必殺からくり人・血風編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
必殺からくり人・血風編
ジャンル 時代劇
脚本 村尾昭
安倍徹郎
神代辰巳
中村勝行
監督 蔵原惟繕
工藤栄一
貞永方久
出演者 山崎努
浜畑賢吉
ピーター
吉田日出子
草笛光子
ナレーター 芥川隆行
オープニング 作曲:平尾昌晃「惨劇の行進」
エンディング 川谷拓三負犬の唄
時代設定 江戸幕末
製作
プロデューサー 山内久司(朝日放送)
仲川利久(朝日放送)
櫻井洋三(松竹)
制作 朝日放送
放送
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年10月29日 - 1977年1月14日
放送時間 金曜日22:00 - 22:54
放送分 54分
回数 11
テンプレートを表示

必殺からくり人・血風編』(ひっさつからくりにん・けっぷうへん)は1976年10月29日から1977年1月14日まで、NETテレビ(現・テレビ朝日)系で毎週金曜日22:00 - 22:54に放送された、朝日放送松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)共同製作のテレビ時代劇。全11話。主演は山崎努

必殺シリーズの第9作、『必殺からくり人』シリーズの第2作である。

概要[編集]

本作は、前作『必殺からくり人』の後に製作される予定だった『新・必殺仕置人』が、中村せん役の菅井きんとの交渉難航[1]により遅延。さらに、中村主水役の藤田まことも『必殺仕置屋稼業』『必殺仕業人』と二作続けて登板し、主演であるにもかかわらず、本編のクレジットタイトルでは『必殺仕置人』『暗闇仕留人』と同様に最後(トメ)に回されたことに抗議し、『新・仕置人』でもトメに回されるなら、必殺シリーズの降板を辞さぬ構えを見せていた。制作スタッフが折れる形で、藤田の名前をキャスト ロールで先頭に記載し、主水を主人公とした。

山崎努の出演スケジュールを一年分確保している関係で、山崎を中心とした別作品の企画を立て、制作を開始した。山崎努が本作と次作『新・仕置人』に連続出演しているのは、このためである。

幕末、官軍が江戸へ侵攻しようとする寸前の時期で、テレビ シリーズでは「現代」に最も近い時代が舞台となっている。

本作で使用された楽曲は主題歌も含め、旧作からの流用で、新曲は使用されていない。

あらすじ[編集]

薩長の官軍が倒幕のために攻め入ろうとしている、幕末江戸が舞台。表向きは品川の旅籠を営む、白浜屋おりくが率いる直次郎、新之介、おいねたちと、彼らに命を救われた自らを土左ヱ門と名乗る男(実は、薩摩藩密偵)を加えた「からくり人」たちが、世の中の犠牲にされた弱い者たちの恨みを晴らしていく。

タイトルに「からくり人」の名を冠してはいるが、前作『必殺からくり人』とのキャラクター、設定との関連性は無い。

登場人物[編集]

からくり人[編集]

薩摩藩の密偵で、表の顔を隠すための隠れ蓑として、からくり人に加入する。普段は白浜屋の下働きとして、雑用などを行う。性格は武士らしくなく、ざっくばらんでサバサバしている。本名は不詳で、薩摩の人間からも名前を呼ばれたことはない。第2話で榎本武揚の暗殺任務を実行しようとしたが、未遂に終わっている。非情さを要求される密偵という立場ながら官軍の専横ぶりに義憤を抱くなど、人間としての義侠心は強い。
表の顔は玉転がし(女衒の一種)。捨て子だった彼を拾って育てたのは女郎だったため、女郎には優しいが反面、その仲間の女郎から性的虐待を受けたために女嫌いでもある(第2話)。
最終話で、土左ヱ門への反発や表稼業が立ち行かなくなった事で、かつての友人・仙吉の甘言に乗せられた結果、罠に陥り裏稼業が発覚。土左ヱ門との決着の前に身の潔白を証明しようと仙吉と対峙しようとした際に通じていた捕方達と大乱闘になり深手を負い、おりく宛ての遺書を残しつつ息絶える。
遺書にはおりくに対して密かに想いを寄せていた事が書かれており、その思いを知った土左ヱ門は彼の亡骸をおりくの着物に包み、川に葬った。
表の顔は寺の小姓で、女のような美貌を持つ。素顔は河内弁で啖呵を切る、男っぽい性格。
おりくが営む、旅籠「白浜屋」の従業員。
第7話で身請けされ、貯めた金を持って、白浜屋を出ていくが身請けした男が悪人で、男がからくり人に仕置された後は消息不明となる。
表の顔は旅籠「白濱屋」の女将。からくり人の元締、先代が急死した事により元締めを継承。第5話の佐久洋三とは元許嫁。

