続・男はつらいよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
続・男はつらいよ
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
小林俊一
宮崎晃
製作 斎藤次郎
出演者 渥美清
倍賞千恵子
佐藤オリエ
山崎努
前田吟
東野英治郎
ミヤコ蝶々
笠智衆
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1969年11月15日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億1000万円[1]
前作 男はつらいよ
次作 男はつらいよ フーテンの寅
テンプレートを表示

続・男はつらいよ』(ぞく・おとこはつらいよ)は、1969年11月15日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの2作目。製作・配給は松竹(大船撮影所)。同時上映は喜劇・よさこい旅行(フランキー堺)。

あらすじ[編集]

車寅次郎(渥美清)は、弟分の登(津坂匡章)と北海道へ出発する前にふらりと葛飾商業学校時代の英語の恩師・坪内先生(東野英治郎)の家を訪ねた。先生の娘・夏子(佐藤オリエ)に一目惚れした寅次郎は浮かれてしまい、先生宅で飲み食いが過ぎ病院に担ぎ込まれてしまう。入院先の病院でトラブルを起こして脱走。さらに、舎弟の登と焼肉店で無銭飲食と店長の男性に暴力をふるい、警察に連行された。さすがにいたたまれなくなった寅次郎は北海道の仕事もうまくいかずに関西京都へたどり着く。

  • 第1作の好評を受けて製作された「男はつらいよ」の続編。(寅の夢)寅さん版瞼の母。
  • 寅の瞼の母お菊(ミヤコ蝶々)が初めて登場した作品でもある。なお、お菊は第7作「奮闘編」にも登場している。
  • 源公が寅次郎の舎弟として登場している。
  • テレビ版博士の医師の設定が本作の藤村薫の職業に活かされている。
  • 満男役として中村はやとが第26作まで登場する。(第9作を除く)

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:48万9000人[1]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

外部リンク[編集]