悪役を演ずることに難色を示したため変更された[3]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

作詞:葵まさお、作曲:平尾昌晃、編曲:竜崎孝路
必殺仕置人』の主題歌。

補足事項[編集]

  • 今作において必殺で共演した三田村と鶴瓶は、『必殺仕事人V・激闘編』の次の作品である『必殺まっしぐら!』においてもレギュラーとして共演している。
  • 藤田まことは、本作で第10回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の獲得を期待していたが、本作は同賞はおろかどの部門賞にもノミネートされずじまいに終わった。
  • 物語中盤で主水が複数の刺客に追い詰められたり、クライマックスでは凄腕の達人である主水が死にもの狂いで斬り合いを演じた他、武器を失った秀や壱が刀を使用するなど、シリーズの見所である殺し技のテクニック描写がきわめて少ない作品である。しかしこれは、限界まで追い詰められた仕事人達の死闘を描くため、TVシリーズでは定番の殺しを魅せる様式美的なものを排除し、仕事人達の本気の戦いに重点を置いたためである。
  • 準備稿から決定稿の間に大きく改定されている[4]。特に大きなものは
  1. 江戸城の金蔵に入るシーンは夢の中ではなく実際に起こったことである
  2. 葉村で加代が出会ったのは竜ではなく弐と参
  3. 秀とおこうは最後まで面識が無い
  4. 壱と竜は生き残り、壱は真砂屋との死闘の後日、主水に惚れていたことを悟りつつ江戸を去っていく加代を見送る
  • さらに編集の末完成した撮影フィルムは約3時間にも及び、これをさらに2時間あまりの劇場公開版に編集した(未公開シーンのフィルムは全て破棄された)。以下の項目は書籍や予告編などで明確となっている未公開シーンである[5]
  1. 番頭に運ばれ小舟で湖を行く主水
  2. 真砂屋の調査をする竜と政。独自で偵察を続ける壱
  3. 筆頭同心田中ともめ事を起こしつつドブさらいをする参
  4. 豪雨の中、刺客の集団を相手に一人で戦う秀
  5. 切り込みの際、主水が寺の軒下で斬られた足を縛っている所に仕事人仲間たちが現れる
  6. 曖昧なまま退場となった竜の死は明確で、決闘の後日加代が竜の死骸を目撃する
  • 劇場パンフレットの解説によれば、参の惨殺場面の豪雨は本来、特効を用いて演出する予定だった。しかし本番当日、参役の鶴瓶が「泳いだ後のように疲れた」と語るほどの本物の豪雨が降り、撮影はその状況下で行われた。おかげで望遠から参の殺害場面を長回しで見せる迫力のある映像ができあがっている。
  • 鶴瓶上岡パペポTV』において鶴瓶は本作の後に出演した必殺スペシャルの撮影に向かった際、現場に小道具として使用された生首のレプリカが残っていたことで「処分してくれ」と頼んだという。また、参に吠えたことで潜伏を明らかにした犬は、撮影中なかなか吠えず、鶴瓶は吠えるように何度も声をかけたと語っている。

脚注[編集]

  1. ^ 「1986年邦画4社<封切配収ベスト作品>」、『キネマ旬報1987年昭和62年)2月下旬号、キネマ旬報社1987年、 130頁。
  2. ^ ちなみに仕事人V激闘編本編第5話の次回予告にて、鮎川いずみ本人が「いくら仕事人でも動物や子供には敵いませんからね。」と語ったことがあり、まさに参がその通りになってしまった。
  3. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p25
  4. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p79
  5. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p93

外部リンク[編集]