湯の山温泉 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg湯の山温泉
Yunoyama-ooishipark.jpg
温泉街にある大石公園(2005/2)
温泉情報
所在地 三重県三重郡菰野町
交通 詳細は交通アクセスを参照のこと
泉質 放射能泉
液性の分類 アルカリ性
外部リンク 湯の山温泉協会
テンプレートを表示

湯の山温泉(ゆのやまおんせん)は、三重県三重郡菰野町にある温泉で、別名関西奥座敷とも言われる。

概要[編集]

御在所岳の山麓の東側に位置する。自然豊かであり、四季折々の景観に富んだ温泉である。歓楽街化しておらず、ファミリーの行楽向けから、鈴鹿山脈のレクリエーションレジャーの拠点となっている。毎年10月初旬に僧兵まつりが行われる。また恋愛成就の寺で知られる三岳寺もある。

泉質[編集]

温泉街[編集]

御在所ロープウェイ湯の山温泉駅

三重県北部の最高峰、御在所岳の東麓に位置し、三滝川河畔の渓谷に20軒ほどのホテル旅館がひしめき合う。の斜面に建てられているため、規模は小さく感じるが、設備は整った大型宿泊施設が多く、収容人数は多い。一帯は鈴鹿国定公園に指定されており、名古屋・大阪といった大都市圏とのアクセスに優れながらも豊かな自然に恵まれている。ゆえにレクリエーション、レジャー、スポーツの拠点として発展。同温泉地の位置付けも手軽な行楽向け温泉地となっており、日帰り入浴が可能な旅館が多い。なお、温泉地からは御在所岳に登る御在所ロープウェイが運行しており、夏場は避暑地としても賑わいを見せる。同温泉郷を代表する旅館の一つであるグランドホテル向陽(現、彩(いろどり)向陽)には、昭和天皇などの皇族が宿泊したことがある。また、文豪志賀直哉は湯の山温泉に滞在し、短編『菰野』を執筆している。

歴史[編集]

養老2年(718年)に発見された古湯で、傷ついた鹿が癒していたことから鹿ノ湯ともいわれていた。元禄時代に廃泉を復興して杉屋をはじめ八軒の湯治宿があった[1]宝永2年(1705)に、その中心地に天台宗の三嶽寺が創建され、大石、蒼滝三本杉などの名所も整えられ[1]、古くから名古屋・中京関西の奥座敷として発展してきた歴史を持つ。西南戦争のあと、戦傷病者の療養所の指定を受け、杉屋、橘屋、三嶽寺が臨時の宿泊所になり、負傷した将兵を受入れたことから、治療を終えた将兵らが故郷へ帰り、温泉と勝景を称賛したため、それが宣伝されて来遊者が増加した[1]。しかし、決して湯量は多くなく、過去に4度の涸渇があった。また明治時代には他温泉との競合に敗れ、わずか一軒しか残らなかった時代もある。後にアクセスの良さに目を付けた四日市鉄道(現在の近鉄湯の山線)が鉄道を敷設、奥座敷としての地位を復活させ、次第に旅館も増加していった。その後、自然と一体化した近郊の保養温泉を標榜、歓楽色は出さないまま今日に至る。

交通アクセス[編集]

三交湯の山温泉停留所 (2005/2)

湯の山温泉が舞台の作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 寿亭と志賀直哉菰野町役場刊『広報こもの』歴史こばなし第283回、平成13年
  2. ^ 発掘街道の文学, 第 3 巻志水雅明, 伊勢新聞社, 2006

関連項目[編集]

外部リンク[編集]