中島葵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかじま あおい
中島 葵
生年月日 (1945-09-20) 1945年9月20日
没年月日 (1991-05-16) 1991年5月16日(45歳没)
出生地 日本の旗熊本県熊本市
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1969年 - 1991年

中島 葵(なかじま あおい、本名同じ、1945年9月20日 - 1991年5月16日)は、日本女優

人物[編集]

来歴[編集]

熊本市二本木町生まれ。母の実家である東雲桜中島家で生まれる。

1955年兵庫県西宮市立高木小学校に転校。

1956年ABC朝日放送児童劇団に入団、教育番組『子供の教室』(大阪テレビ放送)にレギュラーとして出演。

1958年芦屋女子学園中等部に入学、芦屋女子中学校・高等学校卒業。

1961年、高校1年の時に父・森雅之と会い、認知を受ける。

1964年日本大学藝術学部演劇科に特待生として入学、同時に文学座附属演劇研究所に入所。

日本大学藝術学部演劇科を1965年に中退、1966年文学座研究生、1971年文学座座員になり、この間、初めて主役に抜擢された『黄金の頭』(1968年)、『聖グレゴリーの殉教』(1972年)などの舞台に立つ。この間、1970年、ドキュメンタリー映画監督・布川徹郎と結婚。1972年に離婚。

1973年、文学座を退座。アングラ演劇、前衛演劇の世界へ。

1973年「演劇センター68/71(黒テント)」の『シュールレアリズム宣言』に客演、同年『さよならマックス』から「黒テント」の正式メンバーとして参加、『喜劇 阿倍定』(1973年/作・演 佐藤信)、『キネマと探偵』(1975年/作・演 佐藤信)に出演。

その後、1978年芥正彦と「ホモフィクタスACT&AOI劇団」を結成、旗上げ公演『悲劇天皇祐仁』(作・演 芥正彦)、『浄められた夜』(1984年)などを上演。

映画女優としては、初出演は1969年の『若者はゆく -続若者たち-』。1973年ためいき』から日活ロマンポルノに次々と出演。滋賀銀行巨額横領事件を題材とした主演作『OL日記 濡れた札束』(加藤彰監督)などがあり、日活ではないが大島渚監督の『愛のコリーダ』の吉蔵の妻役も成人映画の代表作である。独立系ピンク映画にも多数出演している。他には『』、『吉原炎上』、『郷愁』、『四万十川』などに出演。

1988年に自ら手がけたプロデュース公演『川島芳子伝 終の栖、仮の宿』(岸田理生 作・演)で主演。

第一線での芸能活動続行も晩年は子宮頸癌発覚。闘病するも、1991年5月16日に母・梅香ふみ子を残して逝去。享年45。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 部長刑事 「蟻地獄」(1960年、ABC)
  • 部長刑事 「浅い春」(1961年、ABC)
  • 部長刑事 「ひき逃げ」(1961年、ABC)
  • 部長刑事 「あの星をねらえ」(1962年、ABC)
  • 冷たい土地で(1967年、NHK)
  • 愛の一家(1966年−1967年、NHK)
  • 青春の条件(1967年、TBS)
  • なかよし(1967年-1968年、CX)
  • 雨(1968年、NHK)
  • あしたこそ(1968年-1969年、NHK)
  • えり子とともに(1969年、NTV)
  • 24才 「その夏の日に」(1969年、TBS)
  • 目の上のタンコブ(1970年、ABC)
  • 部長刑事 「手術室」(1971年、ABC)

その他の番組[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

演劇

  • チェインジリング(1971年、文学座)
  • 怒濤(1971年、文学座)
  • 白い悪魔(1971年、文学座)
  • 結婚(1971年、文学座)
  • 聖グレゴリーの殉教(1972年、文学座)
  • ロミオとジュリエット(1972年、文学座)
  • にっぽん水滸伝(1972年、不連続線)
  • シュールレアリズム宣言(1973年、黒テント)
  • さよならマックス(1973年、黒テント)
  • 喜劇 阿部定(1973年、黒テント)
  • キネマと探偵(1975年、黒テント)
  • かくも長き不在(1976年)
  • 夢の渡り鳥(1976年)
  • 春のめざめ(1977年)
  • 四人の女の子(1977年)
  • バカ田大ギャグ祭(1977年)
  • オスカル新宿大木戸物語(1977年)
  • 鳴神(1977年)
  • 悲劇天皇祐仁(1978年、ホモフィクタス)
  • 美しの日々(1978年、ホモフィクタス)
  • X―DAY(1979年、ホモフィクタス)
  • 昔の日々(1979年)
  • 入江(1980年)
  • かもめ(1980年)
  • バーレスク1931(1981年)
  • 牡丹燈籠(1982年、尾上菊五郎新秋特別公演)
  • 黒念仏殺人事件(1982年)
  • イカルガの祭(1983年)
  • 星からの悪い知らせ(1983年、ホモフィクタス)
  • ジョン王(1983年)
  • オイディプス昇天(1983年)
  • 地獄の天使(1984年)
  • 浄められた夜(1984年、ホモフィクタス)
  • 展覧会の絵(1984年)
  • ハムレット・ライブ(1986年)
  • イエルマ(1986年)
  • ロマノフの海(1987年)
  • 川島芳子伝 終の栖、仮の宿(1988年)
  • マクベス(1989年)
  • リボン・惑星・涙の木(1989年)
  • ドレッサー(1989年)

著作

  • 『中島葵全作品集Ⅰ 小さな劇場』(兼六館出版、1993年)
  • 『中島葵全作品集Ⅱ もう片方の運動靴は咲き乱れる花の中に落ちている』(兼六館出版、1993年)
  • 『女優 中島葵 もう一人の「或る女」がここに生まれる』(アルファ・エージェンシー、1992年)*追悼集