スパルタの海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スパルタの海』(スパルタのうみ)は、戸塚ヨットスクールを題材としたノンフィクション及び映画化された作品である。

概要[編集]

『スパルタの海 甦る子供たち』は中日新聞文化部の企画によりノンフィクション作家の上之郷利昭がヨットスクール合宿所に泊まり込んで取材し、『中日新聞』『東京新聞』両紙に半年間にわたって連載[1][2]。この連載を中心に、『中央公論ノンフィクション特集』の「そして子供たちは病んだ」の一部を加え、さらに加筆再構成された単行本が1982年東京新聞出版局から刊行された[1]

戸塚ヨットスクールの実態と、家庭内暴力や登校拒否児などが実際に立ち直っていく様子を描いた。スクールでは既に2名の死亡事件が発生したが、1名の死亡事故に関して名古屋地方裁判所不起訴処分とする1981年末で幕を閉じる。生徒や父兄は一部を除いて仮名の扱い[1]

新聞連載時は、育児に悩む読者が自分の子供を立ち直らせようとスクールへ入校させたいとの希望が殺到する反響があり[1]、ヨットスクール側の出す資料に基づいたヨットスクールのPR本だとの批判を受けた[3]

映画[編集]

スパルタの海
監督 西河克己
脚本 野波静雄
原作 上之郷利昭
製作 天尾完次
出演者 伊東四朗小山明子平田昭彦牟田悌三辻野幸一香野百合子横田ひとみ山本みどり塩田智章粟津號清水宏岡本達哉三谷昇沢竜二小林哲子吉野佳子山田スミ子東恵美子
音楽 甲斐正人
撮影 山崎善弘
配給 アルバトロス
公開 日本の旗 1983年9月(中止)/2011年10月
日本の旗 2005年(ビデオ・DVD化)
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

原作を元に映画化された。監督は西河克己。西河は交通事故死した息子が不登校で高校中退したというヨットスクールの父兄と共通する問題を抱えた過去があり、意欲的に映画化に取り組んだ[2]。主演は戸塚ヨットスクールを支援する会の理事でもあった伊東四朗東映の天尾完次プロデューサーが東宝東和と組んで[4]、同社の配給により1983年9月に公開される予定だった。予算は1億円[2]

しかしスクールの問題が刑事事件化した戸塚ヨットスクール事件により4月にはコーチ6名が、6月にはさらに校長の戸塚宏とコーチ15名が逮捕。上映禁止運動も起こり[5]、公開を断念してお蔵入りとなった[6]

製作の天尾完次は原作と同じくドキュメンタリータッチを希望したが、監督の西河はフィクションのドラマ仕立てにし、西河は中途半端になったと反省の弁を述べている[6]。主演した伊東は賛否両論のあった題材に「やって良いものか悪いものなのか疑問だった」と葛藤があったことを告白した[2][7]

映画評論家の山根貞男は「活劇としての素晴らしさに目を瞠った」と評価した[8]。『キネマ旬報』誌の5つ星満点のレビューでは、石井加奈が戸塚への教育論への賛同ではないとしつつ4つ星、村山匡一郎は「珍品」と星が2つ星、吉田広明は1つ星をつけた[9]

20年以上封印状態にあったが、戸塚ヨットスクールを支援する会の有志が2005年春に試写会を開催し、続けて同年秋に著作権を取得[10]。これによって『スパルタの海』管理委員会が著作権者となり、同年にリッチモンド企画から会員向けにビデオとDVDが発売された。

2007年にシネマヴェーラ渋谷の特集上映の1本として数日間上映された[11]

制作から28年後の2011年10月29日からアルバトロス配給でシアターN渋谷を皮切りに全国で順次劇場公開がなされた[11][12]

2014年6月に衛星劇場でテレビ初放映された[13]

キャスト[編集]

戸塚ヨットスクール校長。名大機械科卒。40歳。昭和50年、沖縄海洋博記念 太平洋横断単独ヨットレース優勝。
コーチ。正看護婦。25歳。
コーチ。京大経済学部卒。28歳。
コーチ。長崎造船大卒。37歳。国体ヨットレース優勝。
副校長。名大哲学科中退。36歳。
高2。家庭内暴力。東京都。
高1。家庭内暴力。長崎県。
沢明子の父。酒店経営。高卒。42歳。
沢明子の母。長崎女子短卒。39歳。
刑事
高2。番外生徒。非行。名古屋。
中3。家庭内暴力。横浜。
戸塚宏の妻
角屋旅館 女将。
菊枝の夫。町会副議長
松本俊平の母。
松本俊平の父。
松本俊平の祖母。
山上政男の父。マッサージ師。中卒。46歳。
山上政男の母。マッサージ師。中卒。45歳。

主題歌[編集]

「ジャスト・フォール・イン・ラブ」 ガンジー

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 上之郷利昭「あとがき」『スパルタの海 甦る子供たち』東京新聞出版局、1982年、p.312
  2. ^ a b c d 天野ミチヒロ「スパルタの海」『放送禁止映像大全』三才ブックス、2005年、pp.222-223
  3. ^ 中山俊一「戸塚ヨットスクールをめぐるマスコミ報道の舞台裏」『噂の真相』1983年10月号、pp.68-74
  4. ^ 文化通信社編著『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年、p.176
  5. ^ 「戸塚映画『スパルタの海』上映禁止運動の怪」『週刊文春』1983年7月21日号
  6. ^ a b 西河克己、権藤晋『西河克己映画修業』ワイズ出版、1993年、pp.372-373
  7. ^ キネマ旬報』1983年7月上旬号
  8. ^ 山根貞男「日本映画時評255」『キネマ旬報』2010年5月下旬号、p.132
  9. ^ 「REVIEW スパルタの海」『キネマ旬報』2011年一一月下旬号、p.107
  10. ^ 映画「スパルタの海」について戸塚ヨットスクールを支援する会公式サイト
  11. ^ a b 「日本映画 NEWS SCOPE 幻の映画『スパルタの海』ついにロードショー」『キネマ旬報』2011年8月上旬号、p.144
  12. ^ 伊東四朗、戸塚ヨットスクール校長がモデルの校長役!『スパルタの海』が28年の時を経てついに公開! シネマトゥデイ 2011年9月6日
  13. ^ 衛星劇場シアター スパルタの海 衛星劇場公式サイト内 2014年6月2日閲覧

外部リンク[編集]