平尾昌晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平尾昌晃
出生名 平尾勇
別名 平尾昌章
生誕 (1937-12-24) 1937年12月24日(79歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京府東京市(現東京都新宿区
学歴 慶應義塾高等学校中退
職業 作曲家
歌手
共同作業者 ミッキー・カーチス
山下敬二郎
公式サイト 平尾昌晃のホームページ

平尾 昌晃(ひらお まさあき、1937年12月24日 - )は、日本作曲家歌手社団法人日本作曲家協会・常務理事[1]、社団法人日本音楽著作権協会JASRAC)理事[2]。出生名は平尾勇。幼少時にたびたび改名し、デビュー初期の芸名である「昌章」を経て、現在は芸名の通り平尾昌晃を本名としている。東京市牛込(現東京都新宿区)「生まれ」であるが、敗戦後、神奈川県湘南に移住し、湘南学園で小中学時代を送る。[3]

来歴・人物[編集]

化粧品業を営む平尾聚泉の孫。クラシックの作曲家・国立音楽大学教授の平尾貴四男は伯父。小学3年生のとき、自宅に来ていた将校から貰ったジャズのLPを聴き衝撃を覚える[4]。11歳のとき、のど自慢大会に出場し「奥様お手をどうぞ」を英語で歌い、鐘3つの合格点をもらう[5]

茅ヶ崎市に住み、ジャズ教室に通い、朝丘雪路水谷良重ペギー葉山らと知り合う。慶應義塾高等学校中退後、ウエスタンの人気バンド『チャック・ワゴン・ボーイズ』に入る[6]。しばらくして、『チャック・ワゴン・ボーイズ』はボーカルの小坂一也が脱退したため、『オールスターズ・ワゴン』となる。

1957年、ジャズ喫茶「テネシー」に出演していた際、ステージを見た渡辺プロ渡辺美佐と映画監督井上梅次に見初められ、同年に公開された石原裕次郎主演の『嵐を呼ぶ男』に出演[7]。自身としても、翌1958年1月、キングレコードより「リトル・ダーリン」でソロ・デビュー[7]。その後、ミッキー・カーチス山下敬二郎(後にこの2人は渡辺プロに所属する)と「ロカビリー三人男」として「日劇ウエスタンカーニバル」等で爆発的な大人気を博した[8]。1958年には、キングレコードからオリジナルナンバーである「星は何でも知っている」、翌年には「ミヨチャン」を発表し、2曲共に100万枚を売り上げる大ヒットとなった[9]

ポール・アンカが作詞・作曲した「好きなんだ! (I Love You)」は、日本での売上は10万枚程度に留まったが、ハワイでは地元ラジオ局・KPOIが流したことをきっかけにリクエストランキングで1位を記録する大ヒットとなった[10]。1959年12月、ハワイで開催された「アメリカン・ポップス大会」では、日本代表として歌唱した[10]

1965年2月20日拳銃不法所持で逮捕[11]。平尾が独自にハワイから持ち帰り、帰国後「日頃、興行でお世話になっているから」と[11]、名古屋と東京の暴力団組長に拳銃をプレゼントし事件が発覚した[11]。平尾は22日間拘留され[11]、釈放後「軽率だった」との反省文が雑誌に掲載された[11]

ロカビリーブームが去った1965年頃、北海道からじわじわ火がつき始めた「おもいで」で再ブレイク[12]。「おもいで」は、渡辺プロの新人歌手だった布施明1966年に再レコーディングし、これもヒットとなった[13]。続けて、作曲家として「霧の摩周湖」「恋」、じゅん&ネネ「愛するってこわい」[14][15]梓みちよに提供した「渚のセニョリーナ」などがヒット。「霧の摩周湖」、「渚のセニョリーナ」では、第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞。

その後も作曲家として非凡な才能を発揮していたが、1968年12月3日[16]結核を患い健康保険岡谷塩嶺病院への長期間入院による療養を余儀なくされ、肋骨を6本取り除く大手術を受ける。1969年11月30日に退院[16]。平尾自身は、この療養期間が作曲家としての活動の原点であることを事あるごとに語っている[17]

1970年代に入ると、ソフトな演歌から穏やかなポップス調まで様々な作風の曲を五木ひろし小柳ルミ子アグネス・チャン等に提供している。作詞家の山口洋子とのコンビは、この時代を代表するゴールデン・コンビとして知られている。

1971年、五木ひろしに提供した「よこはま・たそがれ」、小柳ルミ子に提供した「わたしの城下町」がそれぞれ大ヒット。

1972年、小柳ルミ子に提供した「瀬戸の花嫁」で第3回日本歌謡大賞受賞。

1973年、五木ひろしに提供した「夜空」で第15回日本レコード大賞受賞。

1974年、「平尾昌晃音楽学校(現平尾昌晃ミュージックスクール=HMS)」を創立[18]。東京本校の他、札幌、所沢、茨城、名古屋、大阪、福岡、鹿児島にも地方校があり、デビューバックアップもする。同校出身者は狩人畑中葉子川島なお美石野真子松田聖子川崎麻世大沢逸美森口博子芳本美代子笹峰愛倖田來未後藤真希西田あい、など。歌手としては、生徒の一人である畑中葉子とデュオを組み、「カナダからの手紙」「ヨーロッパでさよなら」等のヒットを出した。また、彼が日本でのデビューのきっかけを作ったアグネス・チャンとも、「香港国際空港(CHEK LAP KOK空港)」でデュオを組んだ。

