男はつらいよ フーテンの寅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
男はつらいよ フーテンの寅
監督 森崎東
脚本 山田洋次
小林俊一
宮崎晃
原作 山田洋次
出演者 渥美清
新珠三千代
倍賞千恵子
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 杉原よ志
配給 松竹
公開 日本の旗 1970年1月15日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億3000万円[1]
前作 続・男はつらいよ
次作 新・男はつらいよ
テンプレートを表示

男はつらいよ フーテンの寅』(おとこはつらいよ フーテンのとら)は、1970年1月15日に公開された日本映画『男はつらいよ』シリーズの3作目。同時上映は『ひばり森進一の花と涙と炎』。

あらすじ[編集]

旅先で病気になってしまい、宿の女中(悠木千帆)に親兄弟があるのか心配された寅次郎は、とらやの人びとの写真を見せ、ついさくらを「奥さん」、満男を「自分の赤ちゃん」、おばちゃん・おいちゃんを「おふくろとおやじ」と見栄を張ってしまう。

久々に故郷柴又に帰ってきた寅次郎を見合い話が待っていた。本人もすっかりその気になったが、相手の駒子(春川ますみ)は寅次郎と旧知の仲であり、しかも旦那持ちであった。寅次郎は、駒子の妊娠も知らずに旦那が浮気したと聞くや、二人の仲を取り持つために一肌脱ぐ。しかし、二人のための結婚式や新婚旅行まがいの宴会やハイヤーの代金をとらやに請求したことが原因で、おいちゃんと大ゲンカしてしまい、いたたまれなくなった寅次郎は再び旅に出る。

旅先の伊勢・湯の山温泉で腹を下した寅次郎は、便所を借りに温泉宿・もみじ荘に入り浸り、そこの女将・お志津(新珠三千代)の同情を買って宿に泊めてもらう。未亡人のお志津に惚れ込んた寅次郎は、宿代がないことを理由にもみじ荘に居着くようになり、住み込みの番頭として一生懸命働く。お志津の弟・信夫(河原崎建三)となじみの芸者・染奴(香山美子)との仲を取り持つことに奔走して、お志津に感謝され、お志津の小さな女の子を可愛がるあまり風邪を引いて、お志津に看病してもらって、寅次郎は有頂天になる。しかし、寅次郎の知らないところで、お志津には再婚を考えている相手(高野真二)がいたのだった。

とらやでは、年越しに駒子ら夫婦を招き、新年の門出を祝う。ちょうど見ていたテレビで、霧島神宮で啖呵売をしていた寅次郎が取材される。正月を家でこたつに入って祝えず、自分に子どもがいるかのように振る舞い、お志津に向けて呼びかけるような寅次郎の様子を見て、とらやの人びとは涙ぐむ。しかし、寅次郎は、伊勢で恥をかいて悲しい思いをしたばかりとは思えないほど、桜島の見える船の中で笑いを振りまくのであった。

概要[編集]

  • 今回は前作に代わって山田洋次から、山田の助監督出身で(ただし4歳年長)第1作やテレビ版の脚本にも参加した森崎東が監督している。山田は本作はもういいと思っており脚本のみ書いている[2]。山田は別監督が立った第3作、第4作に違和感を覚えて第5作で監督復帰し、以降、最後まで他人に監督させることはなかった。森崎はまもなく松竹を退社してフリーで活動、『時代屋の女房』、『美味しんぼ』などを監督している。
  • 源公は、本作ではとらやの従業員になっている。
  • さくら役の倍賞千恵子の出番は非常に少ない。
  • おいちゃん・おばちゃんが湯の山温泉を訪れた際、寅次郎が働いている宿に泊まり、寅と出会う(さらにマドンナのお志津の存在を知る)という設定になっている。お志津がとらやを一度も訪れていないことも含め、旅先の寅次郎が中心の話になっている。
  • 劇中では大晦日の設定で年が1969年から1970年に変わる。
  • DVDに収録されている特典映像「予告編」では以下のような没シーンが収められている。
    • オープニングで寅が自転車に乗っている生徒の体を叩くシーン。本編では自転車の列が皆土手で転んでいるが、予告編では転ばずに列はそのまま走り去っている。
    • オープニング、寅が砂浜でカバンに腰掛けコケるシーンの別テイク[3]
    • タコ社長とおいちゃんが言い合ってタコ社長が階段から転げ落ちるシーン。
    • バイクに乗った信夫がスーツケースを持って歩く染奴を追い掛けるシーン。その後の「あんたホンマにええの?」「俺はそんな男じゃない」の会話。
    • 寅と信夫が石橋の上で喧嘩をして、寅が橋から落ちる別テイク。
    • 寅とお志津が庭園らしきところで「これからどこへ行くの?」「怒らないでね。寅さんがよかったら半月でも一週間でもうちで働いてほしいの」等会話をするシーン。
    • もみじ荘の宴会で、寅が太鼓を叩き後ろで客が踊るシーン。

スタッフ[編集]

配役[編集]

ロケ地[編集]

以上松竹の公式HP[5]、及び佐藤(2019)p.614より。

記録[編集]

  • 観客動員:52万6000人[1]
  • 配給収入:1億3000万円[1]

受賞[編集]

参考文献[編集]

佐藤利明『みんなの寅さん』(アルファベータブックス、2019)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
  2. ^ 『男はつらいよ 寅さんの歩いた日本』p.15 。「作者の山田監督自身は、本当はこの2作目でシリーズを終了させるつもりだったそうで、松竹からの次回作の依頼にも『脚本は書くから、監督は他の人にしてくれませんか』と言って断り、自身は『家族』の監督に専念した」との記述がある。
  3. ^ 落ちた帽子の位置から別テイクと判別できる。
  4. ^ ささき・りさと(りり)、1946年8月18日生まれ、東京都出身
  5. ^ 男はつらいよフーテンの寅ロケ地松竹シネマクラシック(2021.3.21Lastaccess)

外部リンク[編集]