加藤雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤雅彦(かとう まさひこ、1927年 - 2015年)は、日本の評論家、ヨーロッパ問題研究家。

来歴[編集]

名古屋市生まれ。東京大学法学部卒業、NHKに入局。ベルリン自由大学に留学。NHKベオグラード、ボン支局長、解説委員などを歴任。1992年『ドナウ河紀行』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。日本ヨハン・シュトラウス協会会員。

著書[編集]

  • 東ヨーロッパ 自立へ進む国ぐに』日本放送出版協会 1968
  • 『ドイツとドイツ人』日本放送出版協会 1976
  • 『ユーゴスラヴィア チトー以後』中公新書 1979)
  • 『中欧の崩壊 ウィーンとベルリン』中公新書 1983
  • ゴルバチョフ革命とは何か』教育社 1988
  • 『ドナウ河紀行 東欧・中欧の歴史と文化』岩波新書 1991
  • 『中欧の復活 「ベルリンの壁」のあとに』日本放送出版協会 NHKブックス 1991
  • 『バルカン ユーゴ悲劇の深層』日本経済新聞社 1993
  • 『図説・ハプスブルク帝国河出書房新社 1995 のち文庫 
  • 『ライン河 ヨーロッパ史の動脈』岩波新書 1999
  • ウィンナ・ワルツ ハプスブルク帝国の遺産』日本放送出版協会 NHKブックス 2003
  • 『図説ヨーロッパの王朝』河出書房新社 (ふくろうの本) 2005
共著

翻訳[編集]

  • スターリン死後 W.レオンハルト 弘文堂 1966
  • ソ連の指導者と政策 スターリン以後のクレムリン /ヴォルフガング・レオンハルト サイマル出版会 1969
  • アメリカ政治入門 危機の構造 ディビッド・P.カレオ サイマル出版会 1972
  • アメリカの政治 構造と問題 デイビッド・P.カレオ サイマル出版会 1980
  • ポーランド革命とソ連 グダニスクへの道 ダニエル・シンガー ティビーエス・ブリタニカ 1981.7