1980年代のNHKの人気番組『レッツゴーヤング』の司会などにも携わる一方、『平尾昌晃の部屋』など、ラジオ番組のパーソナリティも務めた。その他、人気テレビ番組「熱中時代」での「僕の先生はフィーバー」、「やさしさ紙芝居」、『熱中時代-刑事編の「カリフォルニア・コネクション」』の他、ABCテレビ朝日系時代劇の『必殺シリーズ』、アニメ「銀河鉄道999」などの音楽を手掛ける。また1980年代初頭から宝塚歌劇団の舞台音楽も手掛けており、こちらは今日に至るまで長きに渡って関係が続いている[19]

俳優としても、『二階の他人』などに出演。競走馬オーナーとしては中央競馬で3勝したスーパーミヨチャンなどを所有[20]。またジャパンカップ優勝のローズキングダムの一口馬主でもある。オートレースのファンとしても有名で、川口オートレース場には年間ボックスシートを持っているほど。作曲者としても川口オートのテーマソングとなる『ぶっちぎりの青春』を提供した。

現在は音楽活動のみならず、『ものまねバトル』(日本テレビ系)の審査員、チャリティゴルフの企画等、幅広く活躍。

2001年モンブラン国際文化賞受賞。

2002年特定非営利活動法人ラブ&ハーモニー基金」を設立音楽を通じた福祉活動を展開している。

2003年紫綬褒章受章。

2004年に歌手デビューを果たした平尾勇気は次男。

2005年、歌手を目指す若い人、生徒のために自主レーベルのHMSレコードを立ち上げて優秀な生徒をCDデビューさせている。

2006年の『NHK紅白歌合戦』より逝去した宮川泰の後を受け「蛍の光」の指揮を務めている。但し宮川や、その前任の藤山一郎前田璣などと比較するべくもなく本格的に勉強した指揮法ではなく、いわば名誉職的な役割である事を本人も認めている。

作曲家としての提供曲[編集]

サウンドトラック[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行以降[編集]

その他[編集]

など多数。

また、高等学校の校歌や、企業社歌を作曲したこともある。

歌手としての作品[編集]

シングル[編集]

A面曲はポール・アンカのカバー。山下敬二郎と競作になった。
  • 好きなんだ! (I Love You)/ロック黒田節(1959年)
A面曲は作詞・作曲:ポール・アンカ
A面曲はニール・セダカのカバー。B面曲はアラン・ゴラゲール英語版楽団のカバー
A面曲はジョニー・プレストン英語版のカバー。B面曲はジョニーとハリケーンズ英語版のカバー
  • ミヨチャン/あの日から(1960年)
  • 都の灯りにあこがれて/リカちゃん(1960年)
  • あの娘16,おさげ髪/木曽の仲のりさん(1960年)
  • ワゴン・トレイン(幌馬車隊)/アイ・ラヴ・パリス英語版(1960年)
A面曲はテレビ西部劇幌馬車隊英語版』主題歌のカバー、B面曲はミュージカル『CAN-CAN』挿入歌のカバー
A面曲はペギー・リーのカバー、B面曲はジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップスのカバー
B面曲はアル・ジョルソンエルヴィス・プレスリーらが歌った曲のカバー
A面曲はチェイス・ウェブスターパット・ブーンらが歌った曲のカバー。B面曲はリッキー・ネルソンのカバー
  • いとしのルチア道中伊勢音頭(1961年)
  • 思い出の歌/雨の日だって楽しいさ(1961年)
  • 嫌じゃありませんか/水車がガッタンコ(1961年)
  • 夢の恋人/星の降るよな晩だった(1961年)
  • クレイジー・ラヴ/ジザベル
A面曲はジーン・ヴィンセントのカバー
東京オリンピック記念歌。伊藤アイコとデュエット。B面は伊藤のソロ曲「想い出の泉」
  • スピード野郎(1964年)
ミュージカル「ラップ3分2秒8」主題歌。B面は亀井信夫とスペイスメンの「祈らずにいられない」
畑中葉子とデュエット
畑中葉子とデュエット
  • サンフランシスコ行き/赤いレインコート(1978年)
畑中葉子とデュエット
  • ヨーロッパでさよなら/東京ラブ・ストーリー(1978年)
畑中葉子とデュエット
  • 遠い町/シンガーソングライター(1979年)
NHK『レッツゴーヤング』エンディングテーマ曲
  • 香港国際空港(CHEK LAP KOK空港)/夕焼け(2002年7月21日)
アグネス・チャンとデュエット
  • 星空デート/恋ふたたび(2012年4月4日)
木の実ナナとデュエット

