男はつらいよ フーテンの寅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
男はつらいよ フーテンの寅
監督 森崎東
脚本 山田洋次
小林俊一
宮崎晃
原作 山田洋次
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 杉原よ志
配給 松竹
公開 日本の旗 1970年1月15日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億3000万円[1]
前作 続・男はつらいよ
次作 新・男はつらいよ
テンプレートを表示

男はつらいよ フーテンの寅』(おとこはつらいよ フーテンのとら)は、1970年1月15日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの3作目。同時上映は『ひばり森進一の花と涙と炎』。

あらすじ[編集]

久々に故郷柴又に帰ってきた寅次郎を見合い話が待っていた。本人もすっかりその気になったが、相手の駒子は寅次郎の幼馴染であり、しかも旦那持ちであった。寅次郎は駒子の旦那が浮気したと聞くや、二人の仲を取り持つために一肌脱ぐ。しかし、二人のための宴会やハイヤーの代金をくるまやに請求したことが原因でおいちゃんと大ゲンカしてしまい、いたたまれなくなった寅次郎は再び旅に出る。旅先の湯の山温泉で病に倒れた寅次郎は、そこでお志津さんという温泉宿の女将に出会い、手厚い看護を受ける。お志津さんに惚れ込んた寅次郎は、病が癒えてからも湯の山温泉に居着き番頭として女将のために一生懸命働くのであった。しかし、お志津には再婚を考えている相手がいることを寅次郎は知らなかった。

概要 [編集]

  • 今回は前作に代わって山田洋次から『時代屋の女房』『美味しんぼ』などの森崎東が監督している。山田は本作はもういいと思っており脚本のみ書いている。
  • 源公は、本作では寅屋の従業員になっている。
  • さくら役の倍賞千恵子の出番は非常に少ない。
  • 劇中では大晦日の設定で年が1969年から1970年に変わる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:52万6000人[1]
  • 配給収入:1億3000万円[1]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

外部リンク[編集]