必殺仕事人・激突!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
必殺シリーズ > 必殺仕事人・激突!
必殺仕事人・激突!
ジャンル 時代劇
放送時間 火曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1991年10月8日 - 1992年3月24日(21回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 ABC
製作総指揮 山内久司(ABC)
櫻井洋三(松竹
監督 原田雄一
石原興
松野宏軌
吉田啓一郎
津島勝
脚本 吉田剛
中村勝行
篠崎好
プロデューサー 福永喜夫(ABC)
高橋信仁(松竹)
武田功(京都映画撮影所
出演者 藤田まこと
中村橋之助
菅井きん
白木万理
光本幸子
目黒祐樹
滝田栄
酒井和歌子
三田村邦彦
ナレーター 徳光和夫
オープニング 堀内孝雄「月が笑ってらぁ」(インスト)
エンディング 藤田まこと「月が笑ってらぁ」
テンプレートを表示

必殺仕事人・激突!』(ひっさつしごとにん げきとつ)は1991年10月8日から1992年3月24日まで、テレビ朝日系で、毎週火曜日21:00 - 21:54に放送された、ABC松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)共同製作の連続テレビ時代劇。全21話。主演は藤田まこと

必殺シリーズの第30作、必殺仕事人シリーズの第9作、中村主水シリーズの第15作である。

テレビ朝日系列の火曜21時枠で時代劇が放送されるのは、1986年9月終了の『遠山の金さんII』(東映制作)以来、約5年ぶりである。

概要[編集]

必殺剣劇人』の終了後、必殺シリーズは連続ドラマとしての放送を終了し、単発のスペシャル番組を継続して放送していた。シリーズ再開にあたり、問題となったのは放送曜日と時間帯だった。朝日放送が制作を担当していた全国ネットの放送枠は火曜21時と金曜21時であったが、金曜21時枠は『素敵にドキュメント』が好調で、最終的に火曜21時枠で、4年振りに復活した[1]。初回こそ、20%超えの高視聴率を記録したが、その後の視聴率は伸び悩んだ。

歴代の必殺シリーズと違い、演出がいくつか変わり、エンディングでは、シリーズ初期作に見られる登場人物の各話中のワンシーンの写真が使われていた。必殺シリーズの連続テレビ シリーズで初めてCM入り前に、画面右下に番組タイトルが表示された。

出陣のテーマ曲は新しく作られたものの、本作オリジナルの殺しのテーマ曲は作られず、『必殺!』が用いられた。主水の殺しのシーンは以前の仕事人シリーズ同様『中村主水のテーマ』が用いられ、後半は朝右衛門も別のBGM(『潜入』)が用いられた。

設定を基に、映画『必殺!5 黄金の血』『必殺スペシャル・新春 せんりつ誘拐される、主水どうする? 江戸政界の黒幕と対決!純金のカラクリ座敷』が制作されたが、配役が一部異なっている。

本作終了後の後継番組は現代ドラマの『裏刑事-URADEKA-』であり、本作以降、テレビ朝日系火曜21時枠では現在に至るまで、時代劇は放送されていない。本作終了後『必殺仕事人2009』まで、必殺シリーズの連続ドラマ作品が放映されることはなかった。

あらすじ[編集]

江戸城 大奥中臈(ちゅうろう) 初瀬は、仕事人の元締という裏の顔を持っていた。彼女の配下は時計師の夢次、お面売りのお歌、鎌使いの紋太。そして、中村主水がいた。毎月、五の日と十の日に上野東照宮で、初瀬が頼み人から依頼と金を受け取るシステムで、主水はその繋ぎ役であった。

ある日の仕事の際、初瀬配下の仕事人たちは南町奉行所が極秘で結成した仕事人狩り部隊「覆面組」の襲撃を受け、紋太が瀕死の重傷を負う。紋太はかねてからの知人である、に自分の死骸が残ると、妻のさだと、一人娘のおみよに奉行所の手が掛かると言い残し、秀に後事を託し、腹を鎌で掻っ切り、川面に飛び込み自害した。

秀は紋太の恨みを晴らすべく、主水と再会し、公儀の御試御用首切り役 山田朝右衛門を仲間に加え、新たな仕事人チームが誕生。覆面組の恐怖と闘いながら、極悪人を闇に葬っていく。

概説[編集]

本作は『必殺仕事人V・激闘編』以来の元締による仕事の統括がなされている。仕事人狩りを専門に行うために組織された「覆面組」との戦いなど、番組開始当初はそれまでのシリーズとは一線を画したストーリー展開がなされた。

