辻口博啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻口 博啓(つじぐち ひろのぶ、1967年3月24日 - )は、日本パティシエショコラティエ石川県七尾市出身。血液型A型

略歴・人物[編集]

1967年、石川県七尾市の和菓子屋「紅屋(べにや)」の長男として生まれる。元々は実家を継ぐつもりだったが、小学3年の時に招かれた友人の誕生日会で生まれて初めてショートケーキを食べ、そのおいしさに感動し、洋菓子職人を志すようになった[1](実家は18歳の時に倒産[2])。

石川県立中島高等学校卒業後、東京都内のフランス菓子店に住み込みで修行[3]

1990年、史上最年少の23歳で「全国洋菓子技術コンクール」優勝。その後、多くの国内大会で優勝し「コンクール荒らし」と呼ばれる[2]

1994年、フランスの「コンクール・シャルル・プルースト」で銀賞[4]

1997年、パティシエのワールドカップと呼ばれる「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」のあめ細工部門で優勝[4]。フランスのセット市にあるMOF(フランスの国家最優秀職人章)の称号を持つ洋菓子店「パティスリー・ベルタン」で修行を重ねる。

1998年3月、東京・自由が丘に「モンサンクレール」をオープンし[5]シェフパティシエに、2001年にはオーナーパティシエになる。

1999年2月12日放送のフジテレビ料理の鉄人』に出演。イタリアンの鉄人・神戸勝彦バナナ対決で破り、パティシエとして初めて勝利した。その後、ロールケーキ専門店、コンフィチュール専門店などを次々に開店[5]

2000年、ガストロミックの会モンタニエよりシュバリエを受賞。料理オリンピックのイタリア代表としてドイツに招かれた。これによりイタリア鉄人協会会員となる。

2004年二子玉川の百貨店内に「和楽紅屋」オープンし実家の紅屋の再建が叶う[5]

2006年、石川県の和倉温泉で「辻口博啓美術館 ル ミュゼ ドゥ アッシュ」を開館した。

2008年にスイーツとライフスタイルをテーマとしたWebマガジン「SUPER SWEETS(スーパースイーツ)」を発起人としてスタートさせた[6]9月20日、石川県金沢市の石川県立美術館内に「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」をオープン。

2009年6月、菓子作りをインターネットで学べる「SUPER SWEETS SCHOOL」を開講[1][7]

2011年8月、ベトナムの農薬無散布の茶畑にて収穫された、こだわりのお茶「天空の辻口茶園」の商品販売をスタート[8]。10月、SUPER SWEETS SCHOOL自由が丘校を開校。

2012年4月、石川県に「スーパースイーツ製菓専門学校」(学校法人国際ビジネス学院)開校。学校長に就任。

2013年、石川県香林坊スーパースイーツ製菓専門学校の別科「アトリオ」開校。atre品川に豆スイーツ専門店「Feve(フェーヴ)」OPEN。C.C.C.のショコラ品評会で最高位「5タブレット+★」を受賞。長崎県佐世保市に「アトリエ アッシュ」OPEN。

2014年、「H CHOCOLAT SUPPLEMENT」販売開始。東京都麻布十番に「和楽紅屋 麻布十番本店」OPEN。渋谷ヒカリエShinQsに「和楽紅屋」OPEN。石川県金沢市に「ル ミュゼ ドゥ アッシュ 百番街店」OPEN。東京都立川市に「和楽紅屋 ルミネ立川店」「フェーヴ ルミネ立川店」OPEN。石川県金沢市に「ル ミュゼ ドゥ アッシュ エムザ」OPEN。韓国ソウル市に「モンサンクレール ソウル」OPEN。C.C.C.のショコラ品評会で最高位「5タブレット+★」を受賞。

2015年、糖質コントロールチョコレート「ショコラ ユニバース」販売開始。東京銀座に「ル ショコラ ドゥ アッシュ 銀座本店」をOPEN。会「インターナショナルチョコレートアワーズ 世界大会」にてチョコレートバー部門へ初出品。5作品で金賞、銀賞を受賞。C.C.C.のショコラ品評会で最高位「ゴールドタブレット(金賞)」を受賞。JR名古屋駅・名古屋うまいもん通りにチーズタルト専門店「 Cuitte(キュイット)」OPEN。

2016年、「インターナショナルチョコレートアワーズ アメリカ&アジア太平洋大会」では、チョコレートバー部門にエントリーし、7作品が金賞・銀賞・銅賞を受賞。C.C.C.のショコラ品評会で最高位のゴールドタブレットを受賞。