その他[編集]

ゲスト[編集]

第1話 「魔窟に潜む紅い風」
第2話 「非道にたてつく紅い刃」
第3話 「怒りが火を噴く紅い銃口」
  • 伊勢長兵衛 - 日下武史
  • 源三 - 江幡高志
  • 吉次 - 麦圭介
  • 密偵 - 出水憲司
  • 利吉 - 川崎裕之
  • 利吉の女房 - 三笠敬子
  • 幸吉の女房 - 井上明子
  • お春 - 丘夏子
  • 五兵衛 - 横堀秀勝
  • 幸吉 - 平井靖
  • 子分 - 美鷹健児
  • 兵士 - 鈴木義章
  • 兵士 - 加藤正記
  • 女郎 - 河野ひとみ
  • 女郎 - 岡田恵子
第4話 「大奥の天下に挑む紅い声」
  • 染井 - 中原早苗
  • おこと - 横山リエ
  • 弥七 - 松山照夫
  • 勘八 - 阿藤海
  • 井筒屋 - 岩田直二
  • 和尚 - 天王寺虎之助
  • 影 - 唐沢民賢
  • 影 - 渡辺憲吾
  • 影 - 東悦次
  • おそで - 宮本幸子
  • およし - 中塚和代
  • 相良 - 宇佐美千絵
  • 役人 - 伊波一夫
  • 女郎 - 河野ひとみ
  • 女郎 - 岡田恵子
  • 優男 - 西野栄親
  • 女郎 - 原口真理子
  • 女郎 - 小中久留美
第5話 「死へ走る兄弟の紅い情念」
  • 佐久紺次郎 - 中島久之
  • 佐久洋三 - 中野誠也
  • ニューストン - サミュエル・スピテリ
  • リーガン - デラルト・ニルソン
  • お香 - 大崎紀子
  • お花 - 寺元節子
  • 神官 - 市川男女之助
  • 町田屋 - 伊東亮英
  • 東田 - 暁伸太郎
  • 二宮 - 東悦次
  • 田原屋 - 沖時男
  • 非人 - 平井靖
  • 非人 - 扇田喜久一
  • 女将 - 小林泉
  • 役人 - 伊波一夫
  • 役人 - 丸尾好広
  • 高官 - 春日信夫
第6話 「悲恋を葬る紅い涙」
第7話 「恨みに棹さす紅い精霊舟」
  • 精霊村源二郎 - 樋浦勉
  • 楫取吾兵衛 - 浜村純
  • 密偵 - 牧冬吉
  • 三崎屋忠兵衛 - 松岡与志雄
  • 喜三次 - 伴勇太郎
  • 三崎屋長太郎 - 松本龍幸
  • 船頭 - 伊波一夫
  • 仁介 - 野上哲也
  • 米人 ヘイズ - ライナ・ゲスマン
  • 八蔵 - 野崎善彦
  • 供侍 - 大村茂樹
  • 供侍 - 萩原郁三
  • 供侍 - 平井靖
  • おさわ - 太田優子
  • みよ - 末永直美
  • 女郎 - 倉谷礼子
  • 役人 - 丸尾好広
  • 役人 - 横堀秀勝
  • 役人 - 西野栄親
第8話 「帰らぬ愛に泣く紅い旅」
第9話 「小判が眼をむく紅い闇」
第10話 「とらぬ狸の紅い舌」
第11話 「夜明けに散った紅い命」
  • 仙吉 - 木村元
  • 田所左内 - 五味龍太郎
  • 徳松 - 小林芳宏
  • お豊 - 山口朱美
  • お松 - 島村昌子
  • 北川半蔵 - 暁新太郎
  • 加藤小平次 - 加茂雅幹
  • 男 - 赤井圭昌
  • 男 - 松本龍幸
  • 男 - 伊波一夫
  • 町人 - 菊野昌代志
  • 町人 - 大杉潤
  • 浪人 - 東悦次
  • 浪人 - 横堀秀勝
  • 女中 - 岡田恵子
  • 女中 - 原口真理子
  • 女中 - 小中久留美
  • 写真屋 - 春日信夫
  • 兵士 - 丸尾好広
  • 兵士 - 鈴木義章
  • 兵士 - 広田和彦
  • 兵士 - 西野栄親
  • 的場惣十郎 - 新田昌玄

殺し技[編集]