アルバム[編集]

  • 平尾とロック
  • マーチャン大いに歌う(1959年)
  • 平尾昌章とオールスターズ・ワゴン
  • 京都ベラミ平尾昌晃オン・ステージ(1972年) ※京都のナイトクラブ「ベラミ」で収録されたライヴアルバム
  • disco train(1976年)
  • 遠い町(1979年)
  • 夢に向かって…(1998年5月22日)
音楽生活40周年記念盤。提供作品のセルフカバー
  • メロディー〜ベストオブ平尾昌晃〜(2011年12月7日)
提供作品のセルフカバーに加え、書き下ろしの新曲を収録
  • 必殺仕事人 新録劇伴集((必殺仕事人2007〜)(2016年11月30日)

ベストアルバム[編集]

  • Nippon Rock'n'Roll - The Birth Of Japanese Rokabirii(2013年6月24日、イギリス盤)
  • 決定版 2016 平尾昌晃(2015年11月11日)

ラジオ出演[編集]

テレビ出演[編集]

映画出演[編集]

  • 若者たちの夜と昼(1962年)

紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1960年 第11回「ミヨチャン」
  • 1961年 第12回「タック・ロック」 
  • 1962年 第13回「ツイストNo.1」
  • 1978年 第29回「カナダからの手紙」(畑中葉子とデュエット)

蛍の光・担当指揮[編集]

※「蛍の光」の三代目指揮者として藤山一郎宮川泰の後を引き継いで2006年第57回より担当している[22]

書籍[編集]

  • 平尾昌晃のカラオケ100点満点―カラオケなんて恐くない!! (1983年)
  • 平尾昌晃の歌上手になる本(1986年)
  • 自叙伝 気まま人生歌の旅(1994年 )

脚註[編集]

  1. ^ 日本作曲家協会・役員
  2. ^ 日本音楽著作権協会・役員一覧
  3. ^ 平尾昌晃 『気まま人生歌の旅』 廣済堂出版1994年9月1日[要ページ番号]ISBN 4-331-50453-0
  4. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(1)初めて聴いたジャズに衝撃スポーツ報知、2017年2月7日14時0分。
  5. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(2)11歳で「のど自慢」鐘3つ、スポーツ報知、2017年2月8日14時0分。
  6. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(3)あのひと言が運命の分かれ目、スポーツ報知、2017年2月9日14時0分。
  7. ^ a b 【平尾昌晃・生涯青春】(5)「嵐を呼ぶ男」裕次郎さん、強烈オーラ、スポーツ報知、2017年2月11日14時0分。
  8. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(6)「ロカビリー3人男」はマスコミ発、スポーツ報知、2017年2月14日14時0分。
  9. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(9)作詞家・水島哲氏と出会い「日本の歌も歌いなよ」、スポーツ報知、2017年2月17日14時0分。
  10. ^ a b 【平尾昌晃・生涯青春】(8)「好きなんだ」なぜかハワイで大ヒット、スポーツ報知、2017年2月16日14時0分。
  11. ^ a b c d e 石橋春海 「麻薬、暴行...お騒がせ歌手事件簿」『封印歌謡大全』 三才ブックス2007年4月15日、166-167頁。ISBN 4-86199-066-3
  12. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(10)「おもいで」が再ブレイク、スポーツ報知、2017年2月18日14時0分。
  13. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(11)布施明に「おもいで」譲る、 スポーツ報知、2017年2月21日14時0分。
  14. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(12)「霧の摩周湖」大ヒット!、スポーツ報知、2017年2月22日14時0分。
  15. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(13)芥川澄夫や「じゅん&ネネ」育てた、スポーツ報知、2017年2月23日14時0分。
  16. ^ a b 【平尾昌晃・生涯青春】(14)肋骨6本取って2度の手術、スポーツ報知、2017年2月24日14時0分。
  17. ^ 音楽の力で社会福祉-平尾昌晃 独立行政法人福祉医療機構 機関誌『WAM』2011年1月号
  18. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(20)畑中葉子とデュエット、スポーツ報知、2017年3月4日14時0分。
  19. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(21)映画もアニメも宝塚も、スポーツ報知、2017年3月7日14時0分。
  20. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(22)オートレース全6場のファンファーレも製作、スポーツ報知、2017年3月8日14時0分。
  21. ^ 大半の曲は竜崎孝路が編曲している。また、『江戸プロフェッショナル・必殺商売人』『必殺からくり人・富嶽百景殺し旅』『翔べ! 必殺うらごろし』の3作では、平尾の曲は使われていない。後期作品では他の作曲家が参加しているケースも見られるが、映像でのクレジットは原則として平尾のみの名義になっている。
  22. ^ 【平尾昌晃・生涯青春】(25終)「紅白」「レコ大」には出演してほしい、スポーツ報知、2017年3月11日14時0分。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]