2017年、「インターナショナルチョコレートアワーズ2017」のチョコレートバー部門にエントリーし、11アイテムが金賞・銀賞・銅賞を受賞。C.C.C.のショコラ品評会で最高位のゴールドタブレット(金賞)とAWARD DE L’EXCELLENCE(外国人部門最優秀賞)を受賞。

2018年、C.C.C.のショコラ品評会で最高位のゴールドタブレット(金賞)を受賞

肩書・公職・役職[編集]

賞歴[編集]

  • 1990年:「全国洋菓子技術コンクール」 優勝。
  • 1992年:「50周年記念全国洋菓子コンクール」 総合優勝。
  • 1993年:「東日本洋菓子コンクール マジパン部門」 優勝。
  • 1994年:「コンクール・シャルル・プルースト」 銀メダル受賞。
  • 1995年:「クープ・ド・フランス インターナショナル杯」 優勝。
  • 1996年:「ジャンマリーシブナレル杯」 3位受賞。
  • 1996年:「ソペクサ(仏大使館主催の仏菓子コンクール)」 優勝。
  • 1997年:「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー あめ細工部門」 優勝。
  • 2002年:「ヘーゼルナッツ国際大会」 総合優勝。
  • 2013年:「サロン・デュ・ショコラ」 最優秀賞「板チョコ5枚+☆」[9]
  • 2014年: C.C.C.のショコラ品評会で最高位「5タブレット+★」を受賞
  • 2015年: 「インターナショナルチョコレートアワーズ 世界大会」にてチョコレートバー部門へ初出品。5作品で金賞、銀賞を受賞
  • 2015年: C.C.C.のショコラ品評会で最高位「ゴールドタブレット(金賞)」を受賞
  • 2016年: 「インターナショナルチョコレートアワーズ アメリカ&アジア太平洋大会」チョコレートバー部門にて、7作品が金賞・銀賞・銅賞を受賞
  • 2016年: C.C.C.のショコラ品評会で最高位「ゴールドタブレット(金賞)」を受賞
  • 2017年: 「インターナショナルチョコレートアワーズ2017」チョコレートバー部門にて、11アイテムが金賞・銀賞・銅賞を受賞
  • 2017年: C.C.C.のショコラ品評会で最高位のゴールドタブレットと外国人部門最優秀賞をW受賞
  • 2018年: C.C.C.のショコラ品評会で最高位のゴールドタブレットを受賞

メディア出演[編集]

テレビ
ラジオ


映画[編集]

著書[編集]

  • 『辻口博啓 ティータイム・スイーツ』(PARCO出版)
  • 『ちゃんと作れるスイーツ』(マガジンハウス
  • 『新味和菓子』(ソニーマガジンズ
  • 世界一のパティシエになる! ケーキ職人 辻口博啓ものがたり(岩崎書店、著・輔老 心)
  • パティシエ世界一 東京自由が丘「モンサンクレール」の厨房から (PHP文庫、著・浅妻 千映子)
  • モンサンクレール 軽やかさの秘密(柴田書店 )
  • 子どもと作るスイーツ絵本 四季のレシピ(あすなろ書房、絵・ふくまこ)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「時代を駆ける:辻口博啓:HIRONOBU TSUJIGUCHI (1)」 『毎日新聞』 2010年2月1日、12版、5面。
  2. ^ a b 「時代を駆ける:辻口博啓:HIRONOBU TSUJIGUCHI (3)」 『毎日新聞』 2010年2月3日、12版、9面。
  3. ^ 「時代を駆ける:辻口博啓:HIRONOBU TSUJIGUCHI (2)」 『毎日新聞』 2010年2月2日、12版、9面。
  4. ^ a b 「時代を駆ける:辻口博啓:HIRONOBU TSUJIGUCHI (4)」 『毎日新聞』 2010年2月9日、12版、9面。
  5. ^ a b c 「時代を駆ける:辻口博啓:HIRONOBU TSUJIGUCHI (5)」 『毎日新聞』 2010年2月10日、12版、9面。
  6. ^ SUPER SWEETS”. 2011年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月3日閲覧。
  7. ^ SUPER SWEETS SCHOOL”. 2010年2月21日閲覧。
  8. ^ 天空の辻口茶園”. 2012年5月18日閲覧。
  9. ^ “最優秀チョコ職人に辻口さんら フランスで受賞”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年11月1日). オリジナル2014年8月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140827042512/http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013110101001301.html 2013年11月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]