ウィーン気質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワルツ『ウィーン気質』ピアノ譜の表紙絵(1873年出版)

ウィーン気質』(ウィーンかたぎ、ドイツ語: Wiener Blut)作品354は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したウィンナ・ワルツである。

概要[ソースを編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
レオポルト王子とギーゼラ大公女(1872年)

1873年4月20日、オーストリア=ハンガリー皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の長女ギーゼラバイエルン王子レオポルトの結婚式が執り行われた[1]。4月22日、この婚礼を祝うためにウィーン楽友協会黄金の間で催された「宮廷オペラ舞踏会」において初演された[2]。本来この舞踏会はウィーン宮廷歌劇場において催されるべきであったが、当時はまだ舞踏会の設備が整っていなかったためにウィーン楽友協会を会場として開かれた[2]。この初演の時、ヨハン・シュトラウス2世は初めてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した[2]

シュトラウス2世はこのワルツに、皇女の婚礼とは無関係な『ウィーン気質』という曲名を与えた。翌月5月1日にはウィーン万博の開幕式が迫っており、この曲は婚礼の祝典のみならずウィーン万博の門出をも飾る結果となった[2]

ニューイヤーコンサート[ソースを編集]

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートへの登場は以下の通りである。

参考文献[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 江村(1994) p.184
  2. ^ a b c d 加藤(2003) p.184

外部リンク[ソースを編集]