必殺からくり人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
必殺からくり人
ジャンル 時代劇
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1976年7月30日 - 10月22日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
監督 蔵原惟繕
工藤栄一
大熊邦也
松野宏軌
脚本 早坂暁
中村勝行
保利吉紀
プロデューサー 山内久司(朝日放送)
仲川利久(朝日放送)
櫻井洋三(松竹
出演者 緒形拳
森田健作
芦屋雁之助
ジュディ・オング
間寛平
山田五十鈴
オープニング 作曲:平尾昌晃「許せぬ悪にとどめさす」「万事解決」
エンディング 川谷拓三負犬の唄
時代設定 天保年間
テンプレートを表示

必殺からくり人』(ひっさつからくりにん)は1976年7月30日から10月22日まで、NETテレビ(現・テレビ朝日)系で毎週金曜日22:00 - 22:54に放送された、朝日放送松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)共同製作のテレビ時代劇

必殺シリーズの第8作、必殺からくり人シリーズの第1作である。

概要[編集]

当時、NHKドラマで高い評価を受けていた早坂暁をメイン ライターとして迎え、キャストも映画、演劇界の大物だが、テレビでの露出が少なかった山田五十鈴[1]、青春スターのイメージが強かった森田健作ジュディ・オング[2]、必殺シリーズの出演は3作目となる緒形拳と、力が入っていた。

鼠小僧などの実在の人物、蛮社の獄といった実在の事件を下敷きにして、現代の風景から導入が始まる基本フォーマットなど、時代劇としては挑戦的な試みが随所に見られた。全編を通して、頼み人から金を受け取るシーンが描かれず、殺しの報酬を悪人から逆に巻き上げたり、殺し自体が行われない話もある。

本放送当時、出演者のスケジュールは多忙を極めており、天平ととんぼは第1話では一言しかセリフがなく、メンバーが一堂に会することもなかった。

プロの殺し屋でありながら、同時に家族的な濃密な人間関係を持った「からくり人」と脚本はドラマとしても高い評価を受け、第2話「津軽じょんがらに涙をどうぞ」は優れたテレビ・ラジオ番組に贈られる、ギャラクシー賞放送批評懇談会)の選奨を受賞した[3]。早坂は全13話中、10話を執筆しており、必殺シリーズにおける執筆数で見ても、そのほとんどを本作が占める[4]

仕事人大集合』(1982年秋)では山田五十鈴、緒形拳、森田健作の「からくり人トリオ」が再結集した。もっとも、キャラクターとして復活したのは森田健作の天平のみで、山田五十鈴は『新・必殺仕事人』の三味線屋のおりく、緒形拳は『仕事屋稼業』の半兵衛役だった。

劇場版映画『必殺! THE HISSATSU』では別の役柄だが、山田五十鈴と芦屋雁之助が再共演を果たしている。

山田は後年、本作の撮影現場の様子について、以下のように語っている。

「映画の現場でもここまではないというほど、何度も何度も駄目出しをされる。あまりに厳しいものだから、出来上がりがちゃんとしたものでなかったら、監督に文句をつけてやろう。そう思って、第一話の放映を見てみたら、予想していた以上に素晴らしい仕上がりになっていた。私はスタッフのプロ意識の高さに、遅まきながら感動した」。

しかし、こうした斬新かつ意欲的な試みが、従来の必殺シリーズを見慣れた視聴者にはなかなか受け入れられなかったらしく、視聴率的には苦しかったという。チーフプロデューサー山内久司は洋泉社「必殺シリーズを作った男」のインタビューで「この時期の作品は、どれも高い視聴率がなかなか取れなかった」とコメントしている。この結果、『新・必殺仕置人』以降、「金を受け取らなければ、頼み人のいかなる頼みも受けない」「頼み人との密接なかかわりを避け、任務遂行のために見殺しにする」など、突き放した視点での非情な殺し屋たちの活躍の物語が堅持されていくこととなる。

あらすじ[編集]

芸者置屋の「花乃屋」一家は、世間に決して言えない秘密が二つあった。それは彼らが八丈島を島抜けした罪人であること。もう一つは彼らが弱い者の恨みを晴らす、からくり人であるということ。

からくり人のメンバーは花乃屋の女主人、仇吉、船頭の藤兵ヱ。仇吉の娘のとんぼ、藤兵ヱの息子のへろ松。花火職人の天平、枕売りの時次郎。彼らを率いる元締は表では骨董商を営む、蘭兵衛。

