石原興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いしはら しげる
石原 興
本名 同じ
生年月日 (1940-06-22) 1940年6月22日(78歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府
職業 映画監督、テレビディレクター撮影技師
ジャンル 時代劇ヤクザ
活動期間 1962年 -
配偶者 尾崎奈々1973年 - )
主な作品
必殺シリーズ

石原 興(いしはら しげる、1940年6月22日 - )は、日本の映画監督、テレビディレクター撮影技師

経歴・人物[編集]

京都府出身。日本大学藝術学部映画科中退[1]

日大中退後、京都映画撮影所に入社し、キャメラマン(撮影技師)のアシスタントとして、数多くの映画の現場につく。

1965年朝日放送制作の帯ドラマ『かあちゃん結婚しろよ』で正キャメラマンとしてデビュー。その後、多くのテレビドラマのキャメラマンを務める。

1970年代から80年代の人気時代劇必殺シリーズ」のキャメラマンとしてつとに有名。同シリーズの照明担当の中嶋利男とのコンビにより、あの独特の陰影を持つ画面が作られていた。必殺シリーズ通算300話記念となった、『必殺商売人』の18話「殺られた主水は夢ん中」で初の監督を務めた。他何作かでは併行して監督もつとめたこともあったが、「必殺シリーズ」終了後の1990年代になってから鬼平や剣客商売などで監督業を本格的に行うようになる。

また、中学生時代から「アサヒカメラ」誌に入選したほどの写真の腕前で、1983年には必殺シリーズのブームを巻頭特集したテレビ情報誌ザテレビジョン」誌の表紙撮影(モデルは藤田まこと演じる中村主水)も担当したほか、近年では京本政樹の写真集「必殺!THE bi-kenshi」(2004年ぴあ刊)の撮影総監督も担当。夫人は元松竹女優の尾崎奈々である。

代表作[編集]

撮影技師として[編集]

テレビドラマ[編集]

(いずれも朝日放送)

映画[編集]

同作で第18回日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。

監督として[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]