第6話を以て、覆面組は壊滅し、第8話で、元締による仕事の斡旋もなくなり、従来通りのストーリー展開に戻った[2]

登場人物[編集]

仕事人[編集]

中村主水
演 - 藤田まこと
南町奉行所の同心。本作は定町廻りから、定中役[3]へ配置換えとなっている。奉行所ではあいかわらずの昼行灯で、家では嫁と姑にいびられている。
本作では元締の初瀬と直接会い、仕事を引き受ける役目を担っている。
夢次
演 - 中村橋之助[4]
時計師。第7話で廃業し、日雇いや女郎屋の呼び込みで日銭を稼いでいる。色男の遊び人で、調子のいい優男。
仕事人としては殺しの他に、情報収集役として屋根裏に忍び込むなども多く、時に色仕掛けで情報を仕入れていた。
第6話で、初瀬が覆面組たちに疑われ、付け狙われた際は時計師として江戸城に参城し、主水の代わりに連絡役を行った。
最後の仕事の後、江戸を旅立ち、長崎に向かった。
お歌
演 - 光本幸子
お面売りで、別名「百化けのお歌」。暗殺も行うが情報収集と連絡役を担い、狐の面で顔を隠し、一般人と接することもある。殺害対象に顔を見せる際は「お狐様の使い」と称する。
第6話で、覆面組に捕えられ拷問を受けるが、主水の機転と覆面組の壊滅によって、無事に救われる。
最後の仕事の後、最終回に登場した瓦版屋の遺児を連れて、江戸を旅立った。
山田朝右衛門
演 - 滝田栄[5]
公儀の御試御用首切り役。清廉潔白な人物で、その役目を全うするために正義を重んじる。
28年前に自らが処刑した鼠小僧次郎吉が実は無実だったことを知り、彼を陥れた黒幕を成敗するために仕事人となる。仕事柄、幕府の重役たちとも顔見知りで、それを利用して情報を収集することがある。
モデルは実在の人物 山田浅右衛門である[6]
初瀬
演 - 酒井和歌子[7][8]
江戸城 大奥の中臈。本作の元締で、上野東照宮の参拝を利用し、頼み人から仕事の依頼を受け、主水に直接指示して、手配を行う。その際に主水と世間話をするが、世間知らずの初瀬に主水が下世話な話題を振り、ちぐはぐな会話をするというのが決まったパターンだった。
依頼の内容や標的の素性によっては独断で、仕事料を上乗せしたりする寛容さも持ち合わせている。第8話を最後に最終回まで登場せず、不在の理由についても特に語られることはなかった。
基本的に殺しはしなかったが、最終回で懐刀を使い、大奥の悪人をすれ違い様に刺殺する。その殺しとの関係は不明だが、その直後に遠島となり、江戸を去ることになった[9]
演 - 三田村邦彦
飾り職人。殺し屋の稼業を続けてきた自身が、かたぎの身分に戻れるか試みようと江戸に帰って来た。帰郷して間もない頃、旧知の仕事人であった鎌使いの紋太の死をきっかけに、主水と再会。仕事人に復帰する。
本作の序盤は覆面組に目を付けられる失態を犯し、奉行の刺客に何度も窮地に追い込まれる。住んでいる長屋が覆面組に特定された際はお歌の家に匿われていたが、それも発覚して、お歌が覆面組に捕まる原因となった。
旧友で、裏稼業の仲間の紋太を助け出せず死なせてしまった罪悪感から、妻のさだに対しては不器用ながらも優しく気遣う姿が見られた。
最後の仕事を終え、江戸を独り、旅立って行った。

その他[編集]

中村せん
演 - 菅井きん
主水の姑。あいわらず、婿養子の主水をいびる。
中村りつ
演 - 白木万理
主水の妻。せんとともに、婿養子の主水をいびる。
同心 成川
演 - 目黒祐樹
南町奉行所の同心で、主水の同僚。経理担当で経費の監査が細かく、主水を辟易させることがあった。
世相に詳しく情報に通じており、主水に重要な情報を話す。
さだ
演 - 麻丘めぐみ[10]
秀の旧知の仕事人 鎌使いの紋太の妻で、仕立ての仕事を営む。
紋太の死後、娘のおみよと2人で暮らし、同じ長屋に住む秀は気に掛けており、未亡人なりの想いを寄せていた。
覆面組の全滅後、しばらく姿を見せなかったが、終盤で端役として再登場した。
おみよ
演 - 田中亜衣[11]
紋太とさだの一人娘。第6話で、覆面組の襲撃に巻き込まれ、命を落とす。
覆面組 幹部
演 - 中西宣夫[12]
辻占売りの少年
演 - 谷口公洋[13]
山田そで
演 - 中條郷子[14]
朝右衛門の妻。
山田吉亮
演 - 竹内良輔[15]
朝右衛門の長男。
山田在吉
演 - 久保田潤[16]
朝右衛門の次男。
山田吉豊
演 - 岡田一恭[17]
朝右衛門の三男。

