虹をつかむ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

虹をつかむ男』(にじをつかむおとこ)は、西田敏行主演、山田洋次監督の喜劇映画シリーズ。2作が制作され、1996年1997年に公開された。

シリーズ製作の経緯[編集]

男はつらいよ』第49作のタイトルは『男はつらいよ 寅次郎花へんろ』、ロケ地に高知県、ストーリー、キャスト、公開日は1996年12月28日と決まり、秋からの撮影を控えていた。しかし、同年8月4日に車寅次郎役の渥美清が死去したことにより制作が不可能になり、『男はつらいよ』シリーズは終了(打ち切り)することとなった。『虹をつかむ男』は渥美を追悼して、1996年9月26日に制作発表が行われ、『寅次郎花へんろ』の公開予定日であった1996年12月28日に公開された。

本作の主演は『寅次郎花へんろ』に出演予定だった西田敏行、ヒロイン役も同作でマドンナを演じる予定だった田中裕子である。さくら役だった倍賞千恵子、ひろし役だった前田吟、満男役だった吉岡秀隆の3人に至っては本作でも親子役であり、おいちゃん(3代目)役だった下條正巳、おばちゃん役だった三崎千恵子、源公役だった佐藤蛾次郎なども登場しており、寅さんファミリーの総出演と呼ばれることも多い。他にも『男はつらいよ』シリーズの準レギュラーや出演経験のある俳優が多く出演している他、劇中で『男はつらいよ』の映像が流用されている。タコ社長役だった太宰久雄やポンシュウ役だった関敬六も出演予定だったが、ともに病気療養中であったため出演を断念している。

このシリーズは2作で終わったが、『男はつらいよ』に代わるものとして、1988年から『男はつらいよ』と同時上映が恒例だった西田主演の『釣りバカ日誌』シリーズが松竹の看板映画となった。

名称は1950年のアメリカの映画『虹を掴む男』から。

シリーズ概要[編集]

第1作[編集]

虹をつかむ男
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
出演者 西田敏行
吉岡秀隆
音楽 山本直純
山本純ノ介
撮影 長沼六男
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1996年12月28日
上映時間 120分
言語 日本語
配給収入 5億8000万円[1]
次作 虹をつかむ男 南国奮斗篇
テンプレートを表示
映画の撮影が行われた徳島県美馬市の脇町劇場

第1作『虹をつかむ男』(1996年12月28日公開、ロケ地:徳島県美馬郡脇町(現・美馬市))。同時上映は『サラリーマン専科 単身赴任

この映画の舞台となる「オデオン座」(脇町劇場)は、1995年に閉館し取り壊しが予定されていたが、この映画で一躍注目を集め、後に町指定文化財として修復されて一般公開されることとなった。BGMやEDは『男はつらいよ』のものが使用されており、吉岡秀隆演じる亮が親と喧嘩し家出し物語が展開するのは『男はつらいよ ぼくの伯父さん』以降の吉岡演じる諏訪満男と同様である。

エンディングでは出演者が亡き渥美清への思いを語っている。また、エピローグにおいて渥美清演じる寅さんが、CG合成ではありながら登場する一場面がある。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画内で使われた映画[編集]

キャッチコピー [編集]

  • 世界一の金持ちになった気分よ、今は。
  • 97年、お正月映画が変わります。

第2作[編集]

虹をつかむ男 南国奮斗篇
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
出演者 西田敏行
吉岡秀隆
音楽 山本直純
撮影 長沼六男
編集 石井厳
配給 松竹
公開 日本の旗 1997年12月27日
上映時間 112分
言語 日本語
前作 虹をつかむ男
テンプレートを表示

第2作『虹をつかむ男 南国奮斗篇』(1997年12月27日公開、ロケ地:奄美群島

「巡回上映」が舞台となっている。続編となっているが白銀活男と平山亮以外のキャストは変更されている。また、『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』上映予定の看板が置いてある場面があるがこれは当時『ハイビスカスの花』特別編が同時公開だったためである。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画内で使われた映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)564頁

外部リンク[編集]