レクリエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レクリエーションの例 (ピクニック)

レクリエーション: recreation)とは、自由時間などに娯楽として行われる、自発的・創造的な様々な余暇の活動のことである。略してレクとも呼ばれる。リクリエーションレクレーション、リクレーション、リクリエイション、 レクリエイション、 レクレイション、 リクレイションなどとも表記される[1][2]

概要[編集]

「再創造」「元気を回復すること」などを意味するラテン語の recreāre が語源である[3]英語ではこれが2通りの言葉に分化した(前者が後者から派生した)。

  • recreation - 気晴らし、娯楽、余暇。
  • re-creation - 再創造(されたもの)。

肉体的・精神的な疲労(仕事・勉強など)を癒し、元気を回復するための休養・娯楽・気晴らし・気分転換であり、個人の健康を損なうようなものや、反社会的なものは除くという点で、レジャーとは異なる。

レクリエーションの種類は、スポーツ音楽手芸工芸文芸や自然探求、演劇舞踊、社交的行事など、多岐にわたる。

レクリエーション活動の場には代替性があるため、事業化するには市場からの「距離」が重要要素であるとされ、交通機関等の整備が肝要となる[4]

日本でのレクリエーション[編集]

日本では明治期から「レクリエーション」の翻訳が試みられており、「復造力」という訳語が当てられることもあった[3]

日本で「レクリエーション」に関する認識が深まったのは、連合国軍による占領アメリカ合衆国文化が急速に浸透していった第二次世界大戦後からとされる[5]。 1938年設立の日本厚生協会が1948年に財団法人日本レクリエーション協会と改称した[5]

昭和期にレクリエーション・ムーブメント(: recreation movement)の訳語として厚生運動の呼称が用いられた[3]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉レクリエーション』 - コトバンク
  2. ^ レクリエーション(recreation)の意味” (日本語). デジタル大辞泉小学館). 2022年9月16日閲覧。
  3. ^ a b c 世界大百科事典 第2版『レクリエーション』 - コトバンク
  4. ^ 溝尾良隆 『観光学 基本と実践』(改訂新)古今書院、2015年、15-17頁。ISBN 978-4-7722-3164-0OCLC 903211645 
  5. ^ a b 日本大百科全書 (田村穣生)『レクリエーション』 - コトバンク

外部リンク[編集]