ゲスト[編集]

第1話 「ねずみ小僧の恋人」
第2話 「大久保彦左衛門のたらい」
第3話 「水戸黄門の印籠」
第4話 「八百屋お七の振袖」
第5話 「弁天小僧のかんざし」
第6話 「徳川家康のキセル」
第7話 「江戸繁盛の裏の顔」
第8話 「新門辰五郎のまとい」
第9話 「対決! 邪剣VS剛剣」
第10話 「主水、出勤日数をごまかす」
第11話 「主水、阿片戦争に気をもむ」
第12話 「霊感少年を操る極悪人」
  • お里 - 鷲見利恵
  • 浄円 - 蔵下輝美
  • 天照 - 北九州男
  • お甲 - 桃山みつる
  • 佐久間伊織 - 徳田興人
  • 赤星仙十郎 - 滝譲二
  • 矢吉 - 多賀勝一
  • 文三 - 北見唯一
第13話 「夢次、見合いする!?」
第14話 「主水一家のバブル」
第15話 「夢次、女盗賊にほれる」
第16話 「夢次、江戸のテレクラでバイトする」
第17話 「主水、幕府のクーデターにまきこまれる」
第18話 「主水、釣り友だちの恨みを晴らす」
第19話 「秀、女絵師のモデルになる」
第20話 「主水、京に上る」
第21話 「最後の大仕事」


殺し技[編集]

中村主水
大刀・脇差で悪人を斬る、刺す。基本は悪人を油断させながら、一瞬の隙を突いて、脇差を相手の急所に刺す技を使用。
BGMは『中村主水のテーマ』が流れる[18]
夢次
煙管と煙草入れを改造した特殊な火鉄砲を使用する。火の点いた煙管を煙草入れに差し込むとゼンマイが巻き上がり、煙管の雁首から、赤く焼けたゼンマイが射出され[19]、悪人の急所を撃ち抜く。
構造上は単発で分解しない限り、再度の射撃は不可能であったため、護身用に短刀も携帯していた。脚本では、命中した際に心臓が爆発するCGの演出が入る予定だった[20]
お歌
悪人の顔に、裏に糊を塗った面を投げて貼り付かせ、怯んだところを匕首で斬る、刺す[21]
お面を使わずに不意討ちと素早い動きで、相手を斬り殺すことも多い。
山田朝右衛門
斬首用の大刀で、悪人を斬り倒す。悪人を大刀で突き刺し、止めに相手の首筋を切ることが多い。
主水と異なり、正面から斬り込む居合で対象以外は素早い動きで、顔を確認される間もなく、峰打ちで気絶させる。大刀だけでは無く、鞘を巧みに扱い、抜刀するのは最後だけということも多い。
後期[22]は通常のBGMが一旦切れて、独自のBGM『潜入』[23]が流れる。
金属製の房が付いた銀色の簪で、悪人の首筋を刺す。相手の刀を奪い、突き刺したこともあった(第6話)。

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1991年10月08日 ねずみ小僧の恋人 吉田剛 原田雄一
第2話 10月15日 大久保彦左衛門のたらい 中村勝行 石原興
第3話 10月22日 水戸黄門の印籠 吉田剛 原田雄一
第4話 10月29日 八百屋お七の振袖 篠崎好 石原興
第5話 11月12日 弁天小僧のかんざし 高山由紀子 松野宏軌
第6話 11月19日 徳川家康のキセル 保利吉紀 石原興
第7話 11月26日 江戸繁盛の裏の顔 田上雄 松野宏軌
第8話 12月10日 新門辰五郎のまとい
第9話 12月17日 対決! 邪剣VS剛剣 いずみ玲
第10話 12月24日 主水、出勤日数をごまかす 鴨井達比古
第11話 1992年01月07日 主水、阿片戦争に気をもむ 高山由紀子 吉田啓一郎
第12話 1月14日 霊感少年を操る極悪人 篠崎好 松野宏軌
第13話 1月21日 夢次、見合いする!? いずみ玲 吉田啓一郎
第14話 1月28日 主水一家のバブル 田上雄 原田雄一
第15話 2月04日 夢次、女盗賊にほれる 中原朗
第16話 2月18日 夢次、江戸のテレクラでバイトする 田上雄
第17話 2月25日 主水、幕府のクーデターにまきこまれる 津島勝
第18話 3月03日 主水、釣り友だちの恨みを晴らす 高山由紀子
佐藤五月
松野宏軌
第19話 3月10日 秀、女絵師のモデルになる 保利吉紀 津島勝
第20話 3月17日 主水、京に上る 篠崎好 原田雄一
第21話 3月24日 最後の大仕事 松野宏軌