しかし、別のからくり人組織の元締「曇り」によって、元締の蘭兵衛が殺される。「曇り」は裏で幕府と結び付いており、格安で弱い者の依頼を請け負う彼らを快く思っていなかった。仇吉は蘭兵衛の遺志を引き継ぎ、元締となり、弱者の涙のために恨みを晴らしていく。

時代設定は天保年間[5]で、天保の大飢饉蛮社の獄などが、物語に折り込まれる。

登場人物[編集]

からくり人[編集]

花乃屋仇吉
演 - 山田五十鈴[6]
先代の元締 蘭兵衛の配下のからくり人だったが、蘭兵衛の死後は後を引き継いで、元締となる。「涙以外とは手を組まない」が信条で、その信念のために外道組織の曇り一家と衝突することになる。
表稼業は三味線の師匠で深川に居を構え、三味線を教えており、夜は屋形船で、流し三味線を弾いている。
かつては芸者であったが、長崎のオランダ商館長に慰み者にされ、長崎へ向かう一行に襲いかかったために捕まり、島送りとなった。花乃屋一党は島抜けの際に一緒に脱出した関係である。
最終話で、次々と仲間を失いながらも、娘のとんぼにからくり人の存在を後世まで伝えることを示唆して別れ、曇りと相打ちになり、息絶えた。
夢屋時次郎
演 - 緒形拳[7]
表稼業は安眠枕を売る「夢屋」で川を小船で渡りながら歌を歌いつつ、枕を売っていく。
からくり人の中では行動力に優れ、ねずみ小僧が入牢している牢屋に忍び込んだり、仇吉の頼みで尾張まで飛び、情報収集を行った。作劇上では語り手としての側面を持ち、第1話の冒頭で現代の銀座に姿を見せ、ねずみ小僧の市中引き回しを説明する場面がある。遊び好きで、女に手を出すのが早く、お調子者の一面もある。
島帰りの証である腕の刺青を知り合いの彫物師によって、一本だけ消してもらい、残りの一本も消してもらう約束でいたが、その彫物師はある悪事に利用された挙句、狂死した。
過去にアキという恋人がいたが、彼女が男に絡まれているのを助けようとして誤って、相手の男を殺してしまい、島送りとなる。島抜けをした後、アキは他の男と結婚していた。彼女への想いを捨てきれなかった、時次郎は彼女に瓜二つの女郎のしぐれに肩入れするようになる。しぐれが病気になった時に助けた蘭学医の小関三英が蛮社の獄で自決したことを知り、仇を討つために鳥居耀蔵などの幕府要人の暗殺を図るが失敗に終わり、体中に火薬をかけ、自爆した。
仕掛の天平
演 - 森田健作[8]
百万坪の埋立地に居を構える花火師。
血気盛んで、ぶっきらぼうだが、優しい性格である。とんぼに惚れられているようだが、実は二人は兄妹であるらしい。へろ松と一緒に掘っ立て小屋に住んでいるが、一緒に住むようになった経緯は不明。小屋は中に火薬が無数に置かれ、火付けに合うことが多く、爆発させられてしまう。
最終話では家を爆破された影響で視力を失い、曇り一家に単身で乗り込み、曇りと共に自爆しようとするも叶わず、自分の花火で自爆した。
花乃屋とんぼ
演 - ジュディ・オング
仇吉の娘。仇吉が八丈島に流された時には既に身籠っており、島で産み落とされた。その後も島で暮らし、その間に生きるための術として学習した読唇術を、からくり人の仕事としても利用して、悪人の密談を調べる。
天平とは兄妹であるらしいが、仇吉も藤兵ヱも内緒にしているので、天平に恋心を抱いてしまっているらしい。典型的な現代っ子だが、純粋な性格。
殺しは基本的に行わないが、最終話の曇り一家との全面抗争で、花乃屋に侵入してきた刺客を刺殺した。仇吉から最後の願いを託されて上方へ渡り、のちに清元の名手[9]となって明治初頭に活躍した。
八尺の藤兵ヱ
演 - 芦屋雁之助
花乃屋の番頭で、普段は屋形船の船頭。仇吉の用心棒も務める。並外れた怪力の持ち主で、家屋を破壊できるほどの力を備えている。
へろ松の父親でもあるが、母親については明らかにされていない。普段は陽気な性格だが、甘党で酒が飲めないらしい。
からくり人の一党をまとめる役割を担い、仇吉が自分の心境を吐露することのできる唯一の人物である。意外と抜けている一面もあり、狙っていた相手に逆襲され、深手を負ったこともある。
最終話では曇り一家との最終抗争の口火を切り、配下の殺し屋に何発も銃弾を浴び、仇吉の下へ船を届けた後に息絶える。
八寸のへろ松
演 - 間寛平[10]
藤兵ヱの息子。関西弁を話し、少々間抜けに見える所もあるが、純情で優しい性格。寝小便の癖があり、天平を困らせている。
第1話では蘭兵衛の営む骨董屋「壷屋」で働いていたが、第2話以降は様々な商売を営むが上手く行かず、すぐに止めてしまう。最終話では、とんぼと共に生き残った。
壷屋蘭兵衛
演 - 芦田伸介
からくり人の初代 元締で、第1話に登場。
「銭を持っていない人間から銭は受け取れない」という信念を持つ。曇りとは対立しており、刺客の襲撃を受け、殺される。仇吉らと一緒に島抜けした間柄である。

