4つの即興曲D899

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
4つの即興曲D899




これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

4つの即興曲(よっつのそっきょうきょく、Impromptus)作品90D899は、フランツ・シューベルトが晩年、1827年頃に作曲したピアノ独奏曲。構成的な追求よりも自由な旋律美を優先させている。同時期に作曲された4つの即興曲 作品142、D935が一つのソナタに見たてられるのと異なり、それぞれが自由に彩りある個性を見せている。作曲年に第1・2曲のみ出版され、1857年に後半の2曲が出版された。表題はトビアス・ハスリンガーの出版社により与えられたものである。シューベルトのソナタやさすらい人ほどは難しくないとされ、よく学習の教材として扱われる。

おおむね三部形式であるが調性が不安定で、原調に解決しないまま終わっている作品が多い。

第1曲[編集]

Allegro molto moderato

ハ短調。冒頭に現れる主題による自由な変奏曲である。序奏はG音のオクターヴ。右手の単旋律のみの主題が寂しげな効果を出している。

すぐに変イ長調に移り、変イ短調を交えながら三連符に乗って雄大な歌がはじまる。転調が多くハ短調を確認できるのは調号のみである。コーダは同主調ハ長調。最弱音で静かに終わる。

第2曲[編集]

第2曲

Allegro

変ホ長調ロンド形式チェルニー練習曲に似た三連符の無窮動音階が中心なのでピアニスティックな技巧を見せつけている。ロ短調変ホ短調の挿入部は効果的で、コーダも変ホ短調で終わっている。

第3曲[編集]

Andante

変ト長調無言歌風の落ち着いた和声に、中声部の三連符アルペジョが装飾を施す構造。2分の2拍子を表す記号が2つ並べられているので、作者本人による「2分の4拍子」の指定とされている。出版時は出版業者の意向でト長調に移調されていた。

第4曲[編集]

Allegretto

変イ長調。変イ短調のアルペジョが徐々に変イ長調に変化していく。演奏も比較的容易で親しまれている。左手のバリトンが美しい。中間部はエンハーモニック下属調嬰ハ短調で、暗い情熱が迸る。

外部リンク[編集]