ネット局[編集]

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 制作局
関東広域圏 テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
青森県 青森朝日放送
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列
宮城県 東日本放送 テレビ朝日系列
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
福島県 福島放送 テレビ朝日系列
新潟県 新潟テレビ21
長野県 長野朝日放送
山梨県 テレビ山梨 TBS系列
富山県 富山テレビ フジテレビ系列
石川県 北陸朝日放送 テレビ朝日系列
福井県 福井テレビ フジテレビ系列
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列 現・静岡朝日テレビ
中京広域圏 名古屋テレビ
鳥取県島根県 山陰放送 TBS系列
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県岡山県 瀬戸内海放送 テレビ朝日系列
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列
長崎県 長崎文化放送
熊本県 熊本朝日放送
大分県 大分放送 TBS系列
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 鹿児島放送 テレビ朝日系列
沖縄県 琉球放送 TBS系列

地上波・BS・CSでの再放送[編集]

地上波ではテレビ朝日の系列局。テレビ埼玉では必殺アワー内で、定期的に放送される。BS朝日、CS[29]ではホームドラマチャンネル時代劇専門チャンネルなどで再放送された。2014年、時代劇専門チャンネルで再放送された際にエンディングのキャスト、スタッフ紹介の字幕表記の書体がゴシック体から、明朝体に変更されている[30]

脚注[編集]

  1. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全大百科』p13 - 14
  2. ^ サブタイトルも第10話以降、従来通りの命名法に変わった。
  3. ^ 臨時廻り同心と同義。定町廻り同心の補佐を務める。詳しくは町奉行「月番制と管轄」の項目を参照。
  4. ^ 第1 - 16、21話。最終回の仕事の相談シーンのみ、声が本人の物ではない。
  5. ^ 第1 - 4、6 - 12、15、17、18、21話
  6. ^ 第3話は7代目、第17話は6代目と称しており、何代目かについては明らかにされていない。
  7. ^ 第1 - 8、21話
  8. ^ クレジットは「起こし」(かつてのロート製薬のオープニングキャッチと同じ形)
  9. ^ 表向きは役者を買ったという罪。成川は権力闘争に敗れたと言っている。
  10. ^ 第1、3 - 7、9、19、21話
  11. ^ 第1、3 - 6話
  12. ^ 第1 - 5話
  13. ^ 第1、3、8話
  14. ^ 第3、7、9話
  15. ^ 第3話
  16. ^ 第3話
  17. ^ 第3話
  18. ^ 第1、5話を除く。
  19. ^ 柱などにゼンマイが刺さる描写がある。
  20. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p29
  21. ^ 第3、5、6話を除く。
  22. ^ 第17、18、21話
  23. ^ 必殺仕事人V・激闘編』の出陣のテーマ
  24. ^ 平尾が関与していない『必殺仕事人V・激闘編』などのBGMが流用されている他、仕事人シリーズでは流用されなかった『必殺仕切人』『必殺仕舞人』などのBGMも、本作では使用されている。
  25. ^ 原盤権は作曲した堀内が所属するアップフロントグループが所持しているため、現在[いつ?]アップフロントワークス・ライスミュージックから発売
  26. ^ 月が笑ってらぁ”. ORICON STYLE. 2016年1月2日閲覧。
  27. ^ 上記同様、現在はアップフロントワークス・ライスミュージックから発売
  28. ^ やさしくしないで”. ORICON STYLE. 2016年1月2日閲覧。
  29. ^ 特にスカパー!やケーブルテレビ等での配信を含む。
  30. ^ 役名等に関しては従来通り、ゴシック体表記である。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 火曜21時台(ここからABC制作のドラマ枠)
前番組 番組名 次番組
火曜ミステリー劇場
(テレビ朝日・ABCの交互制作)
※20:00 - 21:48
ANNニュース
(テレビ朝日制作、54分繰上げ)
※21:48 - 21:54
必殺仕事人・激突!
(1991年10月8日 - 1992年3月24日)
裏刑事-URADEKA-
(1992年4月14日 - 1992年6月30日)