敵対勢力[編集]

曇り
演 - 須賀不二男[11]
裏稼業「曇り一家」の元締で、蘭兵衛と競っていた。権力者と癒着しており、金のためなら、外道仕事も辞さない。興奮すると、どもる癖がある。
邪魔者の蘭兵衛を刺客を使い、抹殺するが、それがきっかけで、仇吉率いる花乃屋一党と敵対し、最終話で仇吉と相打ちになり、息絶えた。

ゲスト[編集]

第1話 「鼠小僧に死化粧をどうぞ」
第2話 「津軽じょんがらに涙をどうぞ」
第3話 「賭けるなら女房をどうぞ」
第4話 「息子には花婿をどうぞ」
第5話 「粗大ゴミは闇夜にどうぞ」
第6話 「秘めごとは白い素肌にどうぞ」
第7話 「佐渡からお中元をどうぞ」
第8話 「私ハ待ッテル一報ドウゾ」
第9話 「食えなければ江戸へどうぞ」
第10話 「お上から賞金をどうぞ」
第11話 「私にも父親をどうぞ」
第12話 「鳩に豆鉄砲をどうぞ」
第13話 「終りに殺陣をどうぞ」
  • 備前屋 - 早川雄三
  • 喜十郎 - 五味龍太郎
  • 料亭の女将 - 三浦徳子
  • 曇の配下 - 笹吾朗

殺し技[編集]

花乃屋仇吉
三味線の撥(ばち)で、悪人の首筋(喉元)を斬る。
夢屋時次郎
枕作り用の金属製の鉄べらで、悪人の首筋を斬る・刺す。第4話では集団戦用に長匕首を使用、第12話では狙撃用に、銃を使用している。
仕掛の天平
携帯用の特製花火を相手の口の中に入れ、その体内(の中)で爆発させる。その際、爆発の様子を写した透視映像が付く。
相手を打上花火の中に突っ込ませる(第2話)、花火を相手の口の中に入れてから、池に突き落とす(第4話、爆発は相手が沈んだ所から、大量の泡が湧き上がることで表現)等のバリエーションがある。
補助武器として、護身用の短刀を常に携帯し、悪人の急所を突き刺すこともある(第6話)。
八尺の藤兵ヱ
素手での撲殺や怪力、手ぬぐいを使用する。溺死させる(第1話)、首の骨を折る(第2話)、手ぬぐいで首を折る(第4話)または絞める(第10話)、相手の短刀で刺す。

スタッフ[編集]

  • 制作 - 山内久司仲川利久(朝日放送)、櫻井洋三(松竹)
  • 脚本 - 早坂暁、中村勝行(第6、9話)、保利吉紀(第10話)
  • 音楽 - 平尾昌晃
  • 編曲 - 竜崎孝路
  • ナレーター
劇中 - 松倉一義
次回予告 - 野島一郎

主題歌[編集]

放送日程[編集]

  • 強調部は、サブタイトルのフォーマット。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 備考
第1話 1976年07月30日 鼠小僧に死化粧をどうぞ 早坂暁 蔵原惟繕 [14]
第2話 1976年08月06日 津軽じょんがらに涙をどうぞ [15]
第3話 1976年08月13日 賭けるなら女房をどうぞ 工藤栄一
第4話 1976年08月20日 息子には花婿をどうぞ
第5話 1976年08月27日 粗大ゴミは闇夜にどうぞ 大熊邦也
第6話 1976年09月03日 秘めごとは白い素肌にどうぞ 中村勝行 松野宏軌 [16]
第7話 1976年09月10日 佐渡からお中元をどうぞ 早坂暁 [17]
第8話 1976年09月17日 私ハ待ッテル一報ドウゾ 蔵原惟繕
第9話 1976年09月24日 食えなければ江戸へどうぞ 中村勝行 松野宏軌
第10話 1976年10月01日 お上から賞金をどうぞ 保利吉紀
第11話 1976年10月08日 私にも父親をどうぞ 早坂暁 工藤栄一
第12話 1976年10月15日 鳩に豆鉄砲をどうぞ 蔵原惟繕 [18]
第13話 1976年10月22日 終りに殺陣をどうぞ 工藤栄一

