男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
俵万智
製作 島津清
出演者 渥美清
三田佳子
三田寛子
倍賞千恵子
笠智衆
下條正巳
三崎千恵子
前田吟
佐藤蛾次郎
尾美としのり
鈴木光枝
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1988年12月24日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 12億5000万円
前作 男はつらいよ 寅次郎物語
次作 男はつらいよ 寅次郎心の旅路
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』(おとこはつらいよ とらじろうサラダきねんび)は、1988年12月24日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの40作目。上映時間は100分。観客動員は182万2000人[1]配給収入は12億5000万円[2](12億3000万円[1]とも)。同時上映は、後にシリーズ化される『釣りバカ日誌』の第1作。

作品概要[編集]

  • 題名の由来は俵万智の歌集『サラダ記念日』から。寅次郎が早稲田大学で講義を受ける場面があるなど、歌集の世界を反映した内容となっている。俵の歌も随所に使われている。
  • 公開2年前に大河ドラマ『いのち』で女医役を演じ高い評価を得た三田佳子が再びマドンナの女医役として出演した。また番組でナレーションを務めた奈良岡朋子は母役で出演している。
  • 早稲田大学での撮影では、実際の早大生がエキストラとして出演している。
  • この作品から第45作まで御前様は座っているシーンが多く、最後のさくらと話をするシーンしか出番がない。これは笠智衆が癌となったため出演シーンは笠の自宅で撮影している。
  • 上映中に元号が平成に変わったため、シリーズ中では昭和最後の作品ということになる。
  • とらやの屋号がくるま菓子舗(通称:くるまや)に変更し、店員として新しく関西出身の従業員・三平(北山雅康)が雇われた。
  • 後の『男はつらいよ 寅次郎紅の花』では満男と寅次郎の会話のやりとりで原田真知子のことが言及されている。

あらすじ[編集]

初秋の信州は小諸を訪れた寅次郎は、そこで一人暮らしの老婆と知り合い、楽しい一時を過ごした。そこへ未亡人の女医真知子(三田佳子)が老婆を迎えに来ると、老婆は病院でなく、家で死にたいという。寅次郎は病身の老婆を励まして、何とか入院させる事に成功した。真知子とすっかり仲良くなった寅次郎は、またしても恋の虜になったのであった。そこへ、東京から姪である由紀(三田寛子)が訪ねてくる。由紀の趣味は短歌。柴又に帰った寅次郎は、由紀が通う早稲田大学へ出かける。そして、ひょんなことから講義を受ける事になるが、ワットに始まる産業革命を語る教授に対しておかしな質問をし、講義を滅茶苦茶にしてしまい、ついには自分で友人の「ワットくん」(第20作『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』で中村雅俊が演じた青年)のガス自殺未遂の話などおかしな講義を行ってしまう。「寅さんが早稲田の杜にあらわれてやさしくなった午後の教室」。

しばらくすると、小諸で出会った老婆が危篤だという連絡が入る。寅次郎は由紀と茂(尾美としのり)の車で急いで小諸へ向かうが、一足遅く老婆は亡くなってしまっていた。老婆は終始、家で最期を迎えたいと望んでいたが、叶えられる事は無かった。病人の最期についてどう迎えさせていいのか悩む真知子は、寅次郎の胸で泣く。しかし、相変わらず寅次郎は受け止めてやれないのであった。寅次郎は一足先に小諸から去ることにする。それを知った由紀が、「叔母様を好きなのね」と呟く。すると寅は由紀が作ったばかりのサラダを一口食べて、「うん、いい味だ」とだけ答える。そして、由紀は寅次郎の一言に触発されて「サラダ記念日」という短歌を詠むのであった。そして、寅次郎は九州へ旅立って行った。さくらと博は由紀の短歌がとてもいいから出版でもしようかと相談するのであった。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

挿入歌[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]