土左ヱ門(土佐ヱ門)
主に拳銃ライフル銃(ウィンチェスターライフル)を使い、悪人の息の音が止まるまで、顔色一つ変えずに撃ち殺す。匕首を使うこともある。
直次郎
自身の足で相手を蹴って仕留める。悪人の首を足の指で挟みながら、喉笛を砕き首を折ることもある。足の指を曲げる際に関節を鳴らす効果音が鳴る。
新之介
口に含んだ小さな針を飛ばして悪人の首筋に突き刺す。また、突き刺した針を指で深く押し込みとどめを刺す。
おいね
鎌を使うが、殺しの描写は劇中では一切無かった[12]

おりくは元締だが、(この時点での)歴代の元締では唯一殺しはせず、メンバーの見届け役に徹していた。

スタッフ[編集]

オープニング、劇中 - 芥川隆行
次回予告 - 野島一郎
オープニング作 - 早坂暁
  • 監督 - 蔵原惟繕、工藤栄一、貞永方久、渡邊祐介、松野宏軌
  • 制作協力 - 京都映画撮影所(現・松竹撮影所)
  • 制作 - 朝日放送、松竹

主題歌[編集]

放送日程[編集]

  • 強調部は、サブタイトルのフォーマット。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1976年10月29日 魔窟に潜む紅い 村尾昭 蔵原惟繕
第2話 11月05日 非道にたてつく紅い刃 安倍徹郎 工藤栄一
第3話 11月12日 怒りが火を噴く紅い銃口 神代辰巳
第4話 11月19日 大奥の天下に挑む紅い声 保利吉紀 貞永方久
第5話 11月26日 死へ走る兄弟の紅い情念[14] 神代辰巳 蔵原惟繕
第6話 12月03日 悲恋を葬る紅い涙 中村勝行 渡邊祐介
第7話 12月10日 恨みに棹さす紅い精霊舟[15] 大和屋竺 蔵原惟繕
第8話 12月17日 帰らぬ愛に泣く紅い旅 安倍徹郎 貞永方久
第9話 12月24日 小判が眼をむく紅い闇 播磨幸治
貞永方久
松野宏軌
第10話 1977年01月07日 とらぬ狸の紅い舌 水原秋人
第11話 1月14日 夜明けに散った紅い命 工藤栄一

ネット局[編集]

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送 NETテレビ系列 制作局
関東広域圏 NETテレビ 現・テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
青森県 青森テレビ TBS系列
岩手県 岩手放送 現・IBC岩手放送
宮城県 東日本放送 NETテレビ系列
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
長野県 長野放送 フジテレビ系列
山梨県 テレビ山梨 TBS系列
富山県 富山テレビ フジテレビ系列
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井テレビ フジテレビ系列
静岡県 静岡放送 TBS系列
中京広域圏 名古屋テレビ NETテレビ系列
鳥取県島根県 山陰放送 TBS系列
岡山県 テレビ岡山 フジテレビ系列
NETテレビ系列
現・岡山放送
当時の放送免許エリアは岡山県のみ
広島県 広島ホームテレビ NETテレビ系列
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
NETテレビ系列
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県 瀬戸内海放送 NETテレビ系列 当時の放送免許エリアは香川県のみ
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 九州朝日放送 NETテレビ系列
長崎県 長崎放送 TBS系列
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

脚注[編集]

  1. ^ 当時、菅井の娘に縁談があり、菅井の演じる中村せんのイメージが縁談に悪影響を及ぼすことを菅井は懸念し、降板を申し出ていた。
  2. ^ 第1 - 7話
  3. ^ クレジットのテロップはズーム アップ
  4. ^ 第1、2話
  5. ^ 第1 - 4、6、8 - 11話
  6. ^ 第1、2話
  7. ^ 第1 - 8話
  8. ^ 第1、2、8話
  9. ^ 第1 - 4、9話
  10. ^ 第1 - 4、9、11話
  11. ^ 第1、2、9、10話
  12. ^ 第1話にて、土左ヱ門への牽制に使用したのみ。
  13. ^ 映像では「負け犬の唄」と表記
  14. ^ 殺しのない話。
  15. ^ おいねが、この話を最後に登場しなくなる。

前後番組[編集]

NET 金曜22時台(当時は朝日放送の制作枠)
前番組 番組名 次番組
必殺からくり人
(1976年7月30日 - 1976年10月22日)
必殺からくり人・血風編
(1976年10月29日 - 1977年1月14日)
新・必殺仕置人
(1977年1月21日 - 1977年11月4日)

外部リンク[編集]