ネット局[編集]

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送 NETテレビ系列 制作局
関東広域圏 NETテレビ 現・テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
青森県 青森テレビ TBS系列
岩手県 岩手放送 現・IBC岩手放送
宮城県 東日本放送 NETテレビ系列
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
長野県 信越放送 TBS系列
山梨県 テレビ山梨
富山県 富山テレビ フジテレビ系列
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井テレビ フジテレビ系列
静岡県 静岡放送 TBS系列
中京広域圏 名古屋テレビ NETテレビ系列
鳥取県島根県 山陰放送 TBS系列
岡山県 テレビ岡山 フジテレビ系列
NETテレビ系列
現・岡山放送
当時の放送エリアは岡山県のみ
広島県 広島ホームテレビ NETテレビ系列
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
NETテレビ系列
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県 瀬戸内海放送 NETテレビ系列 当時の放送エリアは香川県のみ
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 九州朝日放送 NETテレビ系列
長崎県 長崎放送 TBS系列
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

脚注[編集]

  1. ^ シリーズ 第6作『必殺仕置屋稼業』第15話に、被害者役でゲスト出演をしている。
  2. ^ ジュディはシリーズ 第5作『必殺必中仕事屋稼業』第2話に、被害者役でゲスト出演し、必殺シリーズのスタッフが制作した『おしどり右京捕物車』(1974年)に、『からくり人』の前作『必殺仕業人』で赤井剣之介役を演じた、中村敦夫扮する神谷右京の妻 はな役で、レギュラー出演をしている。
  3. ^ 第14回ギャラクシー賞受賞作品 放送批評懇談会 2015年3月3日閲覧。
  4. ^ 早坂が執筆した脚本は『必殺仕掛人』を2回(全33話)、『必殺からくり人』は10回(全13話)、『新・必殺からくり人』は3回(全13話)、『必殺からくり人・富嶽百景殺し旅』は1回(全14話)を書いている。また、上記のからくり人シリーズでは、いずれも第1話を書いている。他に、『必殺仕掛人』から『必殺仕事人』まで(『暗闇仕留人』は除く)のオープニングナレーションを手掛けている。
  5. ^ 第1話で鼠小僧が処刑される日(天保3年)の出来事が描かれ、第12話で、蛮社の獄(天保10年)を扱っていることから、劇中では7年が経過していることになる。
  6. ^ キャスト表示のテロップはズーム アップ
  7. ^ 第1 - 8、10、12話
  8. ^ 第9、11、13話はトップ クレジット
  9. ^ 劇中では名前を「のぶじゅ」と読んている。実際の清元節上方ではなく江戸浄瑠璃で、宗家名跡である清元延寿太夫は「きよもとえんじゅだゆう」と読む。初代から当代まで延寿太夫は男性が襲名しており、劇中の設定は史実とは全く異なる。
  10. ^ 第1 - 10、12、13話
  11. ^ 第1、3、12、13話
  12. ^ 原は後年『必殺仕舞人』シリーズに善行尼役で出演。
  13. ^ 「まけいぬのブルース」と読む。映像では「負け犬の唄」と表記
  14. ^ 元締の蘭兵衛が死亡。冒頭部分で、放送当時(1976年)の銀座朝日放送本社社屋が登場。
  15. ^ ギャラクシー賞受賞作品。冒頭の現代のシーンでは、山田が本人役で出演している。
  16. ^ 第11話と矛盾する要素が多数、存在する。
  17. ^ 殺しのない話。
  18. ^ 時次郎が死亡。この回は早坂の脚本が撮影開始に間に合わず、時次郎死亡場面から順に原稿が渡されて繋いでいったという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NET 金曜22時台(当時はABCの制作枠)
前番組 番組名 次番組
必殺仕業人
(1976年1月16日 - 1976年7月23日)
必殺からくり人
(1976年7月30日 - 1976年10月22日)
必殺からくり人・血風編
(1976年10月29日 - 1977年1月14日)