男はつらいよ 寅次郎心の旅路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
男はつらいよ 寅次郎心の旅路
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 内藤誠
出演者 渥美清
竹下景子
淡路恵子
倍賞千恵子
笠智衆
下條正巳
三崎千恵子
前田吟
佐藤蛾次郎
イッセー尾形
柄本明
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1989年8月5日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 8億6000万円[1]
前作 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日
次作 男はつらいよ ぼくの伯父さん
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(おとこはつらいよ とらじろうこころのたびじ)は、1989年8月5日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの41作目。同時上映は『夢見通りの人々』。

概要[編集]

  • 主な舞台がオーストリアウィーンであるためか、同じくウィーンが舞台の名作映画『第三の男』や『会議は踊る』へのオマージュらしきシーンがある。また時代が平成に変わってからの初の作品になる。
  • 次作以降は12月公開のみとなりシリーズ最後の8月公開作品となった。
  • 劇中で使用された「寅次郎の笑った顔のパスポート写真」は現在、寅さん記念館に保存されている。
  • 満男は大学受験に失敗、浪人生になり予備校生になっている。
  • ウィーンが舞台になったのは、ウィーン市長ヘルムート・ツィルク英語版ドイツ語版が招致したことによる[2]。ツィルク市長は1986年、訪日の際に飛行機機上で『男はつらいよ』シリーズの作品を観、ウィーン市民の気質や市郊外の風景が作品の世界と似ていると感銘した[3]

あらすじ[編集]

みちのくのローカル線の電車に揺られていた寅次郎は、突然の急ブレーキに座席から投げ出された。心身衰弱のサラリーマン坂口(柄本明)が自殺しようと線路に横たわっていたのだ。すんでの所で一命を取り留めたサラリーマンを前にした寅次郎は、持ち前の義侠心で優しく諭す。そのせいで、坂口は寅次郎を心底慕ってしまう。坂口の望みは音楽の都オーストリアはウィーンに行くということで、寅次郎に付いてきて欲しいという。寅次郎はウィーンを湯布院と聞き違え、二つ返事で了解してしまう。一方故郷柴又では、坂口から連絡を受けた旅行代理店の人間が寅次郎のパスポートを確認しようとやって来ていた。とらやの皆は、行き先がウィーンだと知り仰天。そうこうしているうちに、寅次郎が帰郷。一同はウィーン行きを断るよう説得し、寅次郎も納得した。翌日、嬉々として寅次郎を迎えに来た坂口が、寅が一緒に行かないと知るや発作を起こす。寅次郎は、仕方なく成田までついて行くことにするが、とうとうそのままウィーンまで行ってしまう。ウィーンを訪れた事で精気を取り戻した坂口だったが、寅次郎は退屈極まりない時間を過ごす。しかし、街でツアーガイドの久美子(竹下景子)と偶然知り合ったことで、突如として寅次郎は復活する。坂口は舞踏会で知り合った現地女性とほのかな恋を楽しみ、寅次郎は久美子と日本の話に花を咲かせる。ドナウ川のほとりに佇む二人を見ていると、まるで江戸川のほとりに佇んでいるような錯覚に陥るほどで、寅次郎は故郷を想い「大利根月夜」を口ずさむ。久美子は寅次郎を故郷の塊みたいな人と話すなど、捨て去ったはずの郷愁が募っていくのであった。寅次郎は一緒に日本へ帰ることを勧め、久美子の知り合いのマダム(淡路恵子)も賛成し、2人は共に帰国することに。いよいよ、渡航手続きをしようという時、久美子の恋人が引き止めるためにやって来た。そして、2人は抱き合いキスをする。その瞬間、寅次郎は失恋し、久美子の恋人に対して、久美子を幸せにするよう約束させ、帰国の途についたのであった。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:185万2000人[4]
  • 配給収入:8億6000万円[1][4]
  • 上映時間:110分

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)480頁
  2. ^ 【ロケ】 寅さんに惚れたウィーン市長”. 西日本新聞47NEWS採録) (2009年9月11日). 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ a b 友好都市・姉妹都市について”. 葛飾区. 2017年1月2日閲覧。
  4. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

外部リンク[編集]