山田スミ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまだ すみこ
山田 スミ子
本名 山田 壽美子
生年月日 (1945-05-25) 1945年5月25日
没年月日 (2019-02-12) 2019年2月12日(73歳没)
出生地 日本の旗兵庫県西宮市
死没地 日本の旗大阪府
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 1950年代 - 2010年代
活動内容 吉本新喜劇劇団員
主な作品
花月爆笑劇場
あっちこっち丁稚
家政婦は見た!
カーネーション』他

山田 スミ子(やまだ スミこ、1945年5月25日 - 2019年2月12日)は、日本女優。本名:山田 壽美子。身長155cm、血液型はO型。趣味はゴルフ英語。特技は日舞(深水流)。兵庫県西宮市出身。神戸海星女子学院高等学校卒業。オールウェイズ所属。元吉本興業所属。

人物・来歴[編集]

  • 幼い頃から子役として宝塚映画製作所などで活躍していた。
  • 1968年4月に、吉本新喜劇に入団。主に、花紀京岡八郎のマドンナ役を務め、1982年頃までレギュラー出演した。初の女座長。
  • あっちこっち丁稚』での「あかんて言うてんのが、分からへんのんか〜!」や「あかん言うてますのに、どないやねんな〜!」と、ヒステリックなセリフを言い放ち、前田五郎をビンタする事は有名。その際、木村明が赤い褌姿で、舞台を平泳ぎしながら走り抜けるというシュールな演出は番組の名物となる。夏休みには、木村明が赤い褌の子供達を従えて登場する[1]ことが名物となっていた。またその切れる芸風は、未知やすえに受け継がれている。
  • 新喜劇時代には山田が大声を張り上げると周りの俳優がコケる、というギャグがあった[2]
  • 横山やすし・西川きよしの『やすきよ笑って日曜日』では、やすしの妻役として出演(持ち前のツッコミで、彼を圧倒した)。これが縁で、同日の『ザ・テレビ演芸』のアシスタントとして、病気療養中だった堀江しのぶ(この後、病没)のピンチヒッターを務めたこともある。
  • 2019年2月12日直腸がんのため永眠[3]。73歳没。生涯独身。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京

WOWOW

映画[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 氷川きよし特別公演「銭形平次 −きよしの平次 青春編−」(2011年6月21日-30日、明治座) - お類 役

脚注[編集]

  1. ^ 木村明は普段通り店の2階から階段を下りて登場するが、子供たちは舞台の上手や下手から一斉に登場する。
  2. ^ 竹中功、堰守、竹本浩三 『吉本新喜劇名場面集 1959-1989』 吉本興業、データハウス、1989年、136頁。
  3. ^ 山田スミ子さんが死去、吉本新喜劇往年のマドンナ 日刊スポーツ 2019年(平成31年)3月6日閲覧

外